初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

業績予想でわかる、損をしないための企業業績の読みかた

業績予想でわかる、損をしないための企業業績の読みかた

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

株式投資でより高いリターンを追求するためには、企業業績と今後の業績予想を確認することは不可欠。業績予想には企業自身が公表するものとアナリストが公表するものがありますが、その傾向は異なります。

今回は、企業業績を分析するときのポイントとコツについて確認していきたいと思います。

企業発表の業績予想は傾向を知ることが重要

企業ごとに会社の風土も違えば、企業文化も異なります。それは業績予想の出し方を見ても明らか。企業にとっての業績予想とは、いわば目標数値です。

強気の経営目標を設定する企業もあれば、保守的な見通しをたてる企業もあるなど、企業によって見通しの立て方は異なります。この傾向を踏まえずに単純に業績予想だけを見ると、とんちんかんな分析結果を出すことにもつながります。

サプライズの有無は大まかに予想できる?

保守的な予想をたてる企業が目標数値を上回る業績を発表すると、サプライズとして株価が上振れしやすくなります。また、決算発表で市場で認識されていない情報を発表することもサプライズにつながります。

一方で強気の業績予想をたてる企業は、目標数値に実際の業績が追いつかない可能性が高いことから、サプライズの可能性が低くなります。ただし、強気の業績予想を上回れば、相当なポジティブサプライズが期待できると言えます。

このように、企業の決算発表の傾向によって、サプライズの有無は大まかに予想できるといえます。

アナリスト予想は一般的に強気

企業発表の業績予想は、比較的達成しやすい目標を業績予想としてリリースすることから、達成目標に近いイメージがあります。一方で、アナリスト予想は純粋な業績予想であり、相当強気であることも珍しくありません。

ただし、アナリストによっては多かれ少なかれポジショントークも含まれているので、鵜呑みにしないようにしましょう。

アナリスト予想は前提条件が違うことに留意

アナリスト予想は、証券各社やアナリストの違いによりその内容が大きく異なることも珍しくありません。その背景にあるのは、アナリストや証券会社によって前提条件が異なることです。代表的な例をあげると、想定為替レートがそれに当たります。

輸出関連銘柄では為替レートに業績が左右される部分が非常に多いですが、想定為替レートを円安に想定しているアナリストと、円高を想定しているアナリストでは業績に差が出るのは至極まっとうな話です。

実際の業績推移を見ることも重要

企業業績を確認するときのポイントは、過去数年分の業績を確認すること。単年の推移だけを見ると、予想の精度が落ちてしまいます。

単年で黒字化に成功した企業と、複数年増収増益を実現している企業であれば、後者の方が投資リスクは低いと判断できます。過去数年間の業績推移を確認することで、経営の健全性や市場からの評価を知ることができるのです。

質の良い業績悪化はむしろ買い

株式投資では、業績悪化の質も知ることが重要です。直近数年間の業績が良好だったのに急に業績が悪化したなら、新規事業に資金を振り分けられた可能性があります。決算書の見栄えは悪くなりますが、この場合は収益性の低下に伴う業績悪化とは言えません。

このように、業績悪化にも質の良いものと質の悪いものがあり、質の良い業績悪化はむしろ買い局面とも判断できるのです。

まとめ

業績予想を参考にするときのポイントは、各企業が独自に発表する業績予想と、アナリストが発表する業績予想を使い分けることです。それぞれの特徴を踏まえて投資判断のヒントにしましょう。

特に、初心者はアナリスト予想を過信しすぎず、過去の業績推移も参考にしながら、投資の精度を高めるように心がけましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。