初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

株取引ができる時間帯とおすすめの取引タイミング

株取引ができる時間帯とおすすめの取引タイミング

株の教科書.com編集部
株の教科書.com編集部
記事の難易度:★☆☆☆☆

株取引をすることができるのは、株式市場が開いている時間帯に限られます。そのため、「日中に仕事をしているからできない」と誤解する人も少なくありません。しかし、ネット証券を使えば、取引時間外でも「ほぼ24時間」注文をすることができます。

いつでも注文できるなら、好きなタイミングで注文することを考えるかもしれませんが、実は注文に適したタイミングというのは確実に存在します。

今回は、株の取引時間と、取引時間外に注文を入れる場合の注意点をお教えします。

株式市場の取引時間はいつからいつまで?

取引所によって取引時間は違う

株の取引ができる時間は、証券取引所によって異なります。日本国内にある4証券取引所の取引時間は次のようになっています。

  • 東京証券取引所:前場:午前9:00~11:30・後場:午後12:30~15:00
  • 名古屋・福岡・札幌証券取引所:前場:午前9:00~11:30・後場:午後12:30~15:30

このように、東証が15時まで、それ以外の取引所は15時半までとなっています。実際の株式取引はそのほとんどが東証で取引されているので、「前場は9時から11時半、後場は12時半から15時」と覚えておいても問題はないでしょう。

株式市場の休日はどうなっているの?

取引所が開いている日は、ほぼカレンダー通りです。土・日・祝日と年末年始に休みがあるだけで、お盆休みはありません。年末年始の休みも少なく、休日と重ならなければ、年始は1月4日から、年末は12月30日まで取引が行われます。

なお、年始の取引は「大発会」、年末の取引は「大納会」と呼ばれ、1年のはじまりとしめくくりとしてその年のキーパーソンを呼ぶなど、華やかな1日となります。

取引時間外でも注文はいつでもできる!

ネット証券ならフルタイムで取引できる

株の取引時間を見てみると、日中に仕事をしている人には取引できないと考えがち。しかしホームページや取引アプリで取引できるネット証券なら、システムメンテナンス中などを除いてほぼ24時間、注文することができます。なお、証券取引所の取引時間中に注文したものはリアルタイムで注文処理されますが、取引時間外に注文した分は翌営業日の注文として処理されます。

私設取引システム(PTS)で夜間でも取引

取引時間外に「株取引」をすることができる取引所もあります。私設取引システム(PTS)と呼ばれるものです。PTSは東証などのいわゆる「伝統的な」取引所とは異なる取引所で、日本ではジャパンネクストPTSとチャイエックスPTSがあります。そのうち、ジャパンネクストPTSは、SBI証券で口座開設していれば取引ができ、夜間でも取引ができるのがメリットです。取引時間は次のようになっています。

  • デイタイム・セッション:8:20~16:00
  • ナイトタイム・セッション:18:00~23:59(※)

※2017年1月中までは19時から取引開始

ナイトタイム・セッションであれば、日中は仕事で株の取引ができない人であっても、家に帰ってゆっくり取引することができます。
このように取引時間の拡大が期待できるPTSですが、日本ではほとんど普及していないため、取引相手がめったにいないことや、希望する価格での取引が成立しにくいなどの問題点が指摘されています。

取引時間外なら、いつ注文を入れるのがいいの?

注文時間が早い注文が優先される

もし、同じ値段で注文をするなら、「注文時間が早い注文」が優先されます。そのため、できるだけ早く注文した方が有利になりますが、実際は翌朝に注文する方をおすすめします。その理由は、「株価は日本国内だけで決まるわけではないから」です。

仕事をしている人なら、朝の注文がおすすめ

株式市場に関するニュースを見ていると、「今日の日経平均は、アメリカの雇用統計の結果を受けて…」といったように、海外の影響を強く受けていることがわかります。そのため、注文前に欧米の株式市場の動向を確認することで、取引のリスクを減らすことができます。

アメリカのニューヨーク証券取引所は、現地時間で9時半から16時まで取引されています。これを日本時間に直すと、23時半から翌日の6時まで(サマータイム期間は、1時間早い22時半から翌日の5時まで)となります。
つまり、朝であれば、ダウ平均株価やS&P500といったアメリカの株価動向を確認した上で、今日の日本株がどう動くかを予想して注文することができるのです。

日経平均先物の動向も重要

さらに、「日経平均先物」を参考にして注文することもできます。日経平均先物は、その名の通り日経平均株価と程連動しており、日本では8時45分から取引が始まります。

日本での取引に先駆けて、シンガポールでは8時半(日本時間)から、ニューヨークでは8時(日本時間)から取引が開始されるので、これらの日経平均先物をチェックすれば、その日の日本株の動向をある程度予想することが期待できます。

このように、できるだけ最新の情報を手に入れて取引する方がより正しい判断をすることができるため、取引時間外の注文でも「翌朝」に注文をする方が「いい注文」を入れられる可能性が高くなり、「アメリカ株が下がっているのに、高い株価で買い注文を入れてしまっていた」といった事態を避けることができるでしょう。

まとめ

株の取引時間は日中がメインですが、ネット証券の普及で、注文はいつでもできるようになりました。株式取引は「情報」が命。できるだけ最新の情報をもとにして、賢く株取引ができるように工夫しましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。