初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

あなたも当てはまる?株式投資で失敗する人に多い3つの特徴

あなたも当てはまる?株式投資で失敗する人に多い3つの特徴

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★☆☆☆

同じ株式投資の初心者でも、取引をはじめてから安定して利益を上げる人もいれば、逆に失敗ばかりして損失を出し続ける人もいます。両者の違いは一体何なのでしょうか?もしかして、株式投資で失敗する人には一定の特徴や傾向があるのでは…。

今回は、株式投資で失敗する人に多い特徴について考えてみました。あなたも当てはまっていないか確認してみましょう!

特徴1:知識がないのに資金をつぎ込む

なんとなくポジティブな材料が出て株価が上がりそうと思ったら資金を全額投資する人がいますが、これはリスクが大きくなる投資方法です。値動きには、必ず理由があるのです。下がったからなんとなく買い、上がったからなんとなく売りでは、安定した利益は期待できません。安定した利益を得るためには、各国の金融政策の動向や企業業績、機関投資家の資金の流れを知り、投資分析をすることが欠かせません。

このように、株式投資では失敗しないための最低限の知識をつけておくことが大切なのです。

投資商品への知識不足も失敗する原因

投資をするなら市場の状況に合った株式投資を選ばなくてはなりません。例えば、株価指数が下落している状況で輸出関連株に投資するのは間違いです。金融株等の内需関連株にシフトして、高配当銘柄でリスクヘッジすることがセオリーです。また、レバレッジETFやインバースETF、ベアETFを購入することで、下落局面でも収益を狙うことができます。

株式投資、債券、投資信託など金融商品は個別株をはじめ、債券やテーマごとに複数の銘柄に投資する投資信託、投資信託が個別株のように取引できる上場投資信託(ETF)や、不動産を投資対象とする不動産投資信託(REIT)といった金融商品も、広義の株式投資として扱われます。

これらの商品知識や各商品の特性を理解していなければ、株式投資で損をする確率は高くなるでしょう。

特徴2:短期投資での利益にこだわる

短期で利益を上げることにこだわる方がいますが、株式投資においては短期の利益にこだわりすぎないことがポイントです。短期投資で利益を得ることは非常に難しいのです。短期投資でそれなりの利益を得るなら最低でも数百万円の資金が必要です。そもそも、長期投資と短期投資では対象となる銘柄も異なります。

短期投資の対象となる銘柄は資金の出入りが非常に激しいため、安定した利益を得るためには相当なテクニックと知識が必要なのです。

それでも短期で勝負するなら

株式投資の分析手法は、ファンダメンタルズ分析テクニカル分析に大別できます。ファンダメンタルズ分析は需給や景況感、基礎的経済条件(ファンダメンタルズ)からアプローチする分析手法のこと。テクニカル分析は、チャートの形状から先行きを予想する分析手法をいいます。

チャートとは日々の値動きをけい線で記したもので、チャートを確認することで、日々の投資家の動向を知ることができます。短期投資をするならテクニカルの知識をつけることが最低条件と言えるでしょう。

特徴3:自分のルールを確立できていない

行き当たりばったりで投資を行うのも失敗する人の特徴。株式投資の取引においては自分でルールを定めることが重要です。ルールが確立されない限りは投資の成果も安定しません。まずは、自身の投資方針を確立することから始めましょう。

投資する前には損切りラインと利食いラインを定めておくことをおすすめします。

その他、投資スタンスや投資に使う資金を決めておくことも大切です。余剰資金で投資をするのであれば積極的にリスクをとって上値を狙うこともできますが、そうでなければリスクは控えたほうが良いでしょう。高配当銘柄をメインにポートフォリオを構築するなど、リスクを抑えたアプローチが必要になります。

損切りのルールは徹底して守る

株式投資では自身が定めたルールにのっとって運用することが失敗を防ぐことにつながります。欲や期待をどれだけコントロールできるかが、投資成果の鍵を握ります。徹底して守るべきルールは損切りラインです。

損切りには勇気がいりますが、資産が塩漬け状態になるよりは、前向きな投資行動と言えます。利益を上げることも重要ですが、投資において損失を限定するアプローチもは重要なのです。

まとめ

株式投資で利益を上げるポイントは、いかに自制心を持った取引をできるかに尽きます。今回見てきたポイントもその中に含まれます。

短期の欲にとらわれず、一度に大きな利益を望まない。そうすることで安定した投資成果を実現できるでしょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。