初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

失敗に終わったダメな投資の6例

失敗に終わったダメな投資の6例

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★☆☆☆☆

株式投資をしていると失敗をすることもあります。失敗とは、深く考えずに投資したせいで損を招くことです。

今回は、考えずに投資して失敗に陥ってしまった個人投資家の事例をご紹介します。これらの失敗に経験がある人でもない人でも、今後の取引の参考にしてください。

売るタイミングを見誤る

株式投資で大切なのは、買うタイミングよりも"適切なタイミングで売却すること"と言われ、売却するタイミングを見誤って失敗する投資家は少なくありません。買った銘柄が値上がりして含み益になっているとき、「まだまだ上昇するはずだ」と考えて保有し続けた結果、値下がりして利益が少なくなってしまうのです。

売りのタイミングを見逃さないためには、購入時にどこまで上昇したら売却するか決めておくことです。また、売却するときにはいっぺんに売却するのではなく、一部売却して利益確定しておくのもいいでしょう。そうすれば残りでより大きなリターンを狙いに行くこともできます。

損が怖くてさらに損してしまう

含み損になってしまったとき、「いつか株価が戻った時に売れば損失にはならない」と塩漬けにしてしまうことがあります。損失を限定するためには、いくらまで下落したら損切りするか決めておくことが大切です。

損失を確定をするのが嫌だという理由で塩漬けすることは、資金を拘束して取引の自由度を下げることにもつながるので、得策ではありません。

一獲千金を狙って失敗してしまう

毎日更新される「値上がり率」や「値下がり率」のランキングを見ると、激しい値動きをしている銘柄を簡単に見つけることができます。しかし、その銘柄に飛びついても、失敗するケースがほとんどです。

株価が大きく動いた理由を理解せずに取引をするのは、投資ではなく投機です。投機がたまたまうまくいっても、それで間違った自信を持つことになれば、将来的に大失敗する危険性が高まります。

業務内容を理解せずに投資する

右肩上がりが続く銘柄は投資対象として見ると非常に魅力的ですが、業務内容などを理解せずに投資するのは非常に危険です。業務内容などを知らないと、会社に将来性があるか判断することはできません。

テクニカル分析を否定するつもりはありませんが、チャートでは優良銘柄に見えても、会社の業務内容や直近のニュースも参考に投資判断するべきです。

信用取引で限度額いっぱいまで投資する

自己資金の3倍程度の取引ができるレバレッジ効果で大きなリターンを見込める信用取引ですが、大きなリターンが得られるということは大きな損失が発生する可能性もあるということ。限度額いっぱいまで取引をしていると、わずかな値動きで追証が発生して、取引を手じまいしなければならなくなります。

余計なリスクを負わないためにも、信用取引の仕組みを理解した上で、無理のない金額での投資を心がけましょう。

信用取引で売りと買いを間違える

信用取引でありがちなもう一つの失敗が、売りと買いを間違えて注文を出すことです。注文画面には「買い注文」と「売り注文」が表示されますが、売りと買いをしっかり確認せずに取引をすると、予想通りの値動きをしているのに損失が発生するという悲しい結末に…。

信用取引に限ったことではありませんが、注文画面の最終チェックは念入りにしましょう。

まとめ

個人投資家がしてしまいがちな失敗を6つ紹介しましたが、これらは無意識に犯してしまいがちな失敗です。逆に考えればこれらをキチンと押さえておくことで成功に一歩近づけるということ。

一回ごとの取引で損失を出さないことではなく、トータルで利益を出すことを意識して、つまらない失敗をしないように心がけましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。