初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

NISAと投資信託でリスク解消。初心者におすすめする資産運用の組み合わせ

NISAと投資信託でリスク解消

株の知識レベル:★★★☆☆

どうしても敷居が高く感じがちな資産運用。しかし、運用にも様々な種類があります。リスク資産の代表格である株式や新興国の債券等。一方で、円建ての債券や日本の円は比較的安全な資産として知られています。

また、運用手法もその限りではありません。自身で運用を行う投資手法から、プロに託す運用手法まで様々なスタイルが存在します。最近では、投資初心者向けにNISA、少額投資非課税制度も設けられました。投資初心者がリスクを抑えた投資をしたい場合は、NISAを利用し投資信託で運用することがおすすめです。

投資初心者はプロの力を借りた運用を。

投資初心者がいきなり利益を上げられるほど、金融マーケットは甘くありません。みなさんの周りにも、株で多額の損失を被った人がいらっしゃると思います。もちろん、自身で勉強してから投資をすることもひとつの手段です。

しかし、マーケットは待ってくれません。資産運用について勉強しているその間にも、マーケットのトレンドは刻一刻と変化して行きます。

旬を逃さない為には、プロの力を借りることも必要です。投資信託のメリットはプロがタイムリーな運用をしてくれる点にあるのです。

投資信託はプロのファンドマネージャーが運用してくれる。

では、そもそも投資信託とはどのような商品なのでしょうか。投資信託とは、英語で言うとファンド。すなわち、基金を意味します。基金とは、投資家から集めた資金の集合体のことです。このお金を運用のプロであるファンドマネージャーが運用してくれる訳です。

初心者が迷う投資判断でも、プロのファンドマネージャーであれば、これまでの経験やアナリスト陣の分析をもとに投資判断を下します。初心者が行う投資に比べ、投資信託を利用することで投資の精度が格段に向上します。

NISAと投資信託の親和性は高い。株式ファンドへの投資が効果的。

投資信託と一口に言っても様々な種類が存在増します。毎月分配型に代表されるインカムメインの投資信託から、純粋に株式に投資を行うキャピタル狙いの投資信託も存在します。ちなみに、インカムとは配当、キャピタルとは上値上昇のことです。

結論から言うと、株式メインに投資する投資信託とNISAの相性は非常に良いと言えます。なぜなら、NISAは上昇益に対する非課税制度だからです。いくらNISAを利用しても、利益が上がらなければ非課税の恩恵は受けられません。仮に、国内債ファンドに投資をしたとしても利益は上がりませんよね。つまり、NISAでどの投資信託を購入するか、その組み合わせを考えることが非常に重要と言えるのです。

毎月分配型投資信託とNISAの相性は良くない。

よく投資初心者でやってしまいがちな運用が、NISA利用による毎月分配型投資信託の購入です。結論から言うと、NISAと毎月分配型投資信託の相性はよくありません。理由は、毎月分配型投資信託の仕組みにあります。

毎月分配型投資信託では、月々の配当は比較的多いものの、支払った配当の分だけ基準価額が下落する仕組みになっています。つまり、元本の上昇がそれほど期待出来ない訳です。これでは、NISA利用による非課税枠の恩恵を受けることができません。毎月分配型投資信託をNISAで購入する場合には、相場が相当良い場合を除いて、その効果は限定的になります。この点は基礎知識として理解しておきましょう。

リスクをより押さえたい場合は積立投資が効果的。

リスクをより押さえたい場合は積立投資が効果的。

いくらプロが運用してくれるとはいえ、新興国の株式ファンドへの投資には大きなリスクを伴います。一方で、大きな利益を獲得出来る可能性がある点も、非常に大きな魅力と言えるでしょう。

数年前のインドネシア株の上昇や、モディ首相就任後のインド株の上昇には目を見張るものがありました。リスクを抑えて大きな利益を獲得しに行く場合には、積立投資がおすすめです。毎月定められた日に、一定額を買い付けることにより、自動的にリスクをコントロールすることができます。

利益獲得までに比較的長い時間を要する点は、積立投資におけるデメリットと言えますが、それ以上にリスクを軽減できるメリットの恩恵を受けられるでしょう。

NISA口座で積み立てることで、非課税の恩恵も享受。

投資信託の積立を行う際には、NISA口座を利用した方がお得です。大手証券、ネット証券問わず、ほとんどの証券会社でNISA口座で投資信託の積立を行うことが出来ます。上述したように、積立投資は中長期で投資期間を要するものの、利益獲得の可能性は高まります。

つまり、NISAを利用することで、後々非課税の恩恵を受けられる可能性が高まるのです。投資信託を利用した積立投資を行う場合には、積極的にNISAを利用するようにしましょう。

まとめ

もともとNISAは投資初心者向けに作られた非課税制度です。少額からの投資で、非課税の恩恵を受けられる点は初心者にとって大きなメリットになると言えるでしょう。また、投資信託を利用することで、知識不足によるリスクを解消することが出来ます。NISAと投資信託を組み合わせることで、様々な観点からリスクを抑えた資産運用を行うことができるのです。

札幌で働く元証券マンのファイナンシャルプランナー。専門分野は株や投資信託を用いた中長期での資産形成。
趣味はスポーツ全般で小、中、高と野球部に所属。また、米国への留学経験があり、海外スタートアップ事情にも精通。
総合評価
(0)
Pocket