初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

配当金で生活するための株式投資とライフスタイル

配当金で生活するための株式投資とライフスタイル

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

長引く低金利により、銀行預金だけでは資産形成を担えません。読者の中には、配当金だけで生活しようと考える人もいるでしょう。配当金生活にはまとまった投資資金が必要ですが、不可能かといえばそんなことはありません。

今回は配当金生活を目指して株式投資をするときのポイントやセオリーについて、大まかに見てみましょう。

高配当銘柄投資の鉄則は「バリュー株投資」

配当金目当ての投資をするにあたって、高配当銘柄を購入することはセオリーです。では、具体的にどのような銘柄を選べばよいのでしょうか?ポイントとなるのはリスク回避。できるだけ値動きが安定している銘柄を選定するべきです。

長期にわたり割安に放置されている銘柄を、割安株(バリュー株)と呼びます。購入時点では商いも少なく、安値圏で放置されている可能性が高いので、将来的な値上がり要素も内包しています。リスクを最小化する上でも、配当狙いの株式投資ではバリュー株の長期保有が鉄則です。

海外の高配当銘柄への投資も視野に入れる

配当金狙いの投資をするときには海外株に目を向けることも重要です。米国には割安で高配当な優良銘柄がごろごろ眠っています。ダウ平均指数に採用されるような国際優良銘柄でも、利回りが5%を超えるものも存在します。

また、比較的値動きが安定している先進国株式の中から投資先を選ぶことも有効な手段の一つ。あまりなじみがない株式からピックアップしてみると、オーストラリア株式は比較的利回りが高いことで有名です。こちらも合わせて確認してみると良いでしょう。

利回りを追い求めるか、投資資金を増やし続けるか

配当金狙いの投資において、そのアプローチの手法は大きく分けて二つ存在します。利回りを追求するアプローチと、投資額を増やし続けるアプローチです。

両者共に重要ですが、どちらに重きを置くかはそれぞれの投資方針次第。例えば、年間500万円の配当金を得るためには、利回り5%の運用であれば1億円の投資資金を用意する必要があります。一方で、利回りを向上させれば、元手はこれよりも少なくて済みます。投資資金と利回りという両方の側面から、効果的にアプローチすることが重要といえるでしょう。

利回りよりも重要?優待利回りという視点

年間500万円の配当収入を得るためにはここまで見てきたように多額の資金が必要になりますが、優待利回りを高めることで、投資額の削減が期待できます。

優待利回りとは、配当利回りに優待で獲得した商品の価値を合算した利回りです。例えば、ある銘柄に100万円投資したときの配当利回りが3%だったときに、株主優待として1万円分のクオカードがあれば、優待利回りは4%となります。

配当目的の投資では、優待利回りの視点も非常に重要なのです。

株主優待が充実している銘柄を選べば投資額も削減できる

配当重視の投資においては、優待利回りの視点が非常に重要です。ここからは、その効果について具体的に確認して行きましょう。

優待利回りが充実していることのメリットは、投資額を削減できることです。例えば、食品関連の優待はいかがでしょう。多少配当金によるインカム収入が減ったとしても、食費代を浮かせることができます。また、航空会社の優待も売ることで手持ち資金を増やすことができます。

配当で生活したいのであれば、積極的にこういったアプローチもする必要があります。配当メインの投資では、とにかく優待利回りに注目して、優待を充実させることを重視するなど、通常の株式投資とは異なる投資アプローチが求められます。

ミニマリスト的なライフスタイルも検討してみては?

配当金収入も限られていれば、優待で獲得できる食料品も限られています。必要最小限のものだけの暮らしで幸せを感じられる人、つまりミニマリストであることが求められるのです。

豊かさを感じる物差しは人それぞれ。配当金生活はミニマルなライフスタイルを好む人には適した投資手法といえるかもしれません。

まとめ

配当金生活を考えるのであれば、まとまった投資資金を準備することは欠かせません。一方で、配当利回りや優待利回りを高めることで、投資額を減額することも可能です。自身のライフスタイルに照らし合わせて、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。