初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0
年末年始に株価が上がるのはなぜ?年末に投資したい銘柄とは

年末年始に株価が上がるのはなぜ?年末に投資したい銘柄とは

徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

明確な根拠がないにも関わらず、株価が上昇することをアノマリーと言います。例年、クリスマス、年末にかけて株価が上昇する掉尾の一振(とうびのいっしん)など、相場にアノマリーは付きものです。

マーケットとうまく対峙するには、これらの経験則を知ることが重要。今回は、掉尾の一振がおきる背景や、年末の株価変動の傾向について分析してみたいと思います。

年末に株価が上昇するという格言「掉尾の一振」

掉尾(とうび)とは物事の終わりになって勢いを振るうこと、一振(いっしん)とは勢い良く物事を振り切る様を表します。それぞれの言葉の意味合いを考えると、掉尾の一振の意味も理解しやすくなるでしょう。

掉尾の一振は年末にかけて株価が勢いよく上昇する様を表しています。年始に株価が上昇するご祝儀相場もさることながら、クリスマスから年末にかけての株価上昇は非常に信頼感があります。

特に、近年のデータをひも解くと、2008年から2013年までは6連勝。この間、日経平均はすべて11月末時点の株価をアウトパフォームしてきています。2014年は小幅に11月末時点の株価を下回ったものの、その後もおおむねアノマリーに沿った動きをしています。

2009年と2012年は10%を超える大幅上昇。

過去10年来の年末の株価推移を見てみると、特に2009年と2012年は10%を超える大幅な株価上昇を記録しています。11月末時点からの上昇率を確認してみると、それぞれ12.8%と10.0%です。

また、2005年以降の過去の上昇率の平均値を計算してみても、単月で4%を超える高パフォーマンス。「セル・イン・メイ」や「節分天井、彼岸底」とならび、信頼度の高いアノマリーと言えます。

年末年始の株価が上昇する理由

掉尾の一振が起こる背景には、機関投資家やファンド等の運用主体が年末にまとまった買い注文を入れる「ドレッシング買い」があると言われています。

これらの運用主体には、期末要因や保有資産額の時価評価を向上させたい思惑があるのです。また、株式の評価額をつり上げるという側面も持っているのです。

ご祝儀相場への期待感が買いを後押し

年始は株価が上昇しやすい傾向にあることをご存知の方は多いと思います。おめでたいことや、景気の良いことが起こると、マーケットに買いが集中する「ご祝儀相場」の影響です。これも掉尾の一振と同じく、アノマリーと言うことができます。

掉尾の一振は新年度相場入りへの準備期間。ご祝儀相場の時期に合わせるために、年末に買い注文を入れるわけです。これにより、年末の株価が上昇するのです。

マーケットの変動には投資家心理が非常に大きく左右します。アノマリーを狙った投資をすることは、投資家心理を逆算して分析することが重要なのです。

年末に投資したい銘柄は?

年末に投資したい銘柄は?

具体的にどのような銘柄に投資をすると年末にチャンスがあるのでしょう。わかりやすいところだと、米国市場に上場している外国株、アマゾンはその代表格です。

ネット通販のAmazon.comや月額動画のアマゾンプライムは、日本人にも馴染みがありますし、時価総額が50兆円を超える今でも成長企業。投資初心者でも安心して買える銘柄です。年末商戦は11月末のブラックフライデーを皮切りに、クリスマス前後まで充分なチャンスがあります。

また、中国発のネット通販大手、アリババにも注目です。2017年に入り、一時時価総額がアマゾン越え。こちらも年末にかけて買いが集まりやすい銘柄のひとつです。

クレジットカード決済会社にも注目しておく

年末にeコマース関連銘柄が注目されるのはわかりやすいと思います。クリスマスや中国のシングルデーには季節柄買いが集まりやすい時期なのです。では、アマゾン等で購入された商品の決済はどのように行われるでしょう?

ネット通販での決済はクレジットカードが主流です。特に、アメリカでの決済シェアが高いアメリカン・エクスプレスには要注目。利回りも1.5%程度あり、比較的投資しやすい主体です。クレジットカード決済会社にも注目しておくと良いでしょう。

まとめ

アノマリーには少なからず、株価変動が起こる要因があります。投資の精度を高める為には、株価変動の背景を分析することが重要です。

また、個別銘柄の変動にも理由があります。季節性、投資家心理、簡単なことでも構いません。季節性と投資家心理を結び付けることが上昇銘柄を掴むポイントです。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。