初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

10万円から株式投資をはじめる戦略とは?少額投資のすすめ

10万円から株式投資をはじめる戦略とは?少額投資のすすめ

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★☆☆☆

まとまった資金がないとはじめられないという印象が強い株式投資ですが、近年ではネット証券の台頭により、るいとう上場投資信託(ETF)の充実により、少額からでも投資できる環境が整ってきました。

これらの仕組みを上手に活用すれば、10万円程度の投資資金でも、堅実に増やす方法はいくつかあります。今回は、少額の資金で投資をはじめるときのポイントを、わかりやすく解説します。

非課税投資をするなら少額投資非課税制度(NISA)

少額投資では、コスト削減を意識することが欠かせません。投資のコスト削減に欠かせないのは節税ですが、そのために活用したい仕組みが少額投資非課税制度(NISA)です。

一般口座と特定口座の取引では、取引で発生した利益と配当に対して、所得税15%と住民税5%の20%(2037年までは復興特別所得税が上乗せされて20.315%)が課税されますが、NISA口座で取引は年間120万円までの範囲内で、取引の利益と配当が非課税となります。

非課税枠の範囲内で何回でも取引できる

NISA口座での取引が非課税となるのは、1年ごとに購入金額ベースで120万円まで。投資資金が10万円なら、12回の売買ができます。2~3カ月ごとに売買したとしても、すべての取引が非課税となるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

口座開設では、取引手数料が安い証券会社を選ぶことも大切です。NISA口座の取引について手数料を優遇するサービスを提供しているところもあります。

少額でも分散投資はできる

少額投資では特定の銘柄に集中投資をするため、資金を一気に失ってしまうリスクがあります。そうならないためには、投資金額の半分以上を特定の銘柄につぎ込むのは避けましょう。1銘柄あたり2~3万円、これを数銘柄に分けて投資したいところです。

ただし、投資対象となる個別銘柄は低位株やボロ株であることが多く、投資対象として適切とは言えません。

ミニ株やるいとうを活用する

一単元で10万円を超える資金が必要な銘柄の買い付けには、ミニ株るいとうの利用を検討しましょう。

どちらも単元株と比べると取引の自由度は下がりますが、少額でも日本を代表するような銘柄に投資できるのは大きな魅力と言えます。

銘柄選びの手間を省くならインデックスファンド

銘柄選びは株式投資のだいご味ですが、経験を積んでも確実に値上がりする銘柄を見つけられるわけではありません。確実な資産形成を目的とするなら、株価指数(インデックス)に連動する投資信託(インデックスファンド)や、上場投資信託(ETF)が選択肢となります。

指数に連動するインデックスファンドやETFに投資をすることで、少ない投資金額でも幅広い銘柄に分散投資することができます。

リスクヘッジに役立つインバース・レバレッジETF

ETFの中には、商品先物を対象とするETFをはじめ、インデックスの数倍の値動きを目指すレバレッジETFやインデックスとは反対の値動きをするインバースETFがあります。

インデックス以外を対象とするこれらのETFに投資をすることで、株式以外の資産にも分散投資を実現できるので、株価の値下がり局面でも一定の下支えが期待できます。

まとめ

貯蓄から投資への掛け声の下に、ネット証券を中心に少額の資金でも投資しやすい環境は着々と整えられてきました。しかし、投資資金が少ないからこそ、一獲千金を狙うのは禁物です。

かけがえのない投資資金をまとめて失わないためにも、時間をかけて低リスクで着実に利益を出すことを心がけましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。