初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

暴落に強い銘柄には特徴があった!下落しづらい銘柄の傾向とは

暴落に強い銘柄には特徴があった!下落しづらい銘柄の傾向とは

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

個別銘柄にはそれぞれ値動きの特徴がありますが、上値が重い銘柄があれば下値が堅い銘柄があり、為替に敏感な銘柄や鈍感な銘柄など、銘柄ごとに値動きが違います。では、市場全体が落ち込むときに強い銘柄とはどのような銘柄なのでしょうか。

今回は、銘柄の実例も交えながら暴落に強い銘柄を探っていきます。

暴落に強いのはこんな銘柄

暴落に強い銘柄を考えるポイントは、その企業の時価総額です。時価総額が数十億円程度と比較的小規模な東証マザーズ上場企業は値動きが非常に荒く、上げ足・下げ足ともに早い傾向があります。反対に、時価総額が数千億円から1兆円を超える東証一部上場企業は比較的値動きが安定していて、暴落に強いと言えます。

業種別に見た暴落に強い銘柄は、鉄道・通信・銀行といった内需関連銘柄です。内需関連銘柄の特徴は海外の動向に業績を左右されにくいこと。国内経済や業績が堅調であれば、連れ安になるとは考えにくいのです。

暴落時にも上昇する銘柄がある

内需関連銘柄は収益の大部分を国内で稼ぐため、国内経済が安定している限り暴落リスクは少ないと言えます。実際に近年の状況でも他の業種に比べて下落幅が少なく、比較的安定した推移を見せています。

2015年末から2016年初頭にかけて日経平均が3,000円近く暴落したときには、多くの銘柄が投げ売りされました。そんな状況下でも西日本鉄道(9031)は20%以上の上昇を記録しています。もちろん、個別で好材料が発表された影響もありますが、相場暴落時でも非常に力強い推移となりました。オリエンタルランド(4661)も同様で、ディズニーリゾートの売り上げ好調により外部要因を吹き飛ばす展開になりました。この両者の値動きは、内需株の暴落への強さを表していると思います。

相場下落時に買われやすい銀行株にも注目

金融関連銘柄も、相場の下落時に買われやすいことが特徴です。特に、円高がもたらす株安時には買いが集まりやすい傾向にあります。現状の相場を見ると、金融関連銘柄のうち、銀行株は非常に割安であるだけではなく配当利回りも高止まりしているので、株価を見ても非常に魅力的な銘柄と言えます。相場が下落したときに押し目で拾っていきたい銘柄の一つです。

3大メガバンクは総じて割安に放置されている

ここ数年での顕著な業績低迷や大規模なリストラ、さらには新卒採用者数の大幅削減など、銀行株は長い苦境に立たされていましたが、すでに相当な割安水準まで売り込まれています。直近の10倍を下回る株価収益率(PER)の水準が、割安度合いを表しています。

特に、みずほフィナンシャルグループ(8411)のPER8倍程度、三井住友フィナンシャルグループ(8316)もPER10倍を下回る状況です。配当利回りも3.5%を超えていて、何より買付金額が数万円から10万円程度と、非常に投資妙味のある株価水準です。

米国の国際優良銘柄も暴落に強い

外国株には抵抗がある投資家も多いと思いますが、米国株の国際優良銘柄は暴落に強いので見逃せない銘柄と言えます。

値下がり局面では実際に強みを発揮

過去10年に限っても、2008年のリーマン・ショックと世界金融危機、2010年の欧州債務危機や2015年のチャイナ・ショックなど、歴史的な値下がりは何度かありました。そんな中でも、コカ・コーラ(KO)やジョンソン・アンド・ジョンソン(JNJ)、プロクター・アンド・ギャンブル(PG)など、世界規模でシェアを握る企業の株価は底堅く、相場の暴落に強いことが証明されています。

まとめ

内需関連銘柄は株価暴落時にも下がりづらい傾向にあります。円高への抵抗力も非常に強く、海外景気に大きく左右されることはありません。個別銘柄への投資では、配当利回りやPER、PBR等の水準を確認しながら投資を検討していきたいところです。

海外株への投資を検討するなら、値下がり局面に強い米国株式の国際優良銘柄を中心に検討することで、安定した成績が期待できます。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。