初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0
株初心者にもわかりやすい「金融商品取引法」のかんたんな解説

株初心者にもわかりやすい「金融商品取引法」のかんたんな解説

横山研太郎
記事の難易度:★★☆☆☆

証券会社や証券取引所などの、金融商品取引に関する業者等の規制をするための法律である「金融商品取引法」。この法律には金融商品取引に関する重要なルールが数多く定められています。そのおかげで私たち投資家は保護され、公正な取引環境が形成されているのです。

今回はこの金融商品取引法の概要と、そこに定められている重要なルールについて、株初心者の方にもわかりやすく解説します。

金融商品取引法が定められている目的とは?

金融商品取引法(以下、金商法)は、「証券取引法」として制定され、2007年に現在の名前に変わりました。株式や債券などの有価証券の発行や売買に関しての規制やルールを定めている法律です。

企業内容の開示制度、証券会社などの金融商品取引業者や取引所の規制を通して、金融商品等の公正な価格形成と取引を実現させようというものです。

金融商品取引業者とはどんな業者なのか

金融商品は、銀行預金と異なり、大きな利益が得られる可能性がある半面、損失が発生することもあるのが特徴です。そのため、金融商品の販売や取引をすることができるのは、限られた業者とその従業員だけです。

金融商品取引業者は、「第一種金融商品取引業」「第二種金融商品取引業」「投資助言・代理業」「投資運用業」の4種類に分かれており、株式投資の口座を開設する証券会社は第一種金融商品取引業にあたります。

そして、金融商品取引業者が行う金融商品の販売・勧誘等の業務(外務行為)は、外務員として登録された従業員しかすることができません。

金融商品取引法に定められているルール①

金商法には様々なルールが定められていますが、その中でも重要なものをいくつか紹介します。

まず、金融商品取引業者が勧誘・取引する際に守らなければならないルールに「適合性の原則」と「断定的判断の禁止」というものがあります。

適合性の原則は、業者が勧誘を行う際には、「顧客の知識、経験、財産の状況、取引の目的に照らして、適切な勧誘を行わなければならない」というものです。堅実な投資をしたい投資家にハイリスクなものを紹介するなどしてはいけません。

断定的判断の禁止とは、「顧客に強い期待を抱かせるような断定的判断を提供して勧誘してはならない」というルールです。"絶対に利益が出る"といった表現などは禁止されています。

この2つのルールなどによって、無用の損失を被ってしまうことがないように、投資家が保護されています。

金融商品取引法に定められているルール②

金融商品の取引で発生した損益は、投資家の責任によるものです。損失が発生した場合に、特定の顧客を優遇するために、証券会社などがその損失を穴埋めするようなことをしてはいけません。一部の投資家を優遇することは、不平等な取り扱いをしていることになるためです。

このようなルールを「損失補てん等の禁止」といいます。なお、ここで禁止されているのは、実際に損失の穴埋めをすることだけでなく、損失の穴埋めを約束することも含まれます。

金融商品取引法に定められているルール③

インサイダー取引の禁止も定められています

金商法ではインサイダー取引の禁止も定められています。インサイダー取引とは、「会社の内部情報を知ることができる立場にある人が、会社の重要な内部情報を入手して、その情報が公表される前にその会社の株式等を売買すること」です。

これが許されると、会社が重要な発表をするタイミングなどで、内部情報を知ることができる人が好きなように利益をあげられるため、全投資家にとって平等ではなくなってしまいます。

これを未然に防ぐため、証券会社は口座開設の際、上場企業の役員や従業員などに届け出てもらい、「内部者(インサイダー)」として登録しています。

金融商品取引法に定められているルール④

金商法では、投資家が充分な投資判断材料を手に入れることができるようにするために、上場企業等に一定の情報を開示することを定めています。

年に1回作成される、事業内容や経理状況などが記載された「有価証券報告書」や、四半期ごとに提出される「四半期報告書」「半期報告書」などの情報の開示が義務付けられています。有価証券報告書は、利害関係のない公認会計士や監査法人の監査を受け、適切な内容であるかどうかの監査証明をもらわなければなりません。

定期的に開示されるもの以外にも、企業の財政や経営に著しい影響を与えることが起きた場合には「臨時報告書」や会社の重要な情報をタイムリーに開示することが求められます。

まとめ

金商法では、これらのルールの他にも、さまざまな規制やルールが定められています。これらのルールはすべて、知識や情報を豊富に持っている金融商品取引業者を規制することによって、金融商品を取引する環境を整え、知識や情報をあまり持たない個人投資家などを守るために存在しています。

株式投資の初心者にとってはあまり関係がない法律のように感じるかもしれませんが、とても大切な金融商品取引を健全にするためのものなのです。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。