株の教科書.com

0

CFDのリスク管理

CFDのリスク管理

株の知識レベル:★★★★☆

CFD取引は、少額から世界各国の金融資産に投資できる点が最大のメリットと言えます。一方で、レバレッジを掛けられる取引であるため、ハイリスク・ハイリターンの取引であることも事実です。CFD取引をするときにはリスク管理が必須です。レバレッジの強度によっては、想定する以上の損失をかぶる可能性があります。ここからは、投資初心が理解しておくべき基礎知識についてみなさんとシェアできればと思います。

投資初心者はレバレッジ効果を抑えるよう心がける

CFD取引の基本は、レバレッジを掛けすぎないで取引をすることです。レバレッジを掛けすぎてしまうと、想定外の大幅な損失をこうむることがあります。投資初心者であればあるほど、低レバレッジで取引をすることがセオリーです。また、CFD取引をするときには余剰資金で取引をするよう心がけましょう。特に、最近の各国の金融政策を鑑みると、為替やコモディティに関しても動意づくことが想定されます。また、天災や地政学的リスク等、思わぬ形で大きく相場変動するケースもあります。資金力に関わらず、レバレッジを掛けすぎないことがセオリーです。

CFD取引にも追証が存在する

CFD取引にも追証が存在する

信用取引のみならず、CFD取引にも追証は存在します。追証とは、追加保証金のことです。口座残高が必要証拠金を下回ってしまった場合に、追加で必要証拠金を納入します。仮に、追証が発生してしまった場合には、現金納付か建玉の決済による納入を行わなくてはなりません。一度追証が発生してしまうと、時価評価が必要証拠金を上回っても、追証義務は解消されません。この点は、特に初心者が勘違いしやすい点です。今のうちに確認しておきましょう。

CFD取引では流動性リスクに注意する必要がある

CFD取引では、株価指数やコモディティなど、さまざまな資産に投資できることが特徴ですが、なかには流動性が低いものも存在します。流動性とはスムーズに取引ができるかどうかを確認する上で、非常に重要な判断材料です。金融取引や商品取引では、売り方と買い方が合致して始めて取引が成立します。もともと商いが薄い商品先物CFDでは、買いたい時に購入できないことや、売りたい時に売却出来ないリスクが発生します。また、個別株CFDも同様です。仮に、安値で株を買い付けても、商いの状況では、よいタイミングで売り抜けないことがあるのです。自分が投資する商品の商い状況、流動性については取引前に必ず確認しておくようにしましょう。

逆指値で自動的にロスカットする

逆指値で自動的にロスカットする

CFD取引に代表される、レバレッジを効かせた投資手法では、早めのロスカットがセオリーです。ロスカットのときに有効に働く取引方法が逆指値です。その名の通り指値とは真逆の概念を持つ取引手法です。安値圏で指値買い注文を入れるのが一般的な指値注文ですが、逆指値では、安値圏で売り注文執行します。つまり、これがロスカットとして機能する訳です。自ら損失を確定させることに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、損失を限定させるために有効な投資テクニックと言えます。特に、投資初心者のみならず玄人でも株の売り時判断は難しいものです。逆指値を利用することで、効率的なリスク管理を行いましょう。

自動売買注文を積極的に活用する

上述した逆指値のような仕組みを、自動売買注文と言います。特に、高いレバレッジを掛けて取引する場合には、IFD注文やOCO注文、IFO注文を利用し、あらかじめロスカットの設定をしておくことが大切です。投資対象の値動きを確認し続けることは物理的に不可能でしょう。積極的に自動売買注文を利用し、損失を最小化させる取り組みをすることが重要です。

マーケットの状況は逐一確認する

言うまでもありませんが、CFD取引には価格変動リスクが存在します。よって、各国の金融政策の状況、需給、ファンダメンタルズを確認することが非常に重要だと言えるのです。例えば、原油価格の動向一つとっても株価が大きく動く変動要因になります。米国が連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げを決定したときには一時的に為替レートが円安ドル高に振れることが多いと言えます。このように、マーケット全体の動向を逐一確認し、投資判断を下すことが非常に重要と言えるのです。CFD取引のみならず、有価証券の売買については市況の確認は必須作業と言えます。

まとめ

CFD取引で重要なことは、損失リスクを最小化することです。マーケットの変動に絶対はありません。あらかじめ、自分の投資ルールに照らし合わせてロスカットの水準を決定することで、損失を最小化することができます。また、レバレッジの水準を高めに設定しすぎないことも重要です。金融商品の取引においては、極めて基本的なルールですが、意外に守ることが出来ないことも事実です。自身の投資ルールに沿って、適切なリスク管理を行いましょう。

札幌で働く元証券マンのファイナンシャルプランナー。専門分野は株や投資信託を用いた中長期での資産形成。
趣味はスポーツ全般で小、中、高と野球部に所属。また、米国への留学経験があり、海外スタートアップ事情にも精通。
総合評価
(0)
Pocket