初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

銘柄探しの基準!最も重要なのは会社の業績

銘柄探しの基準!最も重要なのは会社の業績

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★☆☆☆

株式投資で利益を狙うなら、安定した配当や大きな値上がり益が期待できる新規銘柄を探すことは欠かせません。では、実際の銘柄探しではどのような基準があるのでしょうか。

サービスや商品を利用していてよく知っている企業、知り合いの勤務先など、さまざまな基準があると思いますが、その中でもっとも重要なのは「業績」です。今回は、銘柄探しのポイントとなる業績の見方を見てみましょう。

最初にチェックするべきポイントはEPS

銘柄選定には「会社四季報」や「ヤフーファイナンス」を利用することがほとんどですが、さまざまな情報が掲載されている分、どこに注目するかが投資成績を左右します。会社情報を見るときには企業業績に注目しましょう。

企業業績の中でも特に押さえておきたいのが、当期純利益÷発行済み株式数で算出できる1株当たり純利益(EPS)です。

EPSを外せない理由とは?

EPSを重視する理由はいくつかありますが、もっとも大きいのが企業の成長が目に見えてわかることです。EPSが上昇するのは企業の純利益が改善するときであり、企業が成長するタイミングと重なります。毎年EPSが順調に上昇している企業は、今後も株価も上昇する可能性も高いのです。

また、EPSは発行済み株式の増減に合わせて変動するので、自社株買いや自己株式の消却に合わせてEPSも変化します。適正株価に戻すために定期的に自己株式の消却する企業もあり、そのような企業の株価は高値で推移する傾向があるので、「買い」かもしれません。

株価収益率にも注目しよう

もう1つ重視したい指標が、株価をEPSで割ることで求められる株価収益率(PER)です。PERを見れば、1株当たりの利益に対して株式がどれだけ買われているかが分かり、現在の株価が割高か割安かを判断できるのです。

PER倍率が低いほど割安株とされますが、単独の数字だけで割安株かは判断が付きません。同じ企業の過去のPERや同業他社のPERと比較して明らかに低ければ、株価が割安水準になっていると考えてよいでしょう。

その他のチェックすべき指標とは?

EPSやPER以外に参照したい指標としては、EPSを一株当たり純資産で割り100倍することで求められる自己資本利益率(ROE)も無視できません。

ROEは投資した資金がどれだけ有効活用されているかを知る指標であり、ROEが高い企業は利益率が高いと考えられます。また、企業に入れられた総資金の収益率を表す総資本利益率(ROA)は株主の資金と借入金が有効活用されていて、利益を出しているかを知る指標です。

今見ることができる業績はどこまで参考にできる?

四季報やYahoo!ファイナンスなどの会社情報にはさまざまな指標が記載されているので、使いこなすことは簡単ではありません。しかし、いくつかの項目に絞ってチェックすることで、ある程度は企業業績を分析することができます。

ところで、「利益が上がっているみたいだから、あの企業に投資しよう」という話を聞くことがあります。利益が上がっているといっても、サービスや商品の売り上げから出てくる「営業利益」が主ならともかく、資産売却などの利益がメインだと先行き不安が大きくなります。時間が許す限り損益計算書まで見て利益の内訳も確認することをおすすめします。

業績はあくまで過去の数字。予測にも注目

業績を見るためのポイントをご紹介しましたが、業績は過去の成績であり、問題が生じれば業績の下方修正や、株価下落の原因になる可能性もあります。このようなリスクを回避するためには、「業績予測」にも注目してみましょう。

株価は今までの業績だけでなく、将来見込みがあるか・ないかでも動くことがあります。業績予測が発表されるだけで株価が大きく動くことがあるため、しっかり見ておきましょう。修正の発表は新聞やニュース等で確認が可能です。

まとめ

株式投資の銘柄選びでは、企業業績の分析は非常に重要であり、現在保有している株式の売り時を見極めるためにも必要になってきます。

長期保有を前提にするときにはもちろん、短期売買で利益を狙うときにも、業績に注目しておきましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。