初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

差金決済取引(CFD)をするときのリスク管理

差金決済取引(CFD)をするときのリスク管理

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★★☆

各種金融資産にレバレッジをかけることで、少額でも資金効率の良い投資ができるのが魅力の差金決済取引(CFD)は、ハイリスク・ハイリターンな取引になりがちです。

今回は、投資初心者がCFDをはじめるにあたって、理解しておきたい基礎知識について見てみましょう。

レバレッジを抑えた取引を心がける

CFDのリスク管理の基本となるのは、高いレバレッジをかけた取引を避けることです。高いレバレッジをかけた取引では、原資産のわずかな値動きが大きな値動きになるので、資金に余裕がないときほどレバレッジを抑えた取引が重要です。

特にCFDの原資産として人気の一部の株価指数や商品(コモディティ)は変動率(ボラティリティ)が大きくなる傾向があるため、レバレッジを抑えた取引を心がけましょう。

CFDにも追証が存在する

証拠金決済であるCFDでは、口座残高が必要証拠金を下回ると、追加で必要証拠金を納入する追証が必要です。

一度追証が発生すると、評価損益が必要証拠金を上回っても、追証義務は解消されません。追証の解消には、現金か建玉決済による追加入金が必要です。

流動性リスクにも注意する

さまざまな資産を投資対象にできるのがCFDの魅力ですが、中には流動性に劣るものも少なくありません。買いたいときに買えず売りたいときに売れない流動性の乏しさも、思わぬ損失の原因になります。

CFDへの投資では、取引量が多く流動性が高い主要な株価指数(インデックス)を対象としているものを中心に、流動性に乏しいものの高い利回りが期待できる商品にサテライト運用として投資するようにしましょう。

早めの利益確定・損切りを心がける

CFDのようにレバレッジをかける取引では、早めに利益確定・損切りをするのがセオリーです。利益確定・損切りのためには、逆指値注文を有効に活用するのがポイント。

利益確定はともかく損切りには抵抗がありますが、経験を積んでも売り時の判断は簡単ではないので、仕組みに頼るのも選択肢に含めて損はないでしょう。

自動売買を活用する

指値注文・逆指値注文のように、一定の条件を満たしたときに出される注文をベースに、より高度な条件付けした注文方法を「自動売買」と言います。高いレバレッジをかけて取引をするなら、より細かい売買条件を設定できる自動売買を活用することは、リスク管理にも役立ちます。

市況は常に確認する

原資産にレバレッジをかけて取引をするため、CFDには原資産よりも大きな価格変動リスクがあります。価格変動リスクを避けるためには、マーケット全体の動向を把握した取引が重要です。

自動売買を導入していても、有価証券の売買については市況の確認は欠かせない作業と言えます。

まとめ

資産運用で重要なのは、高い利回りを狙うよりも損失を避けることです。株式に限っても1987年のブラックマンデーや2001年のITバブル崩壊、2008年のリーマンショックとその後の世界金融危機など、十年に一度や百年に一度の下落は珍しいものではないのです。

特に値動きが大きいCFDの取引では、仮に損失が発生しても自己資金の範囲内でカバーできるように、余裕を持った取引をできるようにしましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。