初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

株式投資にも影響大、「アンカリング効果」に気をつけろ!

株式投資にも影響大、「アンカリング効果」に気をつけろ!

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★☆☆☆☆

行動経済学で注目されている手法に「アンカリング効果」というものがあります。私たちも知らず知らずのうちに触れることが多い手法です。

マーケティング等で使われることが多いアンカリング効果ですが、株式投資と関係はあるのでしょうか。株式を含めた金融商品への投資とアンカリング効果の関連性について探っていきましょう。

アンカリング効果とは一体どのようなもの?

アンカリングとは錨(いかり)の英訳「アンカー」を語源としています。人の心に錨のように引っかかり、行動を誘引するというものです。

例を挙げて見ましょう。スーパーマーケットに行ったとします。同じ商品に「25%割引」と書かれている場合と「398円の商品が298円!」と書かれている場合ならば、どちらに心を動かされますか?はっきり金額が書いている「398円の商品が298円!」のほうを選ぶ人が多いのではないでしょうか。

この場合では、具体的な金額がアンカーとなり消費者の心に引っかかることがアンカリング効果に該当します。

消費行動だけでないアンカリング効果

アンカリング効果が利用できるのは消費行動だけではありません。生活のあらゆる面で利用が可能です。

スポーツの試合の前に必ず決まった曲を聞く選手の話を見聞きしたことがある人は多いと思います。これも決まった曲をアンカーとすることで、一定のパフォーマンスを引き出す役割を期待するものです。

また、資格試験の勉強をする際、いつものカフェ・図書館に行くと、なぜか集中できるという人もいるでしょう。これもアンカリング効果です。「この場所に行くとやる気が出る」というアンカーを作っているのです。このように、アンカリング効果は意識しないところで私たちの生活にも深く根付いているのです。

アンカリング効果と株式投資の関係

株式投資で銘柄を選ぶときに、投資サイトや雑誌を参考にすることは珍しくありません。そのときに、「この銘柄は半年前に比べて何パーセント上昇」「1か月で何円上昇」という記事が目にしたことはありませんか?これらの記事を読んだ後に紹介されていた銘柄を買うことも、アンカリング効果です。

具体的に金額を出して紹介されると、「業績が回復」などと書かれるよりも魅力的に映ることは、否定できない事実です。数字を出して上昇率(上昇した金額)を見せることで、投資を考える人の心に引っかかりをつくるアンカリング効果による投資行動で株価が上下することもあるので、注目しておいてください。

投資信託にもアンカリング効果の影響が?

投資信託を探している時、証券会社や銀行で「40代の会社員の方に人気の商品です」「今日だけでこれだけの申し込みがありました」「投信人気ランキング上位」というセールストークを聞くことがあります。

そう言われると、「皆が申し込んでいるみたいだし、乗り遅れないようにしよう」と焦って申し込む人は少なくありません。これもよく使われるアンカリング効果です。

自分の属性が「40代会社員」だった場合、「40代会社員に人気」というフレーズがアンカーになります。また、「今日だけで申し込みが何口」「人気ランキング上位」というフレーズは、「流行に乗り遅れたくない」という気持ちに訴えかけます。

特定の投資信託の人気は、セールストークで作られるものもあるということも忘れてはならないでしょう。

株式投資とアンカリング効果、注意すべき点とは

アンカリング効果は良い銘柄に出会うきっかけにもなりますが、注意点もあります。株価を具体的に見せて、これだけ上昇したといわれても、本当にその株価が適正なものであるかを見極める必要があります。からです。

中身が伴わないで株価が上昇していたとしても、すぐに下落に転じる銘柄は少なくありません。投資する銘柄を選定する時は、評判だけでなく、株式市場の状況、企業業績、今後の見通しも含めて検討するようにしましょう。

投資信託へ投資するときにも要注意

投資信託の中には、構成銘柄や株式の配分比率が一目見ただけでは分からないものが多くあります。そのような時に頼りになるのは証券会社や銀行の説明だけなので、より慎重に投資する必要があります。

どうしても売る側(証券会社・銀行)の説明では、商品の良い部分の説明が多くなるだけではなく、アンカリング効果を狙ってか「人気ランキング」などの文字を大きく表示してパンフレットに掲載することも珍しくありません。商品の内容を知らず、イメージだけで投資しないようにしましょう。

投資信託については、投信会社サイトで詳細を閲覧可能です。また比較サイトで投資信託を一覧で見ることもできます。構成銘柄やその配分比率、そして投資信託の取引価格(基準価格)を大まかでも把握してから投資するようにしましょう。

まとめ

アンカリング効果はマーケティング分野では非常に効果的な手法です。ただ、自分が投資する側になると、イメージに惑わされる恐れや、目先の値動きだけにとらわれがちになるという懸念もあります。金融商品のパンフレットを見る時、説明を聞く時は、アンカリング効果のことを意識しておいてください。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。