初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

権利?責任?株主になるとついてくるのは優待だけではない

権利?責任?株主になるとついてくるのは優待だけではない

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★☆☆☆

ある企業に投資をして株主になると「株主の権利」を得られますが、「責任」もついて回ります。資産運用で株式投資をしていると意識する機会は乏しいものの、投資をすることは、その企業の経営に参加していることでもあります。

今回は、株主の権利と責任について、改めて見直してみましょう。

株主の本来の意味を再確認

株式投資の話のほとんどは、「どの銘柄に投資したら儲かった・損をした」という部分に終始します。投資することで得る利益も株主の権利の一部ですが、株主になることは、「その企業の出資者」になることでもあります。

出資者は経営に口を出す「権利」を持ちますが、同時に経営を監視する「責任」があります。経営に口を出す権利と監視する責任はどのようなものでしょうか。

経営に参加するには何をする?

企業の経営を担当する経営陣に株主として一言申し上げたいというときに利用する場が株主総会です。株主総会では決算などの経営報告や取締役の選任、経営陣や株主から提案された議案の決議が実施されます。株主であれば議決権を持つので賛成票・反対票を投じることが可能です。

また、質疑応答の時間も設けられているので、企業側に対して意見がある時は直接伝えることができます。普段は売買するだけの株式ですが、株主総会に参加することで、株主であり経営にも参加していると意識できるのはないでしょうか。

配当や優待だけでない「株主の権利」

株式投資の目的として、配当金や株主優待を挙げる人がいます。

これらは株主に与えられた権利であり、株主総会へ参加できるのも同様に株主が持つ権利です。これらの権利は「自益権」と「共益権」と呼びます。

株主の権利を得るためにはどうすればいい?

配当金や株主優待の権利を獲得したい時には、「権利付き最終売買日」までに株式を買い付け、翌営業日の「権利落ち日」までその株式を保有する必要があります。権利落ち日にすぐに株式を売却しても、株主の権利は得ることができます。

権利付最終日」は、各企業が定める「権利確定日」から数えて4営業日前です。なお、権利確定日は企業によって違います。

株主の負うべき責任はどういうもの?

株主になると配当金の受け取りや議決権の行使といった権利がある反面、責任も生じます。ところで、株主は経営に対してどこまで責任を負う必要があるのでしょうか。

一般株主の責任は「有限」です。例えば、企業経営で新たに資金の必要が出てきても株主側には出資義務はありません。また、会社に万が一のことが起こって債務が払えなくなった場合にも株主には支払い義務はありません。

有限でも責任を考える必要がある

株式市場で株式を売買する一般投資家の責任は有限であり、企業側が大損失を出しても、自分の投資した資金を超える以上の損はありません。株主として警戒したいのは、企業が上場廃止するケースです。

上場廃止になると、期限までに売り抜けられなければ株券は無価値になり、投資した金額が全く戻ってこないリスクも無視できません。投資では目先の利益だけを追うだけではなく、企業経営の持続性まで考えたうえでするのが株主の経営参加というものではないでしょうか。

まとめ

株主には権利と責任が伴うことをご紹介しました。一般投資家も株主総会を通じて経営に参加できるのです。また、配当金は企業に余剰金があるからこそ出せるものだということを忘れてはいけません。株式の売買を楽しむならば、株主としての権利と責任についても考えてみてはいかがでしょうか。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。