初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

自己株式の消却ってどういうこと?

自己株式の消却ってどういうこと?

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★★★★

株式投資では、「自己株式の取得・消却を行う」という話を聞くことがあります。自己株式の消却は株価が変動する要因にもなるので、注意が必要です。

今回は自己株式を消却する理由やその時に株価がどう動くかを解説します。

自己株式を「取得」すると何が起きる?

自己株式の消却の話をする前に、似たような言葉の「自己株式の取得」から説明していきましょう。

上場企業が発行済みの自社の株式を市場で買い戻すことがありますが、これは「自己株式の取得」と呼ばれます。自己株式の取得内容は、以前は株主総会の普通決議のみでしか決定できませんでしたが、現在では一定の範囲内ならば、取締役会の決定でできるように改められています。

では、自己株式の取得をすると何が起こるのでしょうか。まず、市場に流通している株式が減ることになります。市場に流通する株式が減ると1株当たりの価値が上がることが見込まれるため、株価の上昇も期待できるということです。そのため、株式市場はこの自己株式の取得を非常に歓迎します。

いいことばかりではない。自己株式の取得

このように大きな値上がりが期待できる自己株式の取得ですが、自己株式の取得には気を付けなければいけないこともあるのです。取得した自己株式がそのまま保有されていればよいのですが、改めて市場に売り出されることがあります。そうなると、市場に流通する株式の総数が取得前と同じになってしまいます。せっかく上昇した1株当たりの価値が再度下落します。

自己株式の取得だけでは、株価が上昇しても一時的なものになってしまう恐れがぬぐえないのです。

自己株式の「消却」ならば、株価はどうなる?

次に自己株式の消却をした時はどうなるかを見ていきます。自己株式の消却でも市場に流通する株式を買い取るため、市場に流通する株式が少なくなり、1株当たりの株式の価値は上がり、株価上昇も期待できる点までは、自己株式の取得と同じです。

自己株式の消却では取得した株式は消却されるので、株式が再度市場に出回ることはありません。また市場に流通する可能性のある「取得」とは違い、発行済み株数は減少するので、再流通で株価が下落するリスクはなくなります。

自己株式の消却は市場で評価される傾向にありますので、企業によっては消却を経営計画に組み込んでいるところもあるようです。

自己株式の消却のデメリットとは

企業にも投資家にもメリットの大きい自己株式の消却ですが、反対にデメリットはあるのでしょうか。

発行済み株式を買い取って消却させるということは、企業の資産を減らすことにつながり、自己資本比率の縮小を招きます。これが意味することは「企業規模の縮小」です。1株当たり株価は上昇しますが、長い目で見て企業の発展が見込めなければ、株価の大幅な上昇も期待できません。保有する株式で自己株式の消却が行われるのならば、情報収集をしっかり行うようにしてください。

自己株式の消却をする企業をどうやって知る?

自己株式の取得や消却を行う企業は、自社の株価が低すぎると感じているのでしょう。自社の株価が低いと感じているということは、市場がまだ知らない好材料を持っているのかもしれません。今後株価が上昇する可能性は大ですが、早めに察知するのは非常に難しいことです。

自己株式の取り扱いの決定は、ある程度の範囲まで取締役会の決議のみで可能だからです。取締役会の決定事項は重要事項であり、万が一にも発表前に漏れることはあってはなりません。また、仮にこのような情報を知る立場にあっても、その情報に基づいて取引をすることはインサイダー取引に当たるためです。

自己株式の消却をする企業を予測しよう

一般投資家がなるべく早く自己株式の取得や消却を予測するには、丹念に企業情報を見ていくに限ります。業績や保有している資金に対して株価が低すぎる企業はないでしょうか。また、過去に自社株取得・消却の実績がある企業、毎年もしくは数年に一度のペースで自己株式取得・消却を行っている企業にも注目してください。

該当する企業が見つかれば、日々の売買高もチェックしましょう。最近になって売買高が増えてきているならば、自己株式取得や消却の発表が近いと考える人が増えてきている証拠かもしれません。

まとめ

自己株式の消却は、株価上昇の大きなきっかけになります。銘柄を見つけることは難しいかもしれませんが、丁寧に市場を観察していれば、きっと見つけることができるはずです。
ぜひ投資の対象として考えるようにしておいてください。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。