初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

東京証券取引所とは?株式市場の種類とその役割

株式市場にはどのような種類があるの?

株の知識レベル:★☆☆☆☆

テレビニュースや新聞などで「東京証券取引所」という言葉はよく聞いたことがあるのではないでしょうか。この「東京証券取引所」というのは、株式の売買が行われる、いわゆる店舗のようなものです。

通常、物を購入するときは、お店のような場所でやり取りを行うことが一般的です。株式も売買を行うために、商品(銘柄・証券)を並べる「お店(取引市場)」というものが存在しています。

このお店のことを一般的に「株式市場」や「証券市場」と呼びます。一口に株式市場、証券市場といっても取引するものにはさまざまな種類があり、国内外に複数の証券取引所が存在しています。株式取引に必要な「株式市場」の基礎知識について解説していきます。

「発行市場」と「流通市場」とは何?

「発行市場」と「流通市場」とは何?

株式市場の種類を役割面・機能面から見ると「発行市場」と「流通市場」に分けることができます。

発行市場とは、企業が新たに資金調達をするために新規に証券を発行し、発行者から直接、または証券会社などを通して投資家に売り渡される市場のことです。これは概念的なものですので、発行市場という名前の取引場所があるわけではありませんが、次の流通市場が成立する前提として大切なプロセスです。

流通市場とは発行市場において既に発行された証券を投資家間で取引・売買するための市場のことであり、流通市場での株取引の仲介を担うのが証券会社です。投資家視点で見ると、株式市場と言えばこの流通市場のことを指します。

日本における流通市場はどうなっているか?

流通市場の役割を簡単に説明しましたが、流通市場の役割を具体的に担っているところが証券取引所となります。

現在わが国には、日本取引所グループ傘下に東京証券取引所・名古屋証券取引所・福岡証券取引所・札幌証券取引所の5取引所があり、証券市場を支えています。

以前は他の地方都市にも証券取引所が存在して地域独自の証券取引活動を担っていましたが統廃合が進んだことで現在では上記の証券取引所のみとなりました。

東京証券取引所の役割とはどのようなものか?

東京証券取引所の役割とはどのようなものか?

一般的に証券取引所といえば、東京証券取引所をイメージする人が多いでしょう。東京証券取引所に上場する企業の時価総額合計は、世界の取引所の中では第3位、アジアにおいては最大規模の市場であり、日本を代表する証券市場です。

東京証券取引所は上場している企業の規模に応じていくつかの市場に分かれています。よく耳にするのが、東証一部と二部でしょう。その他にもJASDAQやマザーズといった新興企業向け証券市場もあります。

現在では東京証券取引所の規模が圧倒的に大きくなっていますので、株式市場といえば東京証券取引所を連想する人が多いのも無理のないことです。そのため東証での証券取引が活発になればなるほど日本全体の経済・景気の回復に大きく影響することが多くなります。

大阪証券取引所は統合されて、内容を変えた

昔から商都として栄え続けてきた西の都、大阪にも証券取引所があったのですが、平成25年に大阪証券取引所と東京証券取引所が統合し、新たに日本取引所グループが発足し、大阪証券取引所に上場していた1部・2部の銘柄が東京証券取引所へと移り、新興企業向け大商JASDAQも同様に東商JASDAQへと移行しました。

大阪証券取引所は統合後、「大阪取引所」に商号を変更し、デリバティブ取引(金融派生商品取引)に特化した新たな取引市場に生まれ変わりました。

新興市場とはどのようなものか?

新興市場とはどのようなものか?

東京証券取引所1部や2部に上場するための基準は厳格に規定されているため、そのためには高いハードルを越える必要があり、上場企業にはいずれも資金力や社会的な信用力などがあるとされています。

しかし、ベンチャー企業等の将来性に賭けて投資を行いたいと考える投資家も少なくなく、比較的小規模な企業でも証券市場で資金調達をしやすい環境作りが求められました。そのために設けられたのが新興市場と呼ばれる新たな証券市場です。

東京証券取引所のJASDAQやマザーズ、名古屋証券取引所セントレックス、札幌証券取引所アンビシャス、福岡証券取引所Q-Board等がその役割を担っています。

新興市場での取引では何に注意するべきか?

先ほど述べました新興市場に上場するには東証一部や2部に比べると審査基準がゆるく、上場が最終目的となっている「上場ゴール」と呼ばれる企業が散見されます。

しかし、これからの成長が見込まれる企業が多いのも事実であり、急激に業績拡大や、株価高騰の可能性を秘める企業も少なくありません。将来性の一方で事業規模が小さく不安定な面もあるので、企業の上場廃止や倒産といったリスクも念頭に置いた投資判断が求められます。

また、新興市場の銘柄は値動きが激しく、損切りの判断が遅れると大きな損失につながるリスクもあり、その銘柄の過去の売買高をチェックしておくことも忘れてはなりません。

まとめ

株式市場にもいくつかの種類があり、東証一部や2部上場の大企業に限らず、新興市場に上場しているような伸びしろのある会社への投資も可能です。さまざまな株式市場の銘柄をバランスよく取引することによりリスクを分散することにもつながります。

» 株式投資の基本をもっと学ぶ

現職の司法書士(実務経験14年)、ライター歴3年。
資格は司法書士、宅地建物取引主任者、2級FP技能士、モーゲージプランナー(住宅ローン専門資格)。
総合評価
(0)
Pocket