初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

株を始めるならこのネット証券を選べ!編集部おすすめの証券会社5選

株を始めるならこのネット証券を選べ!編集部おすすめの証券会社5選

株の教科書.com編集部
株の教科書.com編集部
記事の難易度:★☆☆☆☆

現在国内にはオンラインで株取引ができる多くのネット証券会社があります。以前は手数料の安さで勝負する証券会社が多かったのですが、どの証券会社もかなりの低水準まで手数料が下がったため、今では取扱商品やサービス内容で差別化を図るところが増えています。

そこで今回は、ネット証券の中でも特徴的で、株の教科書.com編集部がおすすめしたい証券会社を紹介します。はじめて証券口座を開設する方や、2つ目の証券口座をどこにしようか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

SBI証券

SBI証券

SBI証券はネット証券の中でも最大手の証券会社です。現物取引の手数料はかなり安い水準で、1日定額のアクティブプランでは10万円までは無料となっています。

取引ツールも充実しており、パソコン用のHYPER SBI、スマートフォン用のHYPER 株アプリなどで、いつでもどこでも取引することができます。

SBI証券が誇る初心者もベテランも納得の取引環境

日本株のPTS取り引きができるほか、外国株はアメリカ・中国・韓国・シンガポールなど多くの国のものを取引することができます。投資信託の取扱い本数も非常に多く、IPOの主幹事証券を務める数もネット証券では断トツ。この他、FX、先物・オプション、CFDも取り扱っています。

WealthNaviとTHEOというロボ・アドバイザーによる自動運用も始めており、初心者でも投資を始めやすい環境が整っています。SBI証券は初心者からベテランまで、誰もが納得できるネット証券なのです。

楽天証券

楽天証券

楽天証券もネット証券の中で人気のある証券会社のひとつです。楽天グループならではのサービスが特徴で、取引ごとに手数料がかかる超割コースでは手数料の1%が楽天スーパーポイントで還元されます。

1日定額手数料のコースでは10万円までは無料となっており、少額で分散投資するならほとんど手数料をかけずに株式投資をすることも可能です。海外株、投資信託の取扱いも多く、FX、先物・オプションのほか、純金積立をすることもできます。

また、日本経済新聞や日経MJなどの記事を閲覧できるので、幅広い情報を収集した上で取引できる環境が整っています。

楽天証券の人気の秘密は高機能ツール

楽天証券の人気の秘密は、ネット証券の中でもいち早く導入された取引ツール「マーケットスピード」です。その豊富な情報量と多彩な機能は、非常に高い評価を受けています。たくさんの機能を持ちながら、見やすく使いやすいデザインになっているのが特徴で、モバイル用取引ツール「iSPEED」もリリースされています。

SMBC日興証券

SMBC日興証券

SMBC日興証券は、野村證券・大和証券とならんで、日本三大証券会社のひとつに数えられます。そのため「コストが高いのでは」「少額投資家は相手にされないのでは」と思うかもしれませんが、SMBC日興証券はオンライントレードにも非常に力を入れているので安心です。少額のトレードであればネット専業の証券会社に引けを取らない安い手数料で取引が可能です。

IPO狙いならSMBC日興証券の口座を持っておくべき

歴史ある大手の証券会社なのでIPOの主幹事を務める数が多く、アナリストレポートも非常に充実しています。

また、SMBC日興証券は投資家向けに多くのセミナーを開催しており、投資戦略についての話を直接聞く機会が得られるのもメリットです。

GMOクリック証券

GMOクリック証券

GMOクリック証券は業界最安値水準の手数料が売りのネット証券です。

投資信託の取扱いは少ないものの、FX、先物・オプション、CFDも取り扱っており、幅広い金融商品を安いコストで運用したいと考える投資家にとっては非常に魅力的な証券会社です。

運営会社であるGMOフィナンシャルホールディングスは上場しており、同社の株を保有すれば株主優待でGMOクリック証券の売買手数料相当額のキャッシュバックが受けられます。保有株式数に応じて上限額に差はありますが、優待を含めて考えるとさらに手数料が安くなります。

GMOクリック証券なら話題の貸付型クラウドファンディングができる

GMOクリック証券では「maneo」という貸付型クラウドファンディングも取り扱っており、少額でもファンドを通して高い利回りを狙った投資ができます。

貸付型クラウドファンディングは、資産運用をしたい投資家と資金が必要な企業を結びつけるサービスで、近年注目の投資市場です。日本ではまだまだ知られていませんが、これから成長して注目されてくる投資手法のひとつでしょう。

マネックス証券

マネックス証券

マネックス証券は、投資家目線で様々なツールを開発しているのが特徴。パソコン用、スマートフォン用の「マネックストレーダー」のようにどこでも取引できるツールが整っています。

ロボ・アドバイザーによる自動運用サービス「マネックスアドバイザー」は、最低投資金額が5万円からで運用コストも年間0.5%程度と非常に便利な仕組みになっています。

マネックス証券オリジナルのレポートやJ.P.モルガンのアナリストレポートも無料で見ることができます。

アメリカ株や中国株に投資するならマネックス証券

マネックス証券は手数料も安い水準で、現物株で30万円までなら最安値クラスとなっています。また、米国株や中国株も業界最安水準の手数料で取引できます。

投資信託の本数も多く、債券、先物・オプション、CFDも取り扱っており、誰でも満足するサービス内容となっています。

まとめ

紹介したネット証券会社は、どこも口座開設する値打ちがあるものです。個人投資家の中には複数の証券口座を開設して、情報収集はこの証券会社、株の取引はこの証券会社、投資信託の購入はこの証券会社、というように使い分けをしている人もいます。

どのネット証券が自分の取引スタイルにあっているかを調べたり、体感したりしながら、メインで使う証券会社を探してみましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。