初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

損失を減らすのに役立つ「時間分散投資」と「ドルコスト平均」

損失を減らすのに役立つ「時間分散投資」と「ドルコスト平均」

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

日本人には敷居が高いと感じられがちな株式投資。多額の投資資金や、高度な知識が必要だと思われている方も多いでしょう。

もちろん投資にリスクは付き物ですが、預金で資産を固めることにもリスクが伴う時代です。一定割合はリスク資産も持ち、来るかもしれないインフレに耐えうるポートフォリオを作らなくてはなりません。

投資方法によっては、初心者でも比較的リスクを抑えた投資をすることができます。具体的には、長期投資、分散投資、時間分散投資による手法がリスクが低いと言われていますが、初心者には時間分散投資がおすすめです。

時間分散投資とは、投資のタイミングを分散する方法

高値掴み・安値売却を避けられる時間分散投資

時間分散投資とはその名の通り、時間を分散して投資する方法です。一度にすべてを購入するのではなく、二度以上に購入タイミングを分けることで、エントリーのタイミングを分散させて、高値づかみや安値売却を避けて購入金額の平均化が図れるのが最大のメリットです。

売買時の失敗をリカバリーできる投資手法。

初心者であれば、売買のタイミングを間違えてしまうケースもあるでしょう。仮に、高値づかみをしてしまった場合でも時間分散投資が有効です。時間分散投資は買いの時間を分散することがポイントです。

中長期に渡って複数回の買い注文を入れることで、購入単価の平準化が期待できます。時間分散投資により、高値づかみと言う失敗をリカバリーすることができるのです。

時間分散投資の代表的手法。ドルコスト平均法を利用する

一定のタイミング・金額で買いつけをする投資方法

すでに投資を始められている方々であれば、「ドルコスト平均法」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。ドルコスト平均法は、時間分散投資の代表格であり、一定のタイミングで一定の金額を買い付け続ける手法であり、株式や投資信託の積立投資によく利用される手法です。

基本的には、毎月の決まった時期での購入により、株価や基準価額が高値圏で推移しているときは、無理して買いすぎない。逆に、安値圏では思い切って購入することで、購入単価を平均化して、リスクヘッジが図れる投資手法なのです。

ドルコスト平均法による投資はリスク管理に最適

ドルコスト平均法による投資は、その他の投資に比べ、リスク軽減効果が期待できるのが大きな特徴です。高値づかみ・安値売却のリスクを避けられる可能性が高まります。

ドルコスト平均法は、投資判断のミスを未然に防ぐ投資手法として、非常に有効です。仮に高値づかみをしても、購入単価の平均化に力を発揮するので、投資初心者なら積極的にドルコスト平均法を利用すべきでしょう。

短期で色気を出しすぎない。中長期で腰を据えた投資を

株式投資で一攫千金は夢物語

個人投資家ならだれもが夢見る短期爆益。当たり前ですが、短期で欲を出しすぎない方が無難です。シャープや東芝のように、大型株でも悪材料が出ると短期間での急激な値下がりとその後のリバウンドによる大幅上昇も珍しくありませんが、大型株が仕手株化すると、短期筋によるマネーゲームがはじまります。

短期筋とはすなわち、投資を生業にするヘッジファンドです。百戦錬磨の猛者たちのマーケットで初心者が勝てる程、投資は簡単ではありません。短期で色気を出すことは、大切な資産をあっという間に失う近道です。

中長期で国際優良銘柄を丹念に仕込む。

日米問わず、時間を分散させながら丹念に安値を拾い、中長期で国際優良銘柄(ブルーチップ)を仕込むことは、初心者にとっても非常に有効な投資手法の1つです。

例えば、米国を代表する自動車メーカーであるフォード、洗濯洗剤や化粧品でも有名なP&G。さらには、石油三大メジャーの一角であるエクソンモービル。だれもが一度は名前を聞いたことがあるこれらの企業群はすべて米国企業ですが、どの銘柄も配当利回りは3%程度と、高水準が魅力。国を問わずに、国際優良銘柄を仕込む。中長期で配当を狙う投資手法も初心者にはおすすめです。

おわりに

投資においては、利益を上げると言う観点は大切です。損失を軽減すると言う観点も非常に重要であろう時間分散投資は、損失を軽減するという観点において非常に有効な投資手段になり得ます。

投資判断に迷うようであれば、あらかじめドルコスト平均法での投資に集中するのも有効な手段です。初心者ほど投資で利益を急がないように心がけて、中長期で腰を据えた資産形成に専念することが、利益獲得への近道と言えるのです。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。