初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0
業績予想でわかる、損をしないための企業業績の読みとり方

業績予想でわかる、損をしないための企業業績の読みとり方

徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

株価を決めるもっとも大きなファクターは企業業績。株式投資の成果を決定づけるにおいて、業績予想を確認することは必要不可欠です。

業績予想には、企業が発表する業績予想と、アナリストが発表する業績予想の二種類が存在します。この両者間では傾向が異なることも事実です。

企業業績を読み切れないと、損をすることにつながります。それでは、企業業績を分析する際のポイントとコツについて確認していきたいと思います。

企業発表の業績予想は傾向を知ることが重要

企業ごとに会社の風土も違えば、企業文化も異なります。それは業績予想の出し方を見ても明らかです。

企業側にとっての業績予想は、いわば目標数値設定。強気の経営目標を設定する企業もあれば、保守的な見通しをたてる企業もあります。つまり、企業によって見通しのたて方が異なるのです。

この傾向を知らずして、単純に業績予想だけ確認してしまうと分析の精度が落ちてしまいます。

保守的な企業はサプライズの可能性

保守的な予想をたてる企業であれば、決算発表がサプライズ(市場で認識されていない情報で株価が大きく反応すること)になる可能性があります。

業績予想の上振れは、決算またぎの取引で最も好感される傾向にあります。あらかじめ保守的な予想をたてているため、業績予想を上振れやすいということです。

一方で、強気の業績予想をたてる企業はかなりサプライズの可能性が低いと言えるでしょう。なぜなら、目標数値に実際の業績が追いつかない可能性が高いからです。

セールスカンパニーは比較的強気の業績見通しをたてる企業が多いと言えます。この点は覚えておいた方がよいでしょう。しかし、強気の業績予想をさらに上振れる決算が発表された場合には、相当なポジティブサプライズが期待できると言えます。

アナリスト予想は一般的に強気の予想が多い

アナリスト予想は企業発表の業績予想に比べて、比較的強気の見通しがたてられることが多いと言えます。

企業発表の業績予想は、上述したように達成目標に近いイメージがあります。企業側としては、比較的達成しやすい目標を業績予想としてリリースしたい。そのような背景も見て取ることができます。

一方で、アナリスト予想は純粋な業績予想であり、証券各社のアナリスト予想には、相当強気なものも散見されます。その際には、多少のポジショントークが入っている可能性もあるので、鵜呑みにしないようにしましょう。

アナリスト予想では前提条件が違うことに留意する

アナリスト予想は、発表する人によっても誤差が大きくなります。

証券各社によって各企業への業績見通しは異なりますが、その背景にはアナリストや証券会社ごとに前提条件が異なることがあげられます。

代表的な例をあげると、想定為替レートがそれに当たります。輸出関連株であれば、為替レートに業績が左右される部分が非常に多いですが、あらかじめ想定為替レートを円安に想定しているアナリストと、円高を想定しているアナリストでは業績に差が出るのは至極まっとうな話です。

業績予想を確認するうえで、前提条件を知ることは非常に重要と言えるのです。

実際の業績推移を見ることも重要

実際の業績推移を見ることも重要

直近の業績予想を確認することはもちろんのこと、実際の業績推移を確認することも重要です。

企業業績を確認する際のポイントは、過去数間にさかのぼって業績を確認することです。単年の推移だけを確認しても、業績予想の精度が落ちてしまいます。

単年で黒字化に成功した企業と、複数年増収増益を実現している企業であれば、後者の方が投資リスクは低いでしょう。過去数年間の業績推移を確認することで、経営の健全性や市場からの評価を知ることができるのです。

急激な業績悪化が悪かと言えばその限りではない

もちろん業績は良いに越したことはありませんが、業績悪化の仕方には質がある、ということも事実です。

直近数年間の業績が良かったにも関わらず急に業績が悪化した、という場合には、何か理由が隠されているかもしれません。このようなケースでは、新規事業に資金を振り分けられた可能性があります。

新規事業を行う際には多額の資金を支払うことになるため、決算書の見栄えも悪くなってしまいます。しかし、この場合は収益性の低下に伴う業績悪化とは言えません。

資金使途を考えても非常に前向きな使い方です。つまり、業績悪化の質が良いと考えられるのです。このような局面では、業績悪化でもむしろ買いだと思いませんか?

投資においては、業績悪化の質も知ることが重要なのです。

まとめ

業績予想を参考にする際のポイントは、各企業が独自に発表する業績予想と、アナリストが発表する業績予想を使い分けることです。それぞれの特徴を踏まえて投資判断のヒントにしましょう。

特に、初心者はアナリスト予想を過信しすぎないことがポイントです。過去の業績推移も参考にして、投資の精度を高めるように心がけましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。