初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0
株初心者が知っておきたいNISAのメリットとデメリット

株初心者が知っておきたいNISAのメリットとデメリット

西岡容子
このエントリーをはてなブックマークに追加
株の知識レベル:★☆☆☆☆

「NISAを使って株式や投資信託を取引すると、儲かっても非課税になる」というメリットを知っている人は多いでしょう。しかし非課税のメリットにばかり目が行き、逆にデメリットとなる面については知らない人が大半なのではないでしょうか。

では具体的に、NISAのメリットとデメリットや注意点について、主な項目を挙げて解説していきましょう。

一番のメリットは「非課税」になること

一番のメリットは「非課税」になること

株式を持っている人は売却時に利益が出ることがありますし、銘柄によっては年1回ないしは2回、配当金が出ることがあります。NISA口座を利用すれば、これらの儲けがすべて「非課税」となることが最大のメリットです。

NISA以外の口座(一般口座・特定口座)で取引すると、同じように利益が出ても20.315%が税金として差し引かれてしまいます。証券会社への売買手数料もかかるわけですから手残りはもっと少なくなります。

もし50万円儲かったとしても税金で10万円以上持っていかれるわけですから、その差の大きさがわかるでしょう。また、NISAにおける取引で儲けが出ても元々非課税が前提ですので確定申告も不要です。手続きに慣れていない、仕事などが忙しいという人にはうってつけです。

枠は年間120万円まで、期間は5年まで

NISAという制度自体は2014年から始まり、当初は年間非課税枠が「100万円」でしたが、2016年より「120万円」に拡大されています。また、非課税となる期間は5年となっています。

この非課税枠については「儲かった金額が120万円までなら課税されない」というように誤解されていることがありますが、正しくは「年間の投資額が120万円までならその儲けがいくら出ても課税されない」ということです。

非課税枠は、いったん使ってしまうと保有する株式などを売却したとしても枠が復活するわけではなく、1回使い切りのものだと覚えておかなければなりません。また、枠が余ったとしても翌年への繰り越しができないということにも注意が必要です。

また、投資信託などでは「分配金を自動的に再投資する」タイプの商品がありますが、この再投資という行為は新たな購入としてカウントされるため、意識せずとも枠を使ってしまうこともあるということです。(ただし、再投資により複利の効果を見込めるというメリットはあります)

損失が出ても損益通算等ができない

損失が出ても損益通算等ができない

NISA口座では、取引した商品で利益が出れば出るほど、この制度の恩恵を受けることができます。しかし、損をしてしまった場合には税務上のデメリットがあります。

NISA口座の取引で損をした場合、他の課税口座(一般口座・特定口座)における利益からNISAでの損失を差し引くこと、つまり「損益通算」ができませんので、他の課税口座での利益には丸々税金がかかることになります。

NISAでは利益の分について税金面で目をつぶってもらえる代わりに、損をした分も税務上なかったことにされてしまうという理屈です。また、NISA口座での損失を翌年に繰り越す「繰越控除」も認められていません。

つまり、すでに課税口座での取引を行っている人はそちらの運用状況も十分に考えた上でNISAを利用するかどうか決めなくてはならないということです。

受け取り方によっては配当に課税されることも

その他のNISAにおけるデメリットとしては、配当金受け取りの際に課税されてしまうことがある点が挙げられます。

株式などの配当金は受取方法が3つあります。「ゆうちょ銀行や郵便局に配当金領収証を持ち込んで受け取る」「自分が指定した銀行口座で受け取る」「証券会社の取引口座で受け取る」というものです。

これらのうち、非課税になるのは最後の証券会社の取引口座で受け取る場合のみです。それ以外の方法ですと、原則とおり20.315%課税されますので注意が必要です。

非課税期間の5年が過ぎた時の対策

非課税期間の5年が過ぎた時の対策

では、NISAの特徴に合わせたデメリットへの対策を考えてみましょう。

NISA口座を使って購入し保有していた株式などをそのままにして5年が経過することもありえます。その場合、新たに開始するNISA口座に移すロールオーバーか、課税口座に移管することもできます。もちろん、5年経過する直前に売却するという方法もあります。

ただし、放っておくと特定口座に移管され課税されてしまうことになります。もしロールオーバーを選択すれば、引き続き非課税の扱いを受けることができますが、注意したいのが120万円の枠以上に時価が上がっている場合でも、移せる上限は120万円だということです。

そして、それを一気に使い切ってしまうと、もうその年は残りの枠はなくなってしまいますから、その後の投資計画とのバランスを考えた上で移す金額を決定しなければなりません。

値下がりで損することを避けるための対策

上記のようにNISA口座での損失が出ると損益通算等もできないため、初心者はハイリスク、ハイリターンの商品を避けた方が賢明でしょう。

収支を安定させるために複数銘柄への投資を心がけ、値下げした銘柄の分を値上げした銘柄でカバーできる状態にしておくことが大切です。

まとめ

NISA口座は利用の仕方によっては非常に大きなメリットがありますが、逆に損失が出た場合のダメージも大きいものです。NISAの特徴や現在の課税口座での投資状況などを総合的に考慮して利用すべきかどうかを判断したいものです。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。