初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0
人気の出やすいIPO株とは?狙いを定めてIPO投資の成功率を高めよう

人気の出やすいIPO株とは?狙いを定めてIPO投資の成功率を高めよう

横山研太郎
このエントリーをはてなブックマークに追加
株の知識レベル:★★★☆☆

なかなか当選しづらいというイメージのIPO株投資ですが、人気のある会社の株式を手に入れることができた場合には大きなリターンを得ることができます。

ということは、人気が出そうな会社に狙いを絞って公募に申し込めば、利益をより確実に得られるようになるかもしれません。そこで今回は、人気が出るIPO株の特徴についてお話しします。

資金吸収額が少ないと考えられる会社は人気になりやすい

資金吸収額が少ないと考えられる会社は人気になりやすい

まず、人気が出やすい条件が、「資金吸収額が比較的少ないこと」です。資金吸収額とは新規上場する会社が市場から得るお金のことで、「(公募株式数+売り出し株式数)×公開価格」でおおむねの金額を求めることができます。

ここで注意しておきたいのは、あくまで「比較的少ない」ことです。「このIPO株を買いたい」と思う人が多ければ、その分だけ公募申し込みの倍率が高くなります。そして、公募で外れてしまっても、「○○円までなら、初値で買いたい」と考える人もいるため、上場直後も多くの買い注文が殺到する可能性が高くなります。

つまり、他のIPO株より資金吸収額が2倍でも、3倍の買いが集まりそうであれば人気になっているということになります。

資金吸収額が小さすぎると、上場後は不安定な動きに

資金吸収額が少ない場合、上場直後は人気になりやすいですが、その後は注意が必要です。

資金吸収額が少ない会社は、多くのケースで時価総額と発行済み株式総数も少なくなります。そのため、上場直後に買いたいと考える人がひと通り買う(もしくは、購入をあきらめる)と、一気に買い需要がなくなります。

発行済み株式総数が少ないため売り手も少なく、出来高も減っていきます。出来高が極端に少なくなれば、狙った価格での売買がしにくくなってしまいます。一時的な人気で急上昇した株価も、徐々に下がっていってしまうので注意が必要です。

事業内容に将来性があるかどうか

事業内容に将来性があるかどうか

IPO株が人気になるための条件として、「事業内容」にも注目です。事業内容に将来性がある会社は、株式を購入したいと考える人が集まるので、株価が上昇しやすくなります。

なお、一般的に株価収益率(PER)は10~20倍程度とされることが多いですが、IPO株の場合はその範囲で考えるべきではありません。2016年に上場したJR九州などのような、すでに安定した企業を除いて、ほとんどのIPO株は「急成長するかもしれない会社」だからです。

今は利益が少ない(または赤字)かもしれないけれども、これから利益が何倍にも伸びていく可能性を秘めているとも言えます。そのため、PERが50倍100倍といった数値をつけることもあります。

人気が出やすい業界かどうかも影響する

事業内容について、もう1点注目しておきたいのが、「市場で人気になっている業界かどうか」という点です。

株式市場では、時折、「特定のテーマ」が人気化することがあります。かなり時代をさかのぼれば、ITバブルと呼ばれるときがありました。そんな時代では、「IT関連企業だ」と考えられれば、それだけで非常に高い初値がついていました。

ITバブルほどではないにしても、バイオ関連銘柄が物色されていた時期であれば、「バイオ系の創薬ベンチャー」が上場すれば高い初値を記録していたでしょう。

逆に、注目されていない業界で、特に特徴のない会社であれば、あまり人気は集まりません。

ベンチャーキャピタルの持ち株割合も人気に影響する

ベンチャーキャピタルの持ち株割合も人気に影響する

新規上場する会社の多くは、上場するまでの成長資金調達のために、いろいろなところからの出資を受けています。強い取引関係にある事業会社からの出資を受けている他、将来上場を考える企業向けに出資することを仕事にしているベンチャーキャピタルが出資している場合もあります。

ここで注意しておきたいのは、ベンチャーキャピタルからの出資割合が多い場合です。ベンチャーキャピタルがベンチャー企業に出資する目的は、会社の価値である株価を引き上げて、持ち株を売却して利益を得ることです。

IPOが発表されて時点で大株主に名を連ねているベンチャーキャピタルは、上場後に株式の大半を売却する可能性が高いと言えます。そのため、ベンチャーキャピタルの持ち株比率が高いIPO株は、人気が出にくいこともあります。

ベンチャーキャピタルのロックアップ条項は必ずチェックすること

ベンチャーキャピタルがすぐ大量に売却してくるとわかっている株は、株価が下がるとわかっているため、喜んで買う人はいません。そこで、新規上場する会社の多くは、ベンチャーキャピタルが持ち株を売却することができる条件として、「ロックアップ条項」を設定しています。

例えば、「上場後6カ月以内は売却できない」、「公開価格から一定の割合を超えて上昇すれば、6カ月以内のロックアップ条項は解除される」などといった条件が記載されています。

こういった条件によって、上場後すぐにはベンチャーキャピタルが大量の売りを出してくる可能性が低いと考えられる場合には、そのIPO株に人気が集まるでしょう。

まとめ

人気が出やすいIPO株とは、一言で言えば「需要が圧倒的に大きく、需給バランスが崩れている株」ということです。

新規上場する会社とはいえ、既存の株主と公開価格で購入できた株主が供給側です。買いたいという人よりも、ベンチャーキャピタルも含めた売りたい人が少なければ、人気が出ていると言えます。そういった会社に狙いを定めてIPO株投資をすると、成功率が高まるでしょう。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。