初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

1つでも共感したら投資方法を見直そう!株の失敗あるある3選

1つでも共感したら投資方法を見直そう!株の失敗あるある3選

株の教科書.com編集部
株の教科書.com編集部
記事の難易度:★★☆☆☆

株式投資をしていると、うまくいくこともあれば、失敗することもあります。そんな失敗の中でも、多くの人たちが経験している「あるある話」。貴重な体験を聞いても、ふ~んと思ったり、自分も同じことをしたな~と共感したりするだけで終わっていませんか?

今回は、投資経験に関わらずリスク回避の参考になる株式投資の失敗あるあるについて見てみましょう。

あるあるその1「高値づかみ・底値売り」

損ばかり大きく利が小さい「高値づかみ・底値売り」

1つ目のあるあるは「高値づかみ・底値売り」です。これはだれしも一度は経験するのかもしれません。今が買い時だと取引したのに、その後すぐ値下がりしてしまい、もう少ししてから買えば良かったと後悔するパターン。決算発表などの材料が出たときに飛びついて失敗するというケースもよく見られます。

直感だけに頼りきらない。ロジックに基づく投資

この失敗あるあるを繰り返す人は「いつも自分が買うと値下がりして、売ると値上がりするんだ!」と自虐する人もいますが、高値づかみ・底値売りの原因として、直感に頼りすぎた売買をしている可能性があります。

こんなあるあるを避けるには、買いたい・売りたいと思ってもすぐに注文せずに、チャートや板情報などの分析を通して他の投資家がどう思っているのかを分析してから取引するようにしましょう。

あるあるその2「塩漬け」

売るに売れない「塩漬け」

2つ目のあるあるは買った株が値下がり続きなのに、いつかは値上がりすると信じて保有し続ける「塩漬け」です。

ちなみに、値下がりした株を買い増しして平均購入単価を下げる「ナンピン」は、塩漬けにする前段階。下げ止まらないのにナンピンをだらだらと続けて、損失が大きく膨らんだ株式を「いつかは値上がりする」と信じて持ちつづける…。まさに塩漬けのあるあるネタです。

塩漬けを防ぐには損切りルールを作って守る

塩漬けやナンピンで失敗するのは「損失が○○万円になったら売る!」といった損切りルールを作っていないか、作っても徹底していないことが原因です。含み損が大きくなっているのは、購入時に想定していたシナリオが崩れたということです。それなのに、値上がりするはずだと自信を持ち続けているから失敗してしまうのです。

理由があって大きく値を下げたある銘柄を持ちつづけて資金を拘束するよりも、他の銘柄も含めて見直すことで、損失をカバーする値上がりが期待できる銘柄を探す方が、より早く回復が期待できます。

あるあるその3「仕手株に手を出してしまう」

値動きの大きさが魅力でありリスクである仕手株

最後のあるあるは「仕手株に手を出してしまう」というものです。値動きの大きさに魅力を感じて手を出したら、すでに下落局面。急降下する株価に涙を呑んで損切りをした経験のない投資家はいないと言っても過言ではありません。

ハイリスク・ローリターンな仕手株には手を出さない

仕手株は仕手筋の思惑一つで値段が決まるため、値上がり・値下がりのタイミングは全く読めません。経験の有無にかかわらず、仕手株には手を出さないことが賢明です。

仕手株よりも普通の銘柄に投資して、コツコツ増やすことを意識するべきです。

まとめ

ここまで見てきたような「あるある話」は、多くの個人投資家が経験したことがあるものです。裏を返せば、強く意識していないと誰もが陥るワナと言えます。「あるある」を意識して避けるようにすれば投資成績を向上させやすくなるはずです。

誰もがやりがちな失敗を回避して、少しでも早く株式投資の中級者・上級者を目指しましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。