株の教科書.com

0

10代でも株式投資を行える?

10代でも株式投資を行える?

株の知識レベル:★☆☆☆☆

「子どもが株式投資をするなんて」と考えている人も少なくありませんが、投資は経験の差がモノを言うこともあるため、10代から株式投資をすることには意味があると言えます。ただ、未成年者が株式投資をするためには、通常の証券口座とは異なる未成年口座を開設する必要があります。また、未成年者が正しく投資することができるようにするための投資教育も欠かせません。
今回は、10代で株式投資をする上で注意しておくべきことをまとめました。

未成年者でも株式投資はできるが、証券会社は限られる

未成年者でも株式投資をすることはできますが、大人と同じように投資をすることはできません。未成年口座が開設できる証券会社は限られており、親権者が口座開設していなければならない(口座開設予定でも可)という条件があります。そのため、親権者が口座を持っている証券会社が未成年口座に対応していなければ、口座開設が必要になります。

口座開設にあたっての書類が多くなる

未成年口座を開設する場合は、通常の証券口座を開設するときより、親権者についての書類が必要になるため、多くの書類の提出が必要になります。未成年者本人の「本人確認書類」や「マイナンバーを確認できる書類」に加え、「親権者と未成年者の続柄を確認できる書類」・「取引主体を親権者(または未成年者)とする同意書」などが必要になります。

未成年者の年齢によって取引主体が異なる

必要な書類には「取引主体を親権者(または未成年者)とする同意書」がありますが、未成年口座では、取引主体になることができる人は、未成年者の年齢によって異なります。未成年者が満15歳未満の場合は「親権者または未成年後見人」が、満15歳以上の場合は「未成年者本人または親権者」となります。そして、親権者が取引主体となる場合は「取引主体を親権者とする同意書」、未成年者が取引主体となる場合は「取引主体を未成年者とする同意書」が必要となります。

未成年者が満20歳になると通常の口座に移行する

未成年口座は、未婚で満20歳未満の人だけが対象です。そのため、未成年者が満20歳に達するか婚姻したときには、未成年口座から通常の証券口座へと移行されます。未成年口座を「未成年者本人に代わって財産管理すること」を目的として活用していた場合、未成年口座で亡くなった時から、親権者による取引ができなくなり、本人だけが取引主体となるので注意しましょう。

ジュニアNISAの活用で税制の優遇も受けられる

10代でも株式投資を行える?

未成年口座で取引する場合に活用したいのが「ジュニアNISA」です。1年あたりの投資限度額が80万円で、18歳まで投資資金の引き出しは原則不可になっており、成人向けのNISAと比べて不自由なところはありますが、非課税の優遇が受けられるのは大きなメリットです。あくまで子供のためのお金で、近い将来引き出す予定がなければ、ジュニアNISAを活用して子供に長期投資を学ばせるには最適だと言えるでしょう。ジュニアNISAでの1年あたりの非課税投資限度額は80万円で、贈与税の基礎控除額110万円よりも少額です。そこで、投資資金を非課税で生前贈与することで、相続税対策として活用することも可能です。また、贈与税について、相続時精算課税制度を利用している場合、基礎控除110万円の活用はできません。他の贈与財産の金額次第で20%の贈与税がされる場合もあります。投資がうまくいった場合という条件はありますが、相続税・所得税と二重で非課税メリットを受けることができるのです。

子供向けのイベントがあると投資教育の助けになる

未成年者が株式投資をする場合、どのようにして投資教育をするかが問題になります。親権者が教育できるのであれば問題ありませんが、「投資とはどのようなもので、どういったことに注意しなければならないか」を体系的に教えられるほどの人は少ないのではないでしょうか。そこで活用したいのが、証券会社や証券取引所などが定期的に開催している、子供向けの投資セミナーです。このセミナーでは株式会社の仕組みや経済の仕組みなど、投資をはじめる、前段階の基本的な内容から教えてくれるイベントです。お金とはどういうものかを理解しきれていない未成年者が、ただのゲーム感覚でスリリングな投機に走ってしまわないよう、投資や資産形成についての正しい知識を与えることを忘れてはなりません。

まとめ

"10代ではまだ、どのように投資すればいいかを理解できていない段階です。しかし、これからの時代、早いうちからの投資教育は欠かせません。未成年口座やジュニアNISAを活用して、少額からでも投資を経験させることで、大人になってからの資産形成に役立てることができるはずです。ただ、子どもに投資を体験させるためには、大人も投資について理解していなければなりません。そのため、自身の資産運用レベルの向上にもつながるかもしれません。未成年口座の活用も一度考えてみてはいかがでしょうか。

大阪でファイナンシャルプランナーとして活動。
資産運用に関する記事やビジネス関連の記事を多数執筆。
総合評価
(0)
Pocket