初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

安定型?バリュー株投資の特徴・メリットデメリット

安定型?バリュー株投資の特徴・メリットデメリット

徳田陽太
記事の難易度:★★☆☆☆

投資の世界にはさまざまな投資手法が存在しますが、代表的なものとして「グロース株投資」と「バリュー株投資」の2つが挙げられます。

グロース株投資はその名の通り、成長性の見込める株に投資をする手法。一方でバリュー株投資は割安株に投資をする手法を言います。

今回はバリュー株投資に注目して、そのメリットとデメリットについて確認して行ければと思います。

そもそもバリュー株投資法とは?

バリュー株投資とは上述した通り割安な株に投資をする手法であり、投資の際に、バリュエーション(企業価値産出)を重視することが一番の特徴です。この点がグロース株投資との最大の違いです。グロース株は投資家の期待を一身に背負い、相当な割高水準まで買われることがほとんどです。

グロース株投資が"縦追い"なのに対して、バリュー株投資は"安値拾い"。株式購入時のエントリーポイントが全く異なるのです。

一般的に、バリュー株投資は中長期での腰を据えた投資がメインとなり、早期での利益獲得は望みません。割安な株価水準で仕込み、中長期で利益獲得を目指すのが、バリュー株投資の極意なのです。

バリュエーションはどのように判断するか。

株価のバリュエーションを判断する際によく使われる指標は株価収益率(PER)です。PERの求め方は、株価を一株利益(EPS)で割ります。

つまり、一株あたりの利益に対して、どの程度まで株価が買われているかを確認することができるのです。PERを利用する際には同業比較が鉄則。同業種間でその値が低ければ低い程割安と判断されます。

また、テクニカルで見た時には移動平均線からの乖離(かいり)率が注目されます。言うまでもなく、移動平均線から下放れたときが割安なシグナル。先ほど、バリュー株投資は“下値拾い”と述べた理由はこの点にあるのです。

バリュー株投資法におけるメリットは?

バリュー株投資におけるメリットは、対象銘柄の値動きが比較的安定していることです。割安株に投資する訳ですから、日々の資金流入がそれほど多くないことがほとんどです。

また、グロース株投資に比べて、じっくり投資をできる点がメリットと言えます。デイトレードのように、日々パソコン画面に張り付く必要もありません。

基本的に中長期での投資を想定しますので、銘柄によっては安定的に配当を獲得することができます。この点もバリュー株投資をする上で大きなメリットと言えるでしょう。

長期投資で大化けの可能性もある。

安値拾いを基本とするバリュー株投資においては、下値不安もそれほどありません。日々の出来高もそれほどなく、凪のマーケットが想定されます。

しかし、まれに急騰する場合もあります。割安に放置されている銘柄は、急な資金流入時のインパクトが大きいため、出来高の伴った上昇を見せるケースもあります。特に、割安に放置されているテーマ株や、注目業種の出遅れ銘柄に比較的よく見られる光景です。

バリュー株投資法におけるデメリットは?

バリュー株投資法におけるデメリットは?

バリュー株投資におけるデメリットは、利益獲得までに時間が掛かることです。割安な銘柄とは、裏を返せば人気のない銘柄とも言えます。

投資家の多くが魅力的に感じる注目銘柄とは異なり、資金流入が乏しいケースが多々あります。よって、中長期に渡り、資金が寝てしまうケースがあるのです。この点はバリュー株投資の大きなデメリットのひとつと言えるでしょう。

必ずしも割安だから"買い"とは言い切れない。

一概に、割安だから優良銘柄かと言えばその限りではありません。基本的に、成長性が高いと想定される銘柄については、期待先行で買われ続けます。つまり、PERやPBRが高いケースがほとんどなのです。

裏を返せば、これらの指標が割安水準に放置されている場合は、それほど市場の期待感が高まっていない証拠とも言えます。

よって、割安だからといって必ずしも買いとは限りません。市場参加者の動向や同業比較など、さまざまな観点から投資判断することが重要なのです。

まとめ

バリュー株投資は、比較的値動きも少なく、投資初心者にはおすすめの投資手法と言えるでしょう。ポイントは注目業種の出遅れ銘柄を狙うこと。そもそも、投資先の業種に一定の注目がないと、将来的な資金流入は期待できません。

バリュー株投資においては、注目業種の中で出遅れ銘柄を探すことが大原則です。投資先の業種に一定の注目があれば、相当な悪材料がでない限り、買われる可能性が高まります。つまり、単純に指標のみで割安、割高を判断しても恩恵を受けられない可能性が高いのです。

バリュー株投資における成果は、株式購入時の戦略によって決まるのです。この点を強く意識して、銘柄を選ぶようにしましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。