初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

短期投資と長期投資、投資初心者ならどちらを選ぶべき?

短期投資と長期投資、投資初心者ならどちらを選ぶべき?

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★☆☆☆☆

株式投資の投資スタイルは、投資期間を基準にして「短期投資」と「長期投資」に分けることができます。それぞれにメリット・デメリットがありますが、個人投資家は長期投資を選ぶ方が賢明です。にもかかわらず、株式投資をはじめた人のほとんどが短期投資に走ってしまいます。

今回は、株式投資の初心者は短期投資に走りがちなのか、そして個人投資家こそ長期投資をするべき理由について見てみましょう。

長期投資をすべきなのに、初心者は短期投資をしてしまいがち

大まかに短期投資・長期投資の違いを見てみると、短期投資は「1日~1か月程度」で売却して利益を出そうとするスタンスで、長期投資は「数か月~年単位」で利益を出そうとするものです。

初心者こそ長期投資でじっくりと投資するべきなのですが、実際には多くの初心者投資家が短期投資で株式投資をはじめてしまいます。短期投資はリターンを狙うあまりハイリスクな投資になってしまうからです。

短期投資は大失敗につながる可能性が高い

ハイリスクな投資は投資家としてのレベルも高くないと、うまくいかないどころか失敗するリスクが大きくなります。しかも、投資家として経験を積んでいるからといって、必ずしもうまく投資できるという保証は全くありません。

むしろ、ベテラン投資家ほどまとまった資金を投入できるので、ハイリスクな短期投資により多額の損失をつくることは珍しくありません。では、短期投資をしてしまう理由と長期投資をメインにすべき理由を見ていきましょう。

短期投資をしてしまう理由:大きな利益を求めてしまう

株の初心者が短期投資に走ってしまう一番の理由は、「利益を求める」ためです。

はじめのうちは、あまり多くの資金を投じることができません。そのため、どうしても利益の金額も少なくなってしまいます。そこで、すぐに多額の利益が得られるハイリスクな取引に走ってしまいがちなのです。

具体的には、次のような銘柄への投資が挙げられます。

こういった銘柄は、値動きが大きく多額の利益が見込める可能性があります。その反面、値動きが予想できないケースが多く、一度の失敗でかなりの資金を失ってしまうリスクがあります。

短期投資をしてしまう理由:スリルに魅力を感じる

もうひとつの理由が「スリルを求めてしまうこと」です。これは大きな問題にもかかわらず、目には見えないために気づいていない投資家が多くいます。

値動きが激しい銘柄の取引は損益が目まぐるしく変動するため、精神的な負担も大きくなります。しかし、リスクが高まれば高まるほど、ギャンブルと同じように「スリル」が強くなります。遊園地で「ジェットコースターに乗りたい」と思うのと同じように、スリルのある取引をしたいと思ってしまうのです。

また、「売買こそが取引のキモ」と勘違いしてしまっている人も少なくありません。こう考えていると、売買を繰り返すようになり、自然と短期投資志向になってしまうのです。こうならないためにも、株式投資は本来「堅実に資産を増やす」ための資産運用であり、スリルを求めるものではないことを忘れないようにしましょう。

長期投資をメインにすべき理由:リスクが低い

一方で、長期投資をメインにすべき一番の理由は、「リスクを下げること」です。ただ、長期投資にすれば損を出しにくくなるという意味ではありませんので、誤解しないでください。

長期投資で選ぶ銘柄は、普段の値動きがあまり大きくないものが多くなります。値動きの大きさはリスクの大きさに直結するため、長期投資のリスクは低くなるのです。さらに、複数の銘柄に分散投資することで、リスクを抑えながら堅実に利益をあげられる投資ができるようになります。

長期投資をメインにすべき理由:余裕ができる

もうひとつの理由は、株式投資に「余裕が生まれること」です。「株式投資=株で資産を増やすためにするすべての行動」と考えると、投資について勉強する全てのことが株式投資だと言えます。つまり、投資家としてレベルアップするための勉強も重要だということです。

成長が見込める銘柄を見つける方法を学んだり株価に影響を与える情報に目を通す時間を作ることが、間接的に資産を増やすことにつながるのです。長期投資をすれば、保有している間にその銘柄に関するさまざまな知識をつけて、投資の上級者へとステップアップすることができるのです。

まとめ

世間では、長期投資よりも短期投資の方が優れているという人もいます。しかし、長期投資をしている投資家の方が、長く株式投資で成果を挙げていると言えます。

資産運用では、利益が出ていることが望ましいですが、損失が発生した時のことも考えておかなければなりません。そのリスクを少しでも抑えるには、長期投資の方が投資初心者に適している投資スタイルだと考えられます。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。