初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

ハイリスク・ハイリターンなバイオ関連銘柄の特徴と魅力

ハイリスク・ハイリターンなバイオ関連銘柄の特徴と魅力

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

個人投資家に人気のテーマ関連銘柄として注目を集めるバイオ関連銘柄は、上値・下値ともに速く、値動きが荒いのが特徴です。注目のそーせい(4565)が10倍越え(テンバガー)となったことをはじめ、個人投資家の買い圧力で急騰するバイオ関連銘柄は少なくありません。

今回は、バイオ関連銘柄の特徴と、バイオ関連銘柄に投資するときのポイントを見てみましょう。

新薬開発の成否に左右されるバイオ関連銘柄

バイオ関連銘柄の値動きは、新薬開発の動向に左右されます。直近ではがん特効薬であるオプジーボを開発した小野薬品工業(4528)が大相場を記録したことが記憶に新しいですが、海外に目を向けるとバイオ関連銘柄の代表格であるギリアド・サイエンシズが2015年にC型肝炎の治療薬ハーボニーが承認されたことをきっかけに、2013年から2015年までの間で約4倍の株価上昇を記録しました。

このように、新薬開発はバイオ関連企業の業績を非常に大きく左右します。バイオベンチャーであればなおさらその効果は大きく、テンバガーやそれを上回る株価上昇を見せる銘柄も珍しくありません。

バイオベンチャーは赤字経営が常態

このように大きな値上がり益の期待できるバイオベンチャーですが、赤字経営続きで、先行きに不安のある企業がほとんど。しかし、仮に新薬承認となれば、ストップ高の連続であっという間に低迷していた銘柄がテンバガーになることも十分期待できます。

直近では、遺伝子治療役の臨床研究が進展していると報じられたアンジェス(4563)の株価が急騰しています。バイオベンチャーは赤字経営が当たり前であることを踏まえて投資をしましょう。

バイオ関連銘柄は長期戦を覚悟して投資する

バイオ関連銘柄が値上がりするきっかけは新薬開発であり、新薬開発の成功とその承認が唯一の期待です。

資金調達と臨床試験を繰りかえして新薬の効果を見極める作業は非常に時間がかかるため、バイオ関連銘柄、特にバイオベンチャーへの投資は長期戦になることを覚悟する必要があります。

バイオ関連銘柄はハイリスク・ハイリターン

バイオ関連銘柄への投資は、ハイリスク・ハイリターンの投資だと言う認識を持って投資をする必要があります。どの期間をとっても値動きも荒く、バイオ関連銘柄での短期取引は簡単ではありません。

バイオ関連銘柄の取引では、高度なテクニカル分析の知識が要求されます。さらには、出来高を確認して資金の出入りを確認することも重要です。

新規公開株(IPO)は初値下落のリスクも高い

新薬開発の研究費や臨床試験には多額の資金が必要であり、近年ではバイオベンチャーの公募増資や新規公開株(IPO)も珍しくありません。IPOだからといって、バイオ関連銘柄には安易に参加するのはNGです。

投資初心者が気をつけることは、バイオベンチャーのIPOです。株価を決定付ける最大のファクターは企業業績ですが、その企業業績が悪い訳ですから、なかなか買いが集まらず、需給面から見ても売られやすい傾向にあると言えます。

公募増資も同様

IPOと並んで、公募増資も個人投資家に人気の投資手法です。市場価格より割り引かれた価格で買い付けできるのが人気の理由ですが、赤字が恒常化した企業の増資案件が大多数を占めるので、こちらの申し込みにも注意が必要です。

企業業績はもちろん、どれだけインパクトがある商品を市場に送り込もうとしているのかを総合的に判断して、申し込むかどうかを決めましょう。

まとめ

バイオ関連銘柄はハイリスク・ハイリターンなだけではなく、資金効率が悪いのが特徴です。

リスクとリターンのバランスを考えて、個別銘柄だけではなく投資信託や上場投資信託(ETF)を活用した取引も考えてみてください。

» 初心者にもわかる株の買い方
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。