株の教科書.com

0

自己株式の消却ってどういうこと?

自己株式の消却ってどういうこと?

株の知識レベル:★★★★★

株式投資では、「自己株式の取得・消却を行う」という話を聞くことがあります。自己株式の消却は株価が変動する要因にもなるので、注意が必要です。
今回は自己株式を消却する理由やその時に株価がどう動くかを解説します。これらの言葉を聞いたことがない人は、この機会にぜひ覚えておきましょう。

自己株式を「取得」すると何が起きる?

自己株式の消却の話をする前に、似たような言葉の「自己株式の取得」から説明していきましょう。
上場企業が発行済みの自社の株式を市場で買い戻すことがあります。この行為を「自己株式の取得」と呼んでいます。取得する株数、価格、時期についてですが、以前は株主総会の普通決議のみでしか決定できませんでした。しかし、現在では一定の範囲内ならば、取締役会の決定で行えるようになりました。なお、取得財源は配当に回せる余剰金のみです。では、自己株式の取得をすると何が起こるのでしょうか。
まず、市場に流通している株式が減ることになります。市場に流通する株式が減ると、1株当たりの価値が上がることが見込めます。株式の価値が上がるということは、株価の上昇も期待できるということです。そのため、株式市場はこの自己株式の取得を非常に歓迎します。

いいことばかりではない。自己株式の取得

このように大きな値上がりが期待できる自己株式の取得ですが、自己株式の取得には気を付けなければいけないこともあるのです。取得した自己株式は、どのように扱われるのでしょうか。
そのまま保有していてもいいのですが、保有されている株式が改めて市場に売り出されることがあります。そうなると、市場に流通する株式の総数が取得前と同じになってしまいます。せっかく上昇した1株当たりの価値が再度下落します。
自己株式の取得だけでは、株価が上昇しても一時的なものになってしまう恐れが生じてしまいます。せっかく上昇していたとしても、市場に株式が再放出されて株価が下落すると、投資家側は利益を得ることができなくなるかもしれません。

自己株式の「消却」ならば、株価はどうなる?

次に自己株式の消却をした時はどうなるかを見ていきます。自己株式の消却をすることは、市場に流通する株式が少なくなります。よって、1株当たりの株式の価値は上がり、株価も上昇することが期待できるでしょう。ここまでは、「自己株式の取得」と同じです。
ですが、自己株式の消却では取得した株式は消却までされますので、株式が再度市場に出回ることはありません。もしかしたら、また市場に流通する可能性のある「取得」とは違い、発行済み株数は減少するので、再流通で株価が下落するリスクはなくなります。
自己株式の消却は市場で評価される傾向にありますので、企業によっては、消却を経営計画に組み込んでいるところもあるようです。

自己株式の消却のデメリットとは

自己株式の消却にはメリットが多いように思われますが、反対にデメリットはあるのでしょうか。
発行済み株式を買い取って消却させるということは、企業の資産を減らすことにつながり、自己資本比率の縮小を招きます。これが意味することは「企業規模の縮小」です。1株当たり株価は上昇しますが、長い目で見て企業の発展が見込めない市場に思われれば、株価の大幅な上昇も期待できないかもしれません。
自分の保有する株式で自己株式の消却が行われるのならば、情報収集をしっかり行うようにしてください。

自己株式の消却をする企業をどうやって知る?

自己株式の消却をする企業をどうやって知る?

自己株式の取得や消却を行う企業は、自社の株価が低すぎると感じているのでしょう。自社の株価が低いと感じているということは、市場がまだ知らない好材料を持っているのかもしれません。今後株価が上昇する可能性は大です。
ところで、この自己株式の消却をする企業を知る方法が気になります。早めに察知するのは非常に難しいことです。自己株式を何株買うか、取得だけにするのか、または消却まで行うのかの決定が、ある程度の範囲内ならば、取締役会の決議のみで可能だからです。
取締役会の決定事項が発表前に漏れることは絶対にあってはなりません。インサイダー情報に当たるためです。

自己株式の消却をする企業を予測しよう

インサイダー情報に当たらず、一般投資家がなるべく早く自己株式の取得や消却を予測するには、丹念に企業情報を見ていくに限ります。
業績や保有している資金に対して株価が低すぎる企業はないでしょうか。また、過去に自社株取得・消却の実績がある企業、毎年もしくは数年に一度のペースで自己株式取得・消却を行っている企業にも注目してください。
該当する企業が見つかれば、日々の売買高もチェックしましょう。最近になって売買高が増えてきているならば、自己株式取得や消却の発表が近いと考える人が増えてきている証拠かもしれません。

まとめ

自己株式の消却は、株価上昇の大きなきっかけになります。銘柄を見つけることは難しいかもしれませんが、丁寧に市場を観察していれば、きっと見つけることができるはずです。
ぜひ投資の対象として考えるようにしておいてください。

証券会社で営業・窓口職を4年ほど経験。
営業経験談・苦労話・面白話なども沢山持っています。4歳と1歳の子育て中です!
総合評価
(0)
Pocket