初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

短期投資と長期投資、投資初心者ならどちらを選ぶべき?

短期投資と長期投資、投資初心者ならどちらを選ぶべき?

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★☆☆☆☆

株式投資の投資スタイルは、投資期間を基準にして「短期投資」と「長期投資」に分けることができます。それぞれにメリット・デメリットがありますが、個人投資家は長期投資を選ぶ方が賢明です。にもかかわらず、株式投資をはじめた人のほとんどが短期投資に走ってしまいます。

今回は、投資初心者はなぜ短期投資に走りがちなのか、そして個人投資家こそ長期投資をするべき理由について見てみましょう。

投資初心者ほど短期投資をしてしまいがち

大まかに短期投資・長期投資の違いを見てみると、短期投資は「1日~1か月程度」で売却して利益を出そうとするスタンスで、長期投資は「数か月~年単位」で利益を出そうとするものです。短期投資はリターンを狙うあまり、ハイリスク・ハイリターンな投資になってしまうからです。

投資初心者こそ長期投資でじっくりと投資するべきなのですが、実際には多くの投資初心者が短期投資をはじめてしまうのです。

短期投資は大失敗につながる可能性が高い

ハイリスク・ハイリターンな投資は、どうしても失敗するリスクが大きくなり、ベテラン投資家だからといって、必ずしも成功する保証は全くなく、まとまった資金を投入できるので、一度で大きな失敗をすることは珍しくありません。

短期投資をしてしまう理由:大きな利益を求めてしまう

投資初心者が短期投資に走ってしまう一番の理由は、「短期間で大きな利益を求めてしまう」ためです。

株式投資をはじめたばかりのときには、まとまった資金を投じにくく、どうしても一度の取引で得られる利益も少なくなってしまいます。そこで、すぐに多額の利益が得られるハイリスクな取引に走ってしまいがちなのです。

具体的には、次のような銘柄への投資が挙げられます。

こういった銘柄は、値動きが大きく多額の利益が見込める反面、値動きが予想できないケースが多く、一度の失敗でまとまった損失を被るリスクがあります。

短期投資をしてしまう理由:スリルに魅力を感じる

値動きが激しい銘柄の取引は損益が目まぐるしく変動するため、精神的な負担も大きくなります。しかし、リスクが高まれば高まるほど、ギャンブルと同じように「スリル」が強くなります。遊園地で「ジェットコースターに乗りたい」と思うのと同じように、スリルのある取引をしたいと思ってしまうのです。

また、「売買こそが取引のキモ」と勘違いしてしまっている人も少なくありません。こう考えていると、売買を繰り返すようになり、自然と短期投資志向になってしまうのです。こうならないためにも、株式投資は本来「堅実に資産を増やす」ための資産運用であり、スリルを求めるものではないことを忘れないようにしましょう。

長期投資をメインにすべき理由:リスクが低い

長期投資をメインにすべき一番の理由は、「リスクを下げること」です。長期投資で投資対象となる銘柄は、普段の値動きがあまり大きくないものが中心となり、投資のリスク管理が期待できます。さらに、複数の銘柄に分散投資することで、より堅実に利益を狙う投資ができます。

注意したいのは、長期投資はリスク分散により損失を避けやすくなるのであり、長期投資は必ず損を避けられるわけではないことです。

長期投資をメインにすべき理由:余裕ができる

もう一つの理由は、株式投資に「余裕が生まれること」です。株式投資を投資で資産を増やすためのすべての行動ととらえると、投資についての全ての勉強が株式投資だと言えます。つまり、投資家としてレベルアップするための勉強も重要です。

長期投資では、投資している間も余裕をもってその銘柄に関するさまざまな知識を身につけられるので、投資の上級者へとステップアップすることができるのです。

まとめ

株式投資では、利益を出すことを狙いますが、いざ損失が発生したときのことも考えて、リスク管理と分散についても考える必要があります。

投資初心者ほど大きな利益を狙って短期投資をはじめがちですが、リスク管理と分散を考えるのであれば、長期投資のほうが適した投資スタイルといえるのです。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。