初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

株価暴落に強い銘柄には特徴があった!下落しづらい株の傾向とは

株価暴落に強い銘柄には特徴があった!下落しづらい株の傾向とは

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

個別銘柄にはそれぞれ値動きの特徴があります。上がりそうで上がらない上値が重い銘柄があれば、下がりづらい下値が堅い銘柄もあったり、為替に反応しやすかったり、銘柄ごとに値動きが違います。

では、市場全体が落ち込むような株価暴落のときに強い銘柄とはどのような銘柄なのでしょうか。今回は、銘柄の実例も交えながら暴落に強い銘柄を探っていきます

暴落に強いのはこんな銘柄

暴落に強い銘柄を考えるうえで重要なことは、その企業の時価総額です。マザーズ市場に上場しているような、時価総額が数十億円程度の企業は日々の値動きが非常に荒くなります。つまり、株価の下落が早いのです。

逆に、時価総額が数千億円から1兆円を超えるような企業は、値動きが安定しているため暴落に強いと言えます。個別に悪材料が出ない限り、10%を越えるような下落はあまり考えにくいでしょう。

業種別に考えると、暴落に強い銘柄は内需関連株、具体的には鉄道・通信・銀行等です。内需株の特徴は海外の動向に業績を左右されないこと。海外発の株価下落なら特にマイナス影響を受けることはありません。国内の経済基盤や自社の業績が堅調であれば、暴落に伴って株価が下落することは非常に少ないのです。

海外景気の影響を受けやすい銘柄には注意

為替の変動に影響を受ける"為替感応度の高い銘柄"には注意が必要です。海外の景気動向の影響を受けやすく、円が買われる状況になると下落が続きやすくなります。

特に暴落時は急激に円高になる可能性が高くなるため、輸出関連株に投資をする際は注意が必要です。

暴落時にも上昇する銘柄がある

暴落時にも上昇する銘柄がある

鉄道株は収益のほとんどを国内で稼ぐため、国内景気が不安定にならない限りは暴落リスクは少ないと言えます。実際に近年の状況でも他の業種に比べて下落幅が少なく、小じっかりした推移を見せています。

2015年末から2016年初頭にかけて日経平均が3,000円近く暴落して多くの銘柄が売られる状態になりました。そんな状況下でも西日本鉄道20%以上の上昇を記録しています。もちろん、個別で好材料が発表された影響もありますが、相場暴落時でも非常に力強い株価推移になりました。

オリエンタルランドも同様で、ディズニーリゾートの売り上げ好調により外部要因を吹き飛ばす展開になりました。この両者の値動きは、内需株の暴落への強さを表していると思います。

相場下落時に買われやすい銀行株にも注目

銀行株も相場の下落時に買われやすいことが特徴です。特に、円高がもたらす株安時には買いが集まりやすい傾向にあります。

現状の相場をみると銀行株は非常に割安です。配当利回りも非常に高く、株価を見ても非常に魅力的な状況。相場が下落したときに押し目で拾っていきたい業種のひとつです。

3大メガバンクは総じて割安に放置されている。

ここ数年での顕著な業績低迷、大規模なリストラ、さらには新卒採用者数の大幅削減など、銀行株は長い苦境に立たされていました。しかし、上述した通りすでに相当な割安水準まで売り込まれています。直近の10倍を下回るPERの水準が、割安度合いを表しています。

特に、みずほフィナンシャルグループのPERは8倍台に据え置かれています。三井住友フィナンシャルグループもPERが10倍を下回る状況です。配当利回りも3.5%を超え、非常に投資妙味のある株価水準です。

米国の国際優良銘柄も暴落に強い

外国株には抵抗がある投資家も多いと思いますが、米国の国際優良銘柄は暴落に強い特徴を持っています。

マーケットはここ10年来、様々な暴落を経験してきました。リーマンショックや欧州債務不安、そしてチャイナショック。米国に端を発するリーマンショックの時でも、コカ・コーラやジョンソン・アンド・ジョンソン、プロクター・アンド・ギャンブル等はそれほど大きく値を下げませんでした。米国上場の国際優良銘柄も、相場の暴落に強いことが証明されています。

まとめ

鉄道、銀行等の内需関連銘柄は株価暴落時にも下がりづらい傾向にあります。円高への抵抗力も非常に強く、海外景気に大きく左右されることはありません。配当利回りや、PER、PBR等の水準を確認しながら投資を検討していきたいところです。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。