初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

新規公開株(IPO)投資で当選確率を上げる3つの方法

新規公開株(IPO)投資で当選確率を上げる3つの方法

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★☆☆☆

新規公開株(IPO)投資の最大の欠点は「当選しなければ購入できない」ことです。そのため、IPO投資で利益を上げるためには、少しでも当選確率を上げることが重要であり、そのためには、抽選の仕組みを理解する必要があります。

今回は、IPO抽選での当選確率を上げるための方法をご紹介します。

主幹事証券で口座開設・申し込みをする

IPOの主幹事証券は、IPOで売り出される株式の大半を引き受けます。引き受け数が多いとそれだけ抽選に割り当てられる株式も多くなるので、主幹事証券の口座からIPO抽選の申し込みをしているかで、当選確率が大きく変わってくるのです。

IPO投資を考えてネット証券での取引を検討しているなら、最低でも主幹事を務めることが多いSBI証券SMBC日興証券の口座開設はしておきたいところです。

証券会社ごとのサービスを活用する

証券会社によっては、IPOに関するサービスを提供していることがあります。例えばSBI証券では、抽選に外れるとポイントがもらえて、そのポイントを使うと当選確率がアップする「IPOチャレンジポイント」という制度があります。チャレンジポイントを目当てに、購入予定がなくても抽選申し込みだけはしておくという人も少なくないようです。

こういった証券会社独自のサービスを確認して活用することで、IPO抽選の当選確率を引きあげることが期待できます。

複数の証券会社に口座開設をする

IPO抽選は各証券会社が個別に実施しているので、複数の証券会社から申し込めば、それだけ当選確率が高まります。公募申し込みがはじまってから新しく口座開設をしていては間に合わないため、公募申し込みまでに口座開設を完了しておきましょう。

また、少額投資非課税制度(NISA)口座でもIPO銘柄の買い付けもできますが、NISA口座の開設には時間がかかること、IPO銘柄の買い付けにはNISA口座を使えない証券会社もあることに注意しましょう。

口座ごとに買い付け余力が必要

ほとんどの証券会社では、IPO抽選の時点で口座に購入代金に相当する買い付け余力が残っていることが抽選参加の条件になっています。

複数の証券会社から申し込みをするなら、証券会社の分だけ資金が必要になるので、当選確率が比較的高い主幹事証券や幹事証券を中心に申し込みをするなどの対策が必要です。

申し込み口数を増やすために家族名義の口座を使う

ネット上でIPO投資をしている投資家の体験談としてよく書かれているのが、「家族の分の証券口座も作ってみんなで申し込んだ」というものです。

家族口座から申し込むと、手軽に口数を増やせるので当選確率はより上がりますが、さらなる買い付け余力が必要になるだけではなく、同意を得ていない口座開設や申し込みは、口座譲渡とみなされて違法となるリスクが発生します。

違法性や贈与税には注意する

また、自分の資産を家族名義の口座で取引すると、渡した資産が贈与とみなされて、贈与税が発生するケースもあります。特定口座での取引は、取引データが証券会社から税務署に提出されているので、うっかりすると脱税とみなされるリスクもあるのです。

まとめ

IPO抽選の当選確率を上げるためには、主幹事証券や複数の証券会社から同時に申し込むのが基本です。

また、家族の証券口座から申し込むときには、口座譲渡や贈与とみなされないように注意が必要ですが、当選確率を上げる点では選択肢の一つと言えます。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。