初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

海外株式の銘柄にはどんなものがある?

海外株式の銘柄にはどんなものがある?

株の知識レベル:★★★☆☆

国内株式と同様に、海外株式も個人の投資家が取引することが可能です。

しかし、海外株式を全く知らない人ならば、不安と感じることもあるでしょう。そこで今回は、海外株式の銘柄にはどのようなものがあるのかを見ていきます。どのような銘柄があるのかが分かると、不安感も払しょくされるのではないでしょうか?海外の株式に少しでも興味があるならば、ぜひ参考にしてください。

誰でも知っている会社も。米国株式にはどのようなものがある?

米国にはニューヨーク証券取引所という世界的にも有名な証券取引所があります。このニューヨーク証券取引所で取引されている株式は、日本でもおなじみの会社が多数あります。例えば、衣料品の「ナイキ」や食品の「マクドナルド」、衣料小売りの「ギャップ」はこの取引所に上場しています。

また、ニューヨーク証券取引所には海外の優良企業が数多く上場しているのも特徴です。「トヨタ」や「ソニー」といった日本企業も上場しています。米国だけでなく、世界を代表する企業の株式が、ニューヨーク証券取引所で売買されているのです。

NASDAQの株式にも知っている銘柄はある?

米国にはNASDAQという証券取引所もあります。この取引所の株式は、「新興企業」「IT関連」が多いというのが特徴です。コンピューターの「アップル」「マイクロソフト」「グーグル」がこの取引所で上場していることからも、その特徴がお分かりいただけるかと思います。既に巨大企業になっているところもありますが、これから成長が見込まれる企業も多く上場していますので、今後伸びそうな業界・企業を探したいのならば、この取引所の銘柄を探してみることをお勧めします。

ちなみに、先述のニューヨーク証券取引所とNASDAQから選ばれた30社の平均株価が「ダウ平均株価」と呼ばれるものです。この株価指数はアメリカの株価指数として毎日報道されているので、だれもが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

あの有名企業も?アジアの株式とは?

あの有名企業も?アジアの株式とは?

米国ほど数は多くないかもしれませんが、アジアの株式にも有名企業が多くあります。

例えば、スマートフォンで有名な「サムスン電子」や「LGエレクトロニクス」は日本の隣国、韓国の企業です。航空会社では、中国の「エア・チャイナ」、香港の「キャセイパシフィック」、シンガポールの「シンガポール航空」があります。先述の企業の株式はそれぞれの国の証券取引所に上場しています。

アジア企業の株価はインターネット上で確認することが可能です。日本企業同様、新商品・新サービスの発表や業績の変化等で株価が動きますので、チェックしてみてください。

アジアの株式を取引する時は注意も必要!

親しみのある企業の株もあることから、アジア株の取引をしてみたいと思われるかもしれません。しかし、アジア株の情報はなかなか入らない可能性もあるため、注意も必要です。株価程度ならば日本語の情報サイトでも見ることができますが、決算報告等のニュースは現地語のサイトしか準備されていないという場合もあります。お目当ての株式があるのならば、買う前に、書籍やインターネットのサイトでどのくらいの情報を得ることができるのかを必ず確認しておいてください。

海外株式は国内株取引との併用でリスクヘッジに!

海外株式は国内株取引との併用でリスクヘッジに!

今まで日本の国内株式のみ取引してきた人には、海外株式はとても敷居が高いと思われるかもしれません。ですが、海外株式は国内株式のリスクヘッジとして利用できるという側面があります。
例えば、円高で国内企業の業績が大幅に下がる時、他国では通貨安で輸出企業の業績が伸びる可能性が出てくるでしょう。

他国で政権交代等の大きなニュースがある時、日本ではさほど株価が動かなくても、その国の株価が上昇するという場合もあります。国内・海外株の併用で、どのような情勢になってももうけを出せるという仕組みを作っておくことをお勧めします。

魅力の多い海外株式。取引はすぐに始められる?

海外株式の取引はどのようにして始めるのでしょうか?

まず、証券会社で「海外株式専用の口座」を開設することが必要です。どの証券会社で口座を開くかですが、海外株式の場合は、証券会社によって取り扱いのある国・銘柄はさまざまなので、口座開設の前に必ず調べてください。

また、証券会社のサイトに「米国株式式取り扱い」とあっても、全ての銘柄を扱っているのではなく、一部銘柄のみの取り扱いということも多くあります。どの銘柄が取引できるかもチェックしておかないといけません。海外株式取引を行う際、「円決済」「外貨決済」のどちらかを選べる証券会社もあります。そちらも考慮に入れておくのもいいでしょう。

まとめ

海外株式の取引は国内株式ほど情報が身近にないため、始めるのに勇気がいるかもしれません。しかし、株価の動き方が日本と違う場合もあり、リスクヘッジとして使うことも可能です。

また、知識が深まると、為替差益を得る等の使い方もできるようになるでしょう。始める時は少々勉強が必要になるかもしれませんが、今後の資産形成のためにも、取引を検討してみてはいかがでしょうか?

証券会社で営業・窓口職を4年ほど経験。
営業経験談・苦労話・面白話なども沢山持っています。4歳と1歳の子育て中です!
総合評価
(0)
Pocket