初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

会社や家族に内緒で株に投資することはできる?株取引がバレない方法の検証と注意点

会社や家族に内緒で株に投資することはできる?株取引がバレない方法の検証と注意点

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★☆☆☆☆

副収入を知られたくないから、株をやっていることを会社や家族に内緒にしたい、という人がいるかもしれません。この記事を開いたあなたもそのうちの一人では?

株で利益が出ると税金の額が変わるため、取引していることがバレてしまうケースはよくあります。家族や会社に隠して株取引をすることはできるのでしょうか?

今回は、株取引がバレない方法の検証と注意点を考えてみましょう。

株取引をしていることはこれでバレる

株式投資で得た利益を確定申告すると、所得額が変わり、住民税の金額が変わります。一般的な会社員の場合、住民税は給与から差し引かれるため、住民税の金額が会社に通知されたタイミングでバレる可能性があります。

証券口座を「特定口座(源泉徴収あり)」にしていると、株式投資で利益が出ても確定申告が不要ですが、損益通算をしたければ確定申告するしかありません。

損益通算をあきらめるか、損益通算しないで済むように一つの証券口座で運用すれば、確定申告で会社に株式投資がバレるリスクはなくなります。

会社にバレない方法とは?

株取引を会社に内緒にしたいときは、NISAを活用してみてはいかがでしょう。NISA口座の取引で生じた利益には税金が発生しないため、非課税枠の範囲内であれば確定申告する必要はありません。

ただし、同じ証券会社で運用していたとしても、NISAでの利益と通常口座での損失を損益通算することはできません。また、運用する資産が多い人や、短期売買を繰り返す人にとっては万全の方法ではないかもしれませんね。

よく紹介されている手法は使えるのか

副収入が会社にバレないよう住民税を特別徴収から普通徴収に変える、という手法がよく紹介されています。たしかに、この方法を使えば会社には住民税が増えたことは伝わらず、副収入があるという事実はわかりません。

しかし、自治体によって異なりますが、住宅ローン控除が受けられる場合などでは、普通徴収を選択しても特別徴収の対象となることがあります。

また、社員が副業をしていないか会社が真剣に調べれば、「住民税の納付方法を特別徴収から普通徴収に変えた人が怪しい」と考える可能性もあります。もちろん、株式投資をしていることまではわかりませんが、副業をしているという疑いの目が向けられる可能性はあります。

家族にバレない方法とは?

会社や家族にバレずに株を運用できる?

会社にバレないように住民税を普通徴収に変えると、今度は家族に疑問を持たれる可能性があります。これまで給与から天引きされていた住民税の納付書が、家に届くためです。

そして、昇給の時期でもないのに銀行に振り込まれまた給与の手取り額はいつもより多くなっています。勘のいい家族なら、なぜ住民税を自分で納付するようにしたのかと疑問を持つでしょう。少し調べれば、副業を隠すための手法ということはすぐにバレてしまいます。

まず口座開設の時点でバレる可能性大

証券口座での株取引は、取引記録や納税に必要な資料などを郵送せずに、電子交付(ペーパーレス)で受け取ることができ、証券会社からの郵便物が届かなくすることもできます。

ただし、口座開設時だけは不正な申込みでないか確認するため、郵送のやり取りが発生するのです。

口座開設時の書類は「本人限定受取郵便」というもので送られ、口座を開設した本人以外は受け取ることはできません。平日昼間などに配達され受け取ることができなければ、在宅していた家族に本人限定受取郵便の通知が渡されてバレてしまうでしょう。

家族には内緒にしないことをおすすめ

うまく手続きすれば、家族にもバレずに株を始めることもできるでしょう。しかし、株式投資は損失が発生する可能性があるもの。家族の財産が減ってしまうこともあるのですから、内緒で投資をするというのはおすすめできません。

そこで、資産運用の重要性を伝えて、家族も納得のうえで投資を始める方がいいのではないでしょうか。家族の賛同が得られれば、人数分のNISA口座を開設して非課税枠を活用するなど、より有利な資産運用をすることができるのです。

まとめ

株式投資を会社や家族にバレずにすることは簡単なことではないことがわかりました。さまざまな対策を講じても、バレていないと思っているのはあなただけかもしれません。

家族に内緒の投資で損失が発生し、取り戻すために冷静な判断ができず損失を膨らませてしまうこともあります。投資にのめりこんで仕事がおろそかになり、会社での立場に影響が出るということもあるでしょう。副収入を得ようとしているのに、逆の結果になってしまわないように注意しましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。