初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

注目されつつあるオルタナティブ投資。初心者でもできる方法とは?

注目されつつあるオルタナティブ投資。初心者でもできる方法とは?

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★★★☆

個人投資家にとってはなじみの薄い商品に投資するオルタナティブ投資は、投資初心者にはイメージしにくい投資方法と言われていますが、リスク分散が期待できる投資方法として注目されつつあるのも事実です。

今回は、オルタナティブ投資について簡単に説明してみます。

オルタナティブ投資とはどんなものか?

資産運用では、オルタナティブ投資と言えば、伝統的な資産運用手段である株式や債券とは異なる、不動産や金・銅などの商品や、先物やオプションなどの代替商品(デリバティブ)などに投資する投資方法です。

国内株に投資する限り回避できないリスクがある

オルタナティブ投資の最大のメリットは、リスク分散が期待できることです。株式投資ではさまざまな業種の企業に投資したり、内需型と外需型の企業の組み合わせることでリスク分散を目指しますが、日本株に集中投資をしていると株価指数(インデックス)である日経平均株価が下落すると、程度の差こそあれほとんどの銘柄が同じように下落する傾向にあります。そんな状況でも株価が堅調に推移する銘柄を探して投資するのは、そう簡単ではありません。

オルタナティブ投資では、個別株とは異なる値動きをする(相関がない)ものに投資することで、ポートフォリオのリスクを低減させることができるのです。

初心者はオルタナティブ投資に手を出すべきではない?

オルタナティブ投資でリスク分散を実現するためには、株価が下がりそうなときの先物取引や、不動産投資で安定した賃料収入を確保する方法もあります。このような取引は、大量の資金が必要であったり、大きくレバレッジをかけるハイリスクな取引であったりします。

オルタナティブ投資は高いリターンが期待できる反面、投資初心者には難しい、ハイリスクな取引であることがほとんどです。

初心者にもできるオルタナティブ投資はない?

投資初心者はオルタナティブ投資を活用したリスクヘッジができないのかというと、そうではありません。個人投資家であっても、オルタナティブ投資をする投資信託の登場により、比較的低リスクでオルタナティブ投資ができる環境が整ってきています。

オルタナティブ資産に投資する金融商品を活用すれば、個人投資家でもリスクヘッジ目的のオルタナティブ投資を実現できます。

プロに任せるオルタナティブ投資もある

オルタナティブ投資では、何に投資するかを自分で判断しなければなりませんが、投資初心者には簡単ではありません。そこで、どのように分散するかを一任できるのが「バランス型投資信託」です。さまざまな資産に一定の比率で投資するバランス型投資信託を購入すれば、それだけで手軽にオルタナティブ投資が実現できるのです。

確定拠出年金でも、投資信託の中にバランス型投資信託が用意されていることもあります。

バランス型投資信託を購入するときの注意点

手軽にオルタナティブ投資が実現できるバランス型投資信託は、一般的にコストが高いものが多く、利益を損なうことがあります。投資信託やETFを組み合わせて、自分だけのバランス型投資信託を作ることで、よりコストを抑えることもできます。

また、分散投資はリスクを抑えられるメリットが強調されますが、投資である以上、最終的なリスク管理は自分の許容範囲に収めることは欠かせません。

まとめ

株式や債券以外の資産に投資するオルタナティブ投資は、リスクを抑えることが期待できる投資方法の一つです。個人投資家が気軽にはじめやすいとはいいにくいものの、安定した資産運用を目指すのであれば、知っておきたい投資手法と言えます。

実際にオルタナティブ投資をするかはさておき、どのように分散投資すればリスクを減らすことができるのかは勉強しておきましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。