初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

東京証券取引所とは?株式市場の種類とその役割

東京証券取引所とは?株式市場の種類とその役割

西岡容子
西岡容子
記事の難易度:★☆☆☆☆

通常、物を購入するときは、お店のような場所でやり取りを行うことが一般的です。株式も売買のために、商品(銘柄・証券)を並べる「お店(取引市場)」というものが存在しています。

このお店のことを一般的に「株式市場」や「証券市場」と呼びます。一口に株式市場、証券市場といっても、国内外に複数の証券取引所が存在しています。

今回は、株式取引に欠かせない「株式市場」の基礎知識について解説していきます。

「発行市場」と「流通市場」とは何?

株式市場を役割と機能から見てみると、「発行市場」と「流通市場に大別できます。

発行市場とは、企業が資金調達をするために新たに有価証券を発行し、発行者から直接または証券会社などを通して投資家に売り渡される市場です。これは概念的なものですので、発行市場という名前の取引場所があるわけではありませんが、流通市場が成立するために欠かせないプロセスです。

流通市場とは、発行市場において既に発行された有価証券を投資家間で取引・売買する市場であり、流通市場での株式取引の仲介するのが証券会社です。投資家視点で見ると、株式市場と言えばこの流通市場のことを指します。

日本における流通市場はどうなっているか?

現在わが国には、日本取引所グループ(JPX)傘下に現物取引に特化した東京証券取引所と先物取引専門の大阪取引所(大証)の2証券取引所があります。このほかに、JPX傘下ではない証券取引所として、名古屋証券取引所・福岡証券取引所・札幌証券取引所の3取引所があり、証券市場を構成しています。

以前は他の地方都市にも証券取引所が存在することで地域独自の証券取引活動を担っていましたが、統廃合が進んだことで現在では上記の証券取引所のみとなりました。

日本の株式取引を一手に引き受ける東京証券取引所

一般的に証券取引所といえば、東京証券取引所(東証)をイメージする人が多いでしょう。東証上場企業の時価総額合計は、世界の取引所の中では第3位、アジアにおいては最大規模の証券市場であり、日本を代表する証券市場です。

国内のほかの証券取引所と比べると、東証の規模が圧倒的に大きく、東証の証券取引の動向は、日本全体の経済・景気に大きな影響を与えています。

デリバティブ取引に特化した大阪証券取引所

昔から商都として栄え続けてきた西の都、大阪にも独自の証券取引所(大阪証券取引所・大証)が存在していました。しかし2012年(平成25年)に東京証券取引所と統合して日本取引所グループが発足したことで、東証との棲み分けが進み、株式市場としての役割を終え、「大阪取引所」に商号を変更した上で、金融派生商品(デリバティブ)の取引に特化した新たな取引市場に生まれ変わっています。

新興市場とはどのようなものか?

東京証券取引所一部・二部上場の基準は厳格に規定されているため、上場企業にはいずれも資金力や社会的な信用力などがあるとされています。しかし、ベンチャー企業などの将来性に賭けて投資をしたいと考える投資家も少なくないことと、証券市場で資金調達をしやすい環境作りが求められました。投資家と企業の要望を満たすために設けられたのが、比較的上場基準が緩い「新興市場」と呼ばれる証券市場です。

国内の代表的な新興市場としては、東京証券取引所が運営するJASDAQやマザーズを筆頭に、RIZAPグループ(2928)が上場していることで注目を集めた札幌証券取引所傘下のアンビシャスや名古屋証券取引所が運営するセントレックス、福岡証券取引所が抱えるQ-Boardが知られています。

新興市場への投資は「上場ゴール」に注意

先ほど述べました新興市場に上場するには東証一部や二部に比べると審査基準が緩く、株式公開による資金調達が最終目的の「上場ゴール」と呼ばれる企業が散見されます。新興市場への投資では、上場ゴールを果たした企業に投資しないことが重要になります。

将来性の一方で事業規模が小さく不安定な面もあるので、企業の上場廃止や倒産といったリスクも念頭に置いた投資判断が求められます。

まとめ

株式市場にもいくつかの種類があり、東証一部や二部上場の大企業に限らず、新興市場に上場しているような伸びしろのある会社への投資も可能です。

さまざまな株式市場の銘柄をバランスよく取引することによりリスクを分散することにもつながります。

» 株式投資の基本をもっと学ぶ
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。