初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

株式投資をはじめる女性が増えている?女性の感性を投資に活かそう

株式投資をはじめる女性が増えている?女性の感性を投資に活かそう

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★☆☆☆☆

女性の社会進出も相まって、近年では女性の株式投資家も増えてきました。女性と男性では思考パターンが異なることが多いですが、それをうまく株式投資に活かすこともできます。そこで武器になるのが「感性」です。

今回は、女性の感性を株式投資に活かす方法を改めて考えてみましょう。

女性をターゲットにしている会社はたくさんある

多くの株式市場に上場している企業は、なんらかの商品やサービスを消費者に提供することで利益をあげています。その中でも、女性を主要なターゲットとしている企業は少なくありません。

男性の場合は「機能性」を求める傾向があり、商品のスペックなどを判断軸にするのに対して、女性は感覚で選択するため、女性が主体となって「流行・トレンド」ができる傾向にあります。その結果、男性向け商品よりも女性向け商品の方が「売れる・売れない」の差が大きく、各企業とも女性向けの商品開発に力を入れることになります。

消費トレンドの多くは女性が作っている

女性の支持を得られればヒット商品となりやすく、トレンドのほとんどは女性が作っているといえます。これを逆から見ると、女性が「なにがヒットするか」を予想しやすい環境だと言えるのではないでしょうか。

「人気が出そうな商品・サービス」を探す

女性の感性を株式投資に活かすには、「人気が出そうな商品・サービス」を探すところからはじめましょう。ただ、人気が出るのは多くの女性から支持を集めたものであり、あなただけが人気が出そうだと思っていても意味がありません。あなた自身の感性はもちろん、まわりの知人・友人たちの評価もあわせて考えるのがポイントです。

徐々に人気が高まっている商品・サービスを見つけることができたら、それを提供している企業が上場しているかどうかをチェックしておきましょう。

「会社全体の事業内容」でリスクを見る

女性の人気を集めてきている上場企業を見つけても、すぐにその企業に投資するのではなく、会社の事業内容にどの程度影響するかを調べることを忘れないでください。

その商品やサービスが人気でも、会社の業績に影響を与えなければ、投資先としての魅力に乏しく、すでに業績に織り込み済みなら株価への影響も小さくなるリスクがあるからです。

取引をするときには感性に頼らない

女性の感性は株式投資に活かすこともできますが、実際に取引をするときには感性に頼るべきではありません。どのような商品・サービスが人気になるかは女性がカギを握っていますが、その結果として業績が上がったとしても、その企業に投資するのは女性だけではありません。

感性ではなく理論的に株価が高いか安いかを判断して取引をするため、株価がどう動くかは感性で判断することはするべきではないと考えておくべきでしょう。

取引のルールを作って、ルールに従った売買を心がける

他の投資家が感性を使わず理論的に売買している以上、どのように株価が動くかも感性には従わないはずです。取引するにあたっては、感覚で判断せず、理論的に考える必要があります。

「もっと安くなりそうだ」、「まだまだ上がりそうだ」という希望的観測で売買するのではなく、事前に一定の取引ルールを定めて、そのルールに従って取引することが欠かせません。

まとめ

女性の感性は、男性にはなかなか手に入れられない貴重な能力です。そうであれば、できるだけその能力を発揮して投資を成功させたいところです。しかし、株式投資は、感性だけで利益をあげられるものではありません。

投資銘柄を探す段階では感性をフル活用して、取引そのものは感性ではなく取引ルールにしたがって取引をすることを心がけるようにしましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。