初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

株とFX、始めるならどっち?代表的な2つの資産運用の違いとは

株とFX、始めるならどっち?代表的な2つの資産運用の違いとは

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★☆☆☆☆

個人投資家の資産運用方法といえば「株式投資」と「外国為替証拠金取引(FX)」が代表的ですが、この2つはどのような点で違うのでしょうか。

今回は株とFXの違いについて掘り下げていきます。「資産運用を本格的に始めてみたいけれど、自分に合った投資先が分からない」「それぞれのメリットとデメリットを知りたい」という人はぜひ参考にしてください。

株とFX、それぞれの投資先はどこになる?

株式投資での投資先は「企業」になります。株価は国全体の景気動向に大きく左右されますが、企業業績や新商品開発などのニュースにも大きく影響されます。

株式投資では、企業の業績や今後の見通しを立てて株式を買います。自分の予想が当たって株価が上昇したところで売却すると、利益を得ることができます。

一方、FXの投資先は「通貨」になります。毎日1ドル=◯円というニュースを見ますが、その通貨に投資するのです。

通貨といっても、有名な米ドルだけではありません。ユーロ、英ポンドといったよく聞く通貨はもちろん、南アフリカランド、スイスフランなど日本に住んでいるとあまりなじみがない通貨にも投資することができるのです。2つの通貨を組み合わせてトレードし、為替が予想通りに動けば為替差益が手に入ります。

注文時間の違いも覚えておこう!

投資先以外にも株とFXには違いがあります。それは「注文時間」です。株の注文時間は株式市場が開いている9時~15時(11時半~12時半は休憩時間)ですが、FXはほぼ24時間取引可能になっています。これは、各国で時差があり、通貨の取引時間が違うためです。

しかし、株式投資でも一部の証券会社では取引所金融商品市場外取引(PTS)というシステムを使って時間外注文を受け付ける証券会社があります。PTSは取引参加者が少ないため、取引が成立しない恐れもあることに注意して利用しましょう。

長期保有・短期で売買、どちらが向いている?

株もしくはFXで取引する場合、長期保有か短期売買か迷うところです。こちらは人それぞれとしかいえません。株にもFXにもデイトレーダーと呼ばれる日々頻繁に取引する人がいますし、中長期保有してじっくりと利益を狙う人もいます。

デイトレードならば、取引時間を十分に取ることができるかの確認、中長期保有の予定ならば、すぐに希望通りの利益が得られるとは限らないことを覚悟しておかないといけません。自分のスタイルに合った投資方法を見つけていきましょう。

長期保有すると得られるものがある?

企業業績が好調であれば、「配当金」や「株主優待」という形で株主還元が実施されます。

FXで配当金や株主優待に近いものとして、2つの通貨の金利差から生じる「スワップポイント」は無視できません。超低金利が続く日本円と比較すると金利が高い国は少なくないため、外国通貨への投資はスワップポイントを狙う取引では魅力的な選択肢です。

株式・FXともに価格変動の影響を受けますが、長期保有によるメリット・デメリットがあることを理解しましょう。

株とFX、リスクが高いのはどっち?

株式投資とFX投資、どちらも恐れられるのは急激な価格変動ではないでしょうか。値動きが激しいのはどちらかも気になるところです。

株価は銘柄によって変動の幅は大きく、株価が10倍ほど高騰することが期待される「テンバガー」と呼ばれる銘柄から、よほど大きなニュースがないとなかなか動かないものもあります。

変動率が低い業界で代表的なものは食品関連業界です。生活に必要不可欠な食品は、景気の影響を受けにくいと考えられているのでしょう。

では、FXはどうでしょうか。日本でもなじみのある米ドルやユーロは、ニュースでもよく取り上げられて情報を得やすいことや流通量の多さから、比較的値動きが読みやすいようです。

反対に、豪ドル、NZドル、南アフリカランド等は流通量が少ないためか価格変動率が大きく、多くの利益を得たいと思う投資家には最適の投資先ではあるでしょう。ですが、情報量が多いとはいえず、売買のタイミングを計るのが難しいかもしれません。

株もFXも銘柄・通貨によって変動率が違うため、リスクも違います。自分がどのくらいのリスクまで許容できるか考えてから投資した方がいいでしょう。

レバレッジを考えて取引しよう

現物株取引では、自分の投資した金額分しか株式を購入できませんが、信用取引を使うと、証拠金として差し入れている金額を上回る金額の取引ができるようになります。レバレッジ(てこ)をかけることができるのです。

当然ですが、レバレッジが大きくなればなるほどリスクも増大していきます。自分の思っている方向に相場が動かなかった場合、追加証拠金の請求をされることや、強制決済(ロスカット)をされる可能性があることも頭に入れておいてください。

レバレッジをかけた取引をする際は、大きい倍率で取引できるFXの方がリスクが高いと言えるでしょう。初心者の時期は、無理せずに低い倍率から始めるようにしてください。

まとめ

個人投資家の代表的な運用先ともいえる株とFXですが、さまざまな違いがあることをご紹介しました。情報が得やすい方はどちらか、短期・長期保有どちらを選びたいか、リスクはどのくらいまでならば許容できるか、などをよく考えた上で投資方法を決めるようにしましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。