初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

優良株がズラリ。AppleやGoogleなどのハイテク銘柄の特徴とは?

優良株がズラリ。AppleやGoogleなどのハイテク銘柄の特徴とは?

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★☆☆☆

大きな値上がりが期待できるハイテク銘柄は、主にアメリカのナスダック(NASDAQ)市場に上場しています。その値動きはアメリカ経済、ひいては世界経済も左右するので、マーケットの動向を見る上でも非常に重要です。

今回は、世界経済を左右するハイテク銘柄の特徴について確認していきましょう。

米国ハイテク銘柄には時代をリードする優良銘柄がズラリ

NASDAQ上場のハイテク銘柄として代表的な銘柄には、アップル(ティッカーコード:AAPL)やアマゾン(ティッカーコード:AMZN)、グーグルを傘下に持つアルファベット(ティッカーコード:GOOG)が知られています。これらの企業は既存の業態をオンライン化したものというイメージが強いですが、実際には自動運転の分野に参入するなど、人工知能(AI)やIoTにかかわる新分野への参入が目立っています。

このほかのNASDAQ上場のハイテク銘柄には、フェイスブック(ティッカーコード:FB)やマイクロソフト(ティッカーコード:MSFT)などがあります。このように、世界経済をけん引する米国株を主導するのはハイテク銘柄であるといえます。

NASDAQ上場のハイテク銘柄は世界の株式市場をけん引する

NASDAQ上場のハイテク銘柄は時価総額も非常に大きく、米国株だけではなく世界の株式市場にも大きな影響力があります。NASDAQ上場銘柄で構成されるナスダック総合指数(ナスダック指数)と、ハイテク銘柄を中心とするNASDAQ-100指数は、米国の主要な株価指数の中でも、特にハイテク銘柄の割合が大きいことが特徴です。

ナスダック指数が下落すると、日本国内に上場しているハイテク銘柄も連れ安することは珍しくありません。日本のハイテク銘柄を買い付けした場合には、米国のハイテク銘柄の動向も注視しなければならないのです。

日本のハイテク銘柄も日本株をけん引する

ハイテク銘柄というと米国や中国ばかりが注目されますが、日本市場に上場しているハイテク銘柄にも、日本株をけん引する優良銘柄は少なくありません。代表的なところでは、携帯電話大手のソフトバンク(9984)や産業用ロボットに強みを持つファナック(6954)、半導体製造最大手の東京エレクトロン(8035)などが挙げられます。この他にも、ヤフー(4689)や楽天(4755)などもハイテク銘柄と言えます。

いずれも時価総額は一兆円を超え、これらの銘柄はもはや日本株の主力銘柄ともいえます。近年では東証一部上場銘柄だけではなく、ジャスダックや東証マザーズ上場のハイテク銘柄が増えてきていることも特徴です。

日経平均の値動きはハイテク銘柄に左右される部分が大きい

日本の主要な株価指数である日経平均株価と東証株価指数(TOPIX)のうち、日経平均株価の値動きはハイテク銘柄に左右されることが多く、日経平均への寄与度を確認して見ると、上述した銘柄はすべて上位に食い込みます。

その構成率を見てみると、ソフトバンク(9434)は5%、ファナック(6954)は約4%・東京エレクトロン(8035)は約3%といった割合。これら3銘柄は、日経平均の構成率のランキングのトップ5入りしています。ハイテク銘柄が動けば、日経平均にも大きな影響を与えるのです。

ハイテク銘柄は値動きが荒いことが特徴

米国のハイテク銘柄に特に顕著ですが、ハイテク銘柄は配当利回りはそれほど高いとは言えず、主に株価の値上がり(キャピタルゲイン)を期待して買う成長株(グロース株)が主流です。

ハイテク銘柄では短期資金の出入りが激しく、値動きが荒くなりがちです。ハイテク銘柄に投資するときには、値動きに注目することを心がけてください。

ハイテク銘柄では決算期の取引に要注意

ハイテク銘柄は決算の動向に左右されることが非常に多くあります。米国上場のハイテク銘柄はこの傾向が特に強く見られるため、決算日をまたぐ決算見合いの取引には細心の注意を払う必要があります。

時価総額が80兆円を超えるアップルですら、決算発表の前後は株価が1割程度上下することが珍しくないため、好決算を狙って決算日直前に買い注文を入れるような取引は、ハイリスクな取引となります。決算があまり期待できなさそうな場合は売り抜けることをテクニックとして覚えておきましょう。

まとめ

日本国内にもハイテク銘柄は存在しますが、その影響力や存在感は米国のハイテク銘柄には及ばないのが現状です。企業の成長性を鑑みても、米国のハイテク銘柄に軍配が上がります。

フェイスブックやアマゾンは、時価総額が数十兆円を超えた現在も成長を続けている企業です。決算見合いの取引には注意が必要ですが、株式投資のチャンスは米国市場に多く存在しているのです。

» 初心者にもわかる株の買い方
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。