株の教科書.com

0

10万円で株式投資をする場合にとれる戦略

10万円で株式投資をする場合にとれる戦略

株の知識レベル:★★★☆☆

資産運用はお金持ちでないとうまくいかないと考えていませんか?近年では、少額でも株式投資がしやすい環境が整ってきました。そのため、「株式投資をしようと思っているけれど、投資資金が10万円しかない」という場合でも、しっかりと堅実に増やしていくための方法があります。少額で投資をはじめるための方法を、わかりやすく解説します。

少額投資非課税制度(NISA)口座で、非課税で投資を

少額で投資をはじめるためには、利益に対してかかるコストを小さくすることが欠かせません。そのために有効なのが少額投資非課税制度(NISA)です。投資資金が少額であれば、NISA口座を開設し取引するようにしましょう。通常口座であれば利益に対して20.315%(復興特別所得税を含む)が課税されるのに対して、NISA口座では一定額までの取引なら非課税として扱われます。その差はとても大きいと言えます。仮に1万円の利益が出たとすると、手持ち資金に2,000円程度の差が出てくるのです。NISA口座を開設しない手はありませんね。
また、口座開設の際は、取引手数料が安い証券会社を選ぶことも大切です。証券会社によっては、NISA口座での取引について手数料を優遇するサービスを行っているところもあります。

資金が10万円程度なら、年に何回も売買できる

NISA口座での取引が非課税となるのは、1年ごとに購入金額ベースで120万円までとなっています。投資資金が10万円であれば、(利益が出ていないと仮定すると)12回売買することができます。そのため、2~3カ月ごとに売買しても、すべての取引で非課税のメリットを受けることができるのです。

投資資金を増やしたいからとハイリスクなものに投資しない

しかし、何度も売買できそうだからといって、短期間で大きな利益を上げようとするのは危険です。投資にリスクはつきもので、ハイリターンが得られるものはハイリスクであることがほとんど。短期間で2倍・3倍になりそうな銘柄を狙った結果、投資資金が半分になることもあり得ます。特に仕手株のような一時的に激しい値動きで人気化している株は、個人投資家が手を出すと大きな損失を出しやすいものです。

少額でも、分散投資はできる

少額の資金で取引をしている投資家にとって、最も怖いのが倒産や民事再生など、上場廃止で株式の価値がなくなってしまうものです。投資金額が少ないため、投資資金のほとんどを特定の銘柄に投資せざるを得ず、保有している企業が倒産してしまうと、投資資金が一気に失われてしまうことがあるのです。
そうならないためにも、投資金額の半分以上を特定の銘柄につぎ込むのは避けるべきです。できることなら、1銘柄あたり2~3万円で、3~4銘柄に分けて投資したいところです。注意しておきたいのは、数万円程度で取引できる銘柄には、業績がよくない銘柄が多く含まれることです。投資候補の企業の利益や財務の状況を確認し、慎重に銘柄選びをするようにしましょう。

上場投資信託(ETF)を使えば、銘柄選びに苦労しない

上場投資信託(ETF)を使えば、銘柄選びに苦労しない

では、銘柄選びを簡単にしたい場合には、どうすればいいのでしょうか。
その場合は、株式のように売買することができる投資信託である上場投資信託(ETF)がよいでしょう。ETFは特定の指数に連動するように価格が変動する仕組みとなっており、日経平均株価やTOPIXに連動するものなどが上場されています。
日経平均株価などの指数に連動するETFでは、その指数に採用されているすべての銘柄に分散投資することになるので、少ない投資金額でも幅広い銘柄に投資することができます。また、指数自体が倒産によってゼロになることもありません。日経平均株価が短期間で数十%も変動することはなかなかありませんが、値動きの割合が2倍になるタイプのETFもあり、やや高いリスクを取ってやや高いリターンを狙うことも可能です。
また、下落を予想しているのであれば、「ベア型」という特定の指数が下落した場合に値上がりするようになっているタイプのETFで利益を狙うことも可能です。

株式ミニ投資で株価が高い銘柄にも投資可能

1単元購入するためには10万円以上の資金が必要な場合であっても、「株式ミニ投資」で購入できる場合があります。証券会社によっては、特定の銘柄を1単元の10分の1だけを購入できるサービスを提供している場合があります。配当金はその保有割合に応じて受け取ることができますが、議決権がなく、売買価格は証券会社のルールに従って決められるなどのデメリットもあります。1単元40万円する株に4万円程度で投資することができるのは魅力だと言えるでしょう。

まとめ

10万円しかないからと、あきらめる必要はありません。さまざまな取引方法があるため、少ない資金でも安全に投資することができる方法があるのです。ただ、投資資金が少額だからこそ、一獲千金を狙うのは禁物です。せっかくの資金が一気に失われてしまっては意味がありません。じっくりと時間をかけて、少しずつ資産を増やすことができるよう、低いリスクで着実に利益を出せるように心がけましょう。

大阪でファイナンシャルプランナーとして活動。
資産運用に関する記事やビジネス関連の記事を多数執筆。
総合評価
(0)
Pocket