初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0
株式投資を”副業”として成り立たせるための取り組み方

株式投資を”副業”として成り立たせるための取り組み方

横山研太郎
このエントリーをはてなブックマークに追加
株の知識レベル:★☆☆☆☆

副業にしよう、と思って株式投資を始める人もいるかもしれませんが、生活費の足しにするというふうに考えるのは危険です。なぜかと言うと、毎月利益を出し続けなければならないからです。

今回は、生活費のために株式投資をすることの危険性と、副業としての株式投資のスタンスについて考えてみましょう。

株を副業にするということはどういうことか

会社に勤めながら株式投資をしているのが、株を副業としている状態です。株式投資がメインの収入源でなければ、どんな形であっても株を副業にしていると言えるでしょう。

株式投資は、利益が出ることもあれば損失が発生することもあります。利益を生活費の足しにしようとすれば、損失が出たときに生活がままならなくなるのは当然です。生活がままならなくなれば本業にも支障をきたすことでしょう。

株式投資を生活費の足しにするには?

では、株式投資を生活費の足しにするためにはどうすればいいのでしょう。

生活費にするためには、出費できるようにしなければなりませんから、毎月のように利益を確定することが求められます。投資のプロであるファンドマネージャーでも、通常は1年単位で成果を出すことが求められますが、それよりももっと厳しいハードルになります。

1年かけてゆっくり値上がりする銘柄に投資していては、生活費にできるような利益を出すことはできず、結果として短期的な投資に偏ってしまいます。

短期投資で成果を出せばいい?

短期投資で利益を出すためには、すぐに値上がりしそうな銘柄を探し、売買を頻繁に繰り返さなければなりません。もちろん、売買を頻繁にする分だけ手数料もかかるため、少ししか値上がりしていない場合はほとんど利益が出ません。

短期で利益を出すためには、どうしても低位株やIPO直後の株など、値動きが激しいハイリスクなものに投資する必要が出てきます。すべての取引で利益を出し続けることはできませんから、多額の損失を出すこともあるはずです。これでは、安定した収入源とすることは困難なのです。

本業をおろそかにする副業はやめるべき

もう一つの問題が、本業との兼ね合いです。値動きが激しい銘柄に投資する場合、より確実により大きな利益を狙おうとすればするほど、場中の板を見ながら取引する方が成果を出しやすくなります。場中に相場の雰囲気が変わったとしても、それに対応しやすくなるからです。

しかし、日中に仕事をしていれば、本業への影響が出るでしょう。仕事の時間が夜間だったとしても、昼に株式投資で神経を使っているため、本業でミスをしやすくなってしまうかもしれません。

株で生活費を稼ごうとしたために、本業で失敗して減給・解雇などにつながってしまっては本末転倒です。あくまで副業は、本業があってこそです。本業に影響を与えない範囲で取り組むようにしなければなりません。

副業としての株式投資のスタンスとは

株式投資は副業として成り立つ?

副業として株式投資をするなら、生活費の足しとは考えず、いざという時に使えるお金を増やす「将来のための副業」とするのをおすすめします。そうすれば、短期ではなく中長期的な投資ができ、日々どの銘柄を買うべきかを考えこむ必要はありません。

時間に余裕がある範囲でじっくり銘柄探しをすることができ、本業に悪影響を与えることもないでしょう。そして、将来なにかが起きて急にまとまったお金が必要になった場合には、保有している株式を一部売却すれば、その出費に対応することができます。

中長期投資で資産形成をしよう

毎月、生活費としてお金を引き出すことを考えなければ、株の成果は複利効果で飛躍的に向上します。

例えば、100万円を資金として株式投資を始めたとします。1年で5%の利益を出し続けた場合、複利効果がある場合とない場合でどれくらいの差があるか見てみましょう。

毎年、利益を生活費として引き出している場合(複利効果なし)
・1年の利益:5万円
・10年の利益:50万円

利益を引き出さず、さらに投資にまわす場合(複利効果あり)
・1年目の利益:5万円
・10年間での利益:62.8万円

複利効果のありなしでこれだけ投資成果が変わります。この差は投資期間が長くなればなるほど広がっていくため、投資資金は生活費としては引き出さず、将来の資産とするのが良いでしょう。

まとめ

プロではない個人投資家にとって、生活費を稼ぐために株式投資をする必要はありません。今、本業の収入で生活できているのであれば、その範囲で生活を続けましょう。

いざという時の出費や老後資金を確保するために、中長期投資で堅実に資産を形成するのが良いでしょう。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。