初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0
株を始めるあなたにおすすめ!株・投資がテーマの映画4選

株を始めるあなたにおすすめ!株・投資がテーマの映画4選

徳田陽太
このエントリーをはてなブックマークに追加
株の知識レベル:★☆☆☆☆

金融は経済の血液とも言われます。特に、直接金融の担い手である、証券会社が果たす役割は非常に大きく、そのビジネスも非常にダイナミックです。また、近年ではヘッジファンドの台頭も顕著で、1,000億円単位の役員報酬をもらう経営陣も少なくありません。

株や金融の世界は、フィクションでは描ききれないほどのダイナミズムがある仕事。そんな非日常感を味わえる、スリルに溢れた映画4作品をご紹介します!

株・投資といえば、やはり「ウォールストリート」

ウォールストリート

世界金融の中心地はウォールストリート。これに異論を唱える人はいないでしょう。この作品を見ずして金融映画は語れません。

2010年にマイケル・ダグラス氏が主演を務めることで話題を集めた映画で、1987年に公開された金融サスペンス映画「ウォール街」の続編。前作に続きオリバー・ストーン氏が監督を務めました。

愛と欲望。どちらを取るかスリリングな駆け引き

現代のウォール街を舞台に、リアリティ溢れるマネーゲームが展開されます。ウォール街で働く、若き金融マンの勤め先が突然破綻。背景には、ウォール街の黒幕の仕業がありました。その黒幕に復讐をするために、シャイア・ラブーフ演じる若き金融マンが、マイケル・ダグラス演じるゴードン・ゲッコーを訪れます。しかし、ゲッコーの娘と若き金融マンが恋仲の関係にあるのです。

ざっくりなあらすじではありますが、一度に恋愛サスペンスと金融サスペンスが楽しめる名作です。また、現代のウォールストリートが舞台なだけあって、金融の本場にトリップしたような気分も味わえます。

投資家や金融マンにとって、ウォールストリートは憧れの地。ぜひ、本場の雰囲気を味わってみてください。

邦画における金融映画の名作は「ハゲタカ」

ハゲタカ

邦画における、金融映画の名作はハゲタカと言えるでしょう。一時、ハゲタカファンドなる言葉が世間を賑わせたことをご存知の方もいらっしゃると思います。

1997年の日本における金融危機では、山一證券が廃業、さらには拓殖銀行も破綻に追い込まれました。これをきっかけに国内企業も破綻ラッシュ。これらの企業を安く買い叩いたのがハゲタカファンドです。外資系のファンドがこぞって日本に進出しました。

映画におけるハゲタカもまさにこの構図。日本の大手企業に外資系のファンドが買収を仕掛けます。

映画とは思えないリアリティさが魅力

海外資本に買収されようとしているアカマ自動車。それを救済する為に、ファンドビジネスのカリスマが立ち上がります。中国資本の、超巨大ヘッジファンドが相手で、アカマ自動車の救済に四苦八苦。両者の思惑が火花を散らし、劇中もスリリングな駆け引きが続きます。

ヘッジファンドのダイナミズムを感じたいならこの作品。未だに色あせぬ名作です。

すがすがしいほど痛快!「ウルフ・オブ・ウォールストリート」

ウルフ・オブ・ウォールストリート

アメリカンドリームを凌駕する、いわばウォールストリートドリーム。ウォールストリートで働く証券マンの人生をもとにしたノンフィクションです。

出演者も非常に豪華で、主人公のジョーダン・ベルフォード役にはレオナルド・ディカプリオ。その恋人役にはマーゴット・ロビー。さらに、監督は巨匠、マーティン・スコセッシ。面白くない訳がないですね!(※若干下品な表現も含まれているので、女性が閲覧する際にはご注意を。)

クズ株のセールスから、証券会社のCEOへ

22歳で投資銀行の世界に飛び込んだベルフォード。学歴やコネがないものの、並外れた営業力で、クズ株ですら売りまくる。その後、26歳で証券会社を設立し、年収4,900万ドルを受け取る超成功者に。

ここまでであれば、ただのサクセスストーリーですが、これで終わらないのがこの映画の面白いところです。ドラッグや女性に溺れ、さらには警察を超えてFBIすら動かしてしまいます。これが実在した話なのだから本当に信じられません

日本では考えられないウォールストリートの夢物語。ノンフィクションでありながら、フィクションのような金融の世界を感じられる痛快な作品です。

リーマンショックと勝負したノンフィクション、「マネーショート」

マネーショート

2016年に公開され、日本でも話題を呼んだ、マネーショート。キャストも非常に豪華で、ブラッド・ピットやライアン・ゴズリングが名を連ねます。

ストーリーはノンフィクション。サブプライムローンの破綻を予測した4人のトレーダーが大手金融機関に空売りを仕掛けます。

リーマンショックの裏側を知ることが出来る

100年に一度と言われた金融危機リーマンショックの知られざる裏側を描いた名作。好況に沸く、ウォールストリートの実情とは裏腹に、4人のトレーダーは危機感を持っていました。日本にも多くの影響をもたらしたリーマンショック。ノンフィクションかつエンターテイメント性が溢れる作品です。

まとめ

株、投資、金融にまつわる映画は実在する話をもとにした作品が多いことが特徴です。金融の世界をフィクションで作り上げようとしても、ノンフィクションが上回ってしまうのです。

ヘッジファンドの経営陣は、世界一稼ぐアスリートの10倍以上の報酬を継続的に手に入れます。また、東証一部上場企業の売上に迫るほど報酬を受け取る経営者も実在します。それほど金融業界はダイナミズムに溢れる業界なのです。ぜひ、そのリアリティを映画を通して味わってみて下さい。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。