株の教科書.com

0

株式投資の失敗あるある話

株式投資の失敗あるある話

株の知識レベル:★★★☆☆

株式投資をしていると、うまくいくこともあれば、失敗することもあります。そんな失敗の中でも、多くの人たちが経験している「あるある話」。そんな話を聞いて、「そうなんだ」と思ったり、「自分も同じことをした!」と共感したりするだけで終わっていませんか? どうしてそうなったかを考えれば、陥りがちな失敗をせずに、より大きな利益を上げるための教訓にすることができます。

あまり意識せずに売買して、高値づかみ、底値売り

1つ目のあるある話は、「高値づかみ・底値売り」です。今が買い時(売り時)だと取引したのに、その後値下がり(値上がり)してしまい、もう少ししてから買えば(売れば)良かったと後悔するパターンです。このパターンには、決算発表などの材料が出たときに飛びついて失敗するというのも含めることができます。
こういった失敗を繰り返す人は、「自分が買うと値下がりして、売ると値上がりする」と自虐的に口にすることもあります。

なぜ今取引するのか、他の投資家の目線でも考えること

高値づかみ・底値売りをしてしまう理由には、「直感に頼りすぎて売買している」可能性があります。これから株価が上昇しそうかどうかをチャートや板を見て、直感的な判断だけでうまくいく人は、極めて限られています。こういったことは、材料が出たときにしてしまいがちです。
決算が発表され、営業利益が大幅に上がったというところだけを見て買ったものの、どんどん値下がりしてしまうことがあります。こういった場合は、他の投資家が会社発表の決算よりも良い結果を期待していたため、期待外れだとして売られているなどの理由があります。
買いたい・売りたいと思っても、すぐに注文せずに、チャートや板情報などを通して他の投資家がどう思っているのかを分析してから取引するようにしましょう。

含み損の株式をいつまでも塩漬けにしてしまう

含み損の株式をいつまでも塩漬けにしてしまう

2つ目のあるある話は、「塩漬け」です。買った株が値下がりしてしまったけれども、「いつかは上がるはずだ」と信じて、その株を保有し続けるというものです。値下がりした株を買い増しして平均購入単価を下げる「ナンピン」も、考えようによっては塩漬けの一種と言えます。
塩漬けやナンピンをしたもののうまくいかず、損失が想像以上に大きくなってしまうことがよくあります。

どこかのタイミングで損切りをするルールを作っておく

塩漬けやナンピンで失敗するのは、「損失が○○万円になったら、売却してしまう」といった損切りルールを作っていないことが原因です。
含み損が大きくなってきているということは、買ったときに予想していたシナリオが崩れたということです。にもかかわらず、買った時よりも値上がりするはずだと自信を持ち続けているから失敗してしまうのです。
例えば1,000円で買った株が800円に値下がりしていたとします。これがすぐに1,000円に戻る(25%値上がりする)でしょうか。理由があって大きく値を下げたひとつの銘柄に賭け続けるよりも、他の銘柄も含めて考えて、5%でも10%でも値上がりする銘柄を探す方がうまくいくのではないでしょうか。

仕手株に手を出して大損してしまう

最後のあるある話は、「仕手株で大損してしまう」というものです。
値動きの大きさに魅力を感じ、一獲千金を狙って手を出したものの、失敗して大きな損失をこうむった経験をしている人は少なくありません。仕手株はいつ上昇するか、いつ暴落するかが全くと言っていいほど予想がつかないため、ベテラン投資家でも利益を出すのは難しいものです。

仕手株には手を出さず、コツコツ増やすことを意識する

株式投資の初心者は、仕手株には手を出さないことです。それは、どのような値動きをするか、どのようなリスクがあるのかなどがわかっていないうちに、値動きの良さだけを見て取引をしようとしてしまうからです。人気化している仕手株の取引するのであれば、そのリスクを十分に理解した上で、失敗しても問題ない範囲の資金で取引するようにしましょう。
仕手株の投資では、大きな利益を得られることもありますが、失敗することがほとんどです。トータルでは資金を簡単に何倍にも大きくすることができるものではありません。少なくとも初心者のうちは、仕手株よりも、普通の銘柄に投資してコツコツ増やすことを意識するべきです。

まとめ

ここで紹介したような「あるある話」は、多くの個人投資家が経験したことがあるものです。裏を返せば、強く意識していないと、誰もがついついやってしまうことと言えます。そんな失敗を重ねてしまうことで投資成績が伸び悩んでいる人が多いため、意識して「あるある話」をしないようにすることができれば、投資成績を向上させやすくなるはずです。誰もがやりがちな失敗を避け、少しでも早く株式投資の中級者・上級者を目指しましょう。

大阪でファイナンシャルプランナーとして活動。
資産運用に関する記事やビジネス関連の記事を多数執筆。
総合評価
(0)
Pocket