初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

信用取引で知っておきたい用語:逆日歩

信用取引で知っておきたい用語:逆日歩

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★★★☆

信用取引でよく聞く「逆日歩(ぎゃくひぶ)」とは、信用売りの時に発生するものです。

今回は、逆日歩が発生する信用取引の種類や、逆日歩に対してどのように対応したらいいのかを見てみましょう。

2種類の仕組みがある「信用取引」

証券会社と投資家の直接取引「一般信用取引

信用取引は大きく「一般信用取引」と「制度信用取引」に分けることができます。

一般信用取引は証券会社と投資家の直接取引となります。対象銘柄や反対売買(決済)までの期限は、それぞれの証券会社が定められるので、証券会社によって反対売買までの期限が異なることは珍しくありません。

また、銘柄も多くの中から選べるとしている証券会社も多く、新規公開株(IPO)の取引もできることから、非常に自由度が高い取引と言えます。

証券取引所が指定した銘柄が対象の「制度信用取引」

制度信用取引は一般信用取引と違い、証券取引所が定めた銘柄の中から選び、取引します。どこの証券会社で取引しても、銘柄は同じになり、反対売買までの期限も最長で6か月と定められています。

対象銘柄は一般信用取引の時よりも少なくなりますが、ある程度の基準を満たした銘柄を対象としているため、安全度は高いと言えます。この対象銘柄も「制度信用銘柄」と「貸借銘柄」の2つに分けられ、制度信用銘柄は資金の借り入れだけができる(「信用買い」だけができる)銘柄なのに対して、貸借銘柄は信用買い・信用売りのどちらもできます。

制度信用取引では、証券会社が間に入り、証券取引所で取引することになります。このあたりは、上場している現物取引と似ているところです。

逆日歩が発生するのはどの取引?

制度信用取引で発生する逆日歩

逆日歩は「制度信用取引」で発生します。より詳しく見ると、貸借銘柄での信用取引で、「売り」からはじめた時のみ発生します。これは、逆日歩が株式を借りる際にかかるコストだからに他なりません。

信用売りの株式の調達方法と逆日歩

信用取引で信用売りからはじめると、証券会社が株式を用立てて投資家に株式を貸し出し、顧客はその株式を売って取引をはじめます。では、投資家が信用売りを希望している株式を証券会社が保有いかいとどうなるのでしょうか。

この場合、制度信用取引では、証券会社が株式を借りてきて、投資家に貸し出すことで取引を継続します。証券会社に株式を借りるのは「証券金融会社」であることがほとんどですが、あまりにも株式の貸し出し希望が多いと、証券金融会社でも対応できないことがあります。

その時は、証券金融会社が機関投資家(保険会社・銀行・政府系金融機関など)から株式を借りて貸し出すことになるのです。機関投資家から株式を借りると、当然調達コストもかかります。この調達コストが「逆日歩」もしくは「品貸料」です。

逆日歩は誰が負担し、どこに支払われる?

逆日歩は信用売りをした投資家が負担する

どのような時に逆日歩が発生するかはわかりましたが、誰が負担をするのでしょうか?それは、借りた株式を利用して信用売りをした投資家です。では、支払われる先はどこでしょうか?こちらは、株式を貸し出した機関投資家になります。

逆日歩はどのようにして計算するか?

逆日歩が発生したときに、どのくらいの金額を支払えばいいのかですが、銘柄や借りている期間によって変わります。

まず、どの銘柄に逆日歩が発生するかは、需要と供給で決まります。証券金融会社では、毎日多くの銘柄の株式の貸し借りしています。ある銘柄で信用買いしている株数よりも信用売りしている株数が増えたら、それだけ株式を多く調達してこなければなりません。調達コストも多くかかってしまうので、逆日歩もそれだけ高くなってしまいます。

反対に信用買いが信用売りよりも多いと、逆日歩は発生しません。自分の投資している銘柄で逆日歩が発生するかは、証券金融会社が取引日の翌営業日に発表します。

毎日変動する逆日歩と計算方法

また、逆日歩の金額は毎日変動しますので、単純に(株数×逆日歩×日数)では計算できません。反対売買をするまで、毎日の逆日歩を使って計算することになります。

例えば、月曜日に1,000株信用売りし、同じ週の水曜日に反対売買した時を見てみましょう。

信用売りの受け渡し日(約定日から起算し4営業日後、この例の場合は木曜日)の逆日歩が1株当たり1円、翌日に反対売買した時の受け渡し日の前日(約定日から起算し4営業日後-1日、この例の場合は金曜日)の逆日歩が2円だとしたら、支払う逆日歩は以下のようになります。

(1,000株×1円)+(1,000株×2円)=3,000円

※手数料等は考慮していません。

注意しないといけないのは、逆日歩は毎日発生する可能性もあるため、反対売買までの期間が長くなればなるほどコストがかかることです。反対売買で利益が出ても、それよりも高い逆日歩を支払わないといけないこともあります。

おわりに

信用売りからはじめる取引では、予想外の株価変動以外にも逆日歩の発生など、思わぬコストが発生する可能性がありますが、現物取引より大きな利益を期待できるのは大きな魅力の1つです。リスクを把握した上で取引をはじめてください。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。