初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

注目されつつあるオルタナティブ投資。初心者でもできる方法とは?

注目されつつあるオルタナティブ投資。初心者でもできる方法とは?

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★★★☆

個人投資家にとってはなじみの薄い「オルタナティブ投資」は、機関投資家を中心にリスク分散が期待できる投資方法として注目されつつあり、個人投資家にも手が届くものとなりつつあります。

今回は、個人投資家とも無関係ではなくなりつつあるオルタナティブ投資について簡単に見てみましょう。

オルタナティブ投資とはどんなものか?

オルタナティブ投資とは、伝統的な投資対象である株式や債券以外の投資対象である不動産や金・銅といった商品(コモディティ)、先物・オプションなどの代替商品(デリバティブ)に投資する投資方法です。

オルタナティブ投資では、個別株とは異なる値動きをする(相関が乏しい)ものに投資することで、ポートフォリオのリスク低減を狙います。

投資するときのリスクヘッジに役立つ

オルタナティブ投資のメリットは、リスク分散が期待できることです。株式投資ではさまざまな銘柄の組み合わせでリスク分散を目指しますが、特定の業種や国に資金が集中していると、関連する主要な株価指数(インデックス)が下落すると、連れ安する傾向にあります。

オルタナティブ投資は、特定資産に資産が集中しているときのリスクヘッジに役立つことが期待されています。

初心者はオルタナティブ投資に手を出すべきではない?

オルタナティブ投資を通じてリスク分散を実現するには、値下がり局面での先物取引や不動産投資での安定収入を確保する方法もあります。こうした取引は、まとまった資金が必要であったり、大きなレバレッジをかけるハイリスクな取引であったりします。

オルタナティブ投資は高いリターンが期待できる反面、投資初心者には難しい、ハイリスクな取引であることがほとんどです。

オルタナティブ投資はプロに一任する

個人投資家にも手が届きやすくなった反面オルタナティブ投資は簡単に使いこなせるものではありません。そこで活用したいのが「バランス型投資信託」です。さまざまな資産に一定比率で投資するバランス型投資信託を購入すれば、手軽にオルタナティブ投資が実現できるのです。

非課税で運用できる確定拠出年金でも、投資信託のラインナップにバランス型投資信託が用意されていることもあります。

バランス型投資信託を購入するときの注意点

一般的にバランス型投資信託はコストが高いものが多く、得られる利益を押し下げる要因になります。投資信託やETFを組み合わせて、自分だけのバランス型投資信託を作れば、コストを抑えることもできます。

また、リスクを抑えられるメリットが強調されますが、分散投資も投資である以上、最終的なリスクは自分の許容範囲に収めることは欠かせません。

まとめ

株式や債券以外に投資するオルタナティブ投資は、リスクを抑えることが期待できる投資方法です。個人投資家でも気軽にできるとはいいにくいものの、安定した資産運用を目指すのであれば、知っておきたい投資手法と言えます。

実際にオルタナティブ投資をするかはさておき、どのように分散投資すればリスクを減らすことができるのかは勉強しておきましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。