初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

損失を減らすのに役立つ「時間分散投資」と「ドルコスト平均」

損失を減らすのに役立つ「時間分散投資」と「ドルコスト平均」

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

投資にリスクは付き物ですが、預金で資産を固めることにもリスクがある時代であり、来るべきインフレに耐えられるポートフォリオを築く必要があります。そのためにも、資産や時間を分散する分散投資とドルコスト平均法は注目したい投資方法です。

今回は、分散投資とドルコスト平均法がどのようなものかを見てみましょう。

投資タイミングの分散を図る時間分散

時間分散とはその名の通り、一度に全額を買い付けるのではなく、二度以上に分けることです。

タイミングを分散させて高値づかみや安値売りを避けるので、購入金額の平均化が図れるのが最大のメリットです。

時間分散は売買時の失敗を最小化できる投資手法

時間分散投資では、買いの時間を分散できるのが最大の特徴であり、中長期に渡って複数回の買い注文を入れることで、購入単価の平準化が期待できます。時間分散を取り入れることで、長期目線での高値づかみのリカバリーも期待できるのです。

時間分散にはドルコスト平均法を利用する

時間分散投資の代表格であるドルコスト平均法は、一定のタイミングで一定の金額を買い付け続ける手法であり、株式や投資信託の積立投資によく利用される手法です。

定時定額で買い付けをすることで、高値圏では無理に買いすぎず、安値圏では思い切って買い向かうので、購入単価を平準化して、リスク分散を図ることができます。

リスク管理に最適なドルコスト平均法による投資

定時定額で買い付けをするドルコスト平均法は、そもそも投資判断をしないので、判断ミスを防ぐ投資方法としてとても効果的です。仮に高値掴みをしても、そのまま同じ銘柄の買い付けを続けていれば安値買いをするタイミングがあれば、購入単価の平準化に効果を期待できます。投資初心者こそ積極的にドルコスト平均法を利用した投資を考えたいところです。

短期で色気を出しすぎない。中長期で腰を据えた投資を

誰もが一度は夢見る短期爆益ですが、短期筋が主役の短期投資では、欲をかかないのが投資を続けるための秘訣です。短期筋とはすなわち、投資を生業にするヘッジファンドです。

百戦錬磨の猛者たちを相手に投資初心者が勝てる程、マーケットは簡単ではありません。短期で色気を出すことは、大切な資産をあっという間に失う近道です。

中長期で国際優良銘柄を丹念に仕込む

資産形成を念頭に投資をはじめるなら、時間分散とドルコスト平均を武器に丹念に安値を拾い、中長期では国際優良銘柄(ブルーチップ)を仕込むのがリスクを抑えた投資として期待できます。

例えば、米国を代表する自動車メーカーであるフォードや洗濯洗剤や化粧品でも有名なP&G、石油三大メジャーの一角であるエクソンモービルなど、だれもが一度は名前を聞いたことがあるこれらの企業群はすべて米国企業ですが、どの銘柄も配当利回りは3%程度と、高水準が魅力です。

まとめ

投資においては、利益を上げるだけではなく、損失を限定すると言う観点が大切です。損失を限定するためには、時間分散とドルコスト平均法は効果的な投資方法です。

投資初心者ほど投資で利益をあげることではなく、損失を抑えることを念頭に置いた投資を心がけて、中長期での腰を据えた資産形成を目指すようにしましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。