初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

政治と株式市場の関係

政治と株式市場の関係

株の知識レベル:★★★☆☆

政治と経済は密接に結びついています。各国の政治、政局は株式市場にも大きな影響を与えると言えます。

それは、直近のアベノミクスやトランプ大統領就任後の米国市場を見ても明らかです。各国の金融政策や政治動向を読まずして、利益を上げることは不可能と言っても過言ではありません。

ここからはより具体的に、政治と株式市場の関係について見て行きたいと思います。

政治を知ることもファンダメンタルズ分析のひとつ

株式の分析手法は、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析に大別できます。ファンダメンタルズ分析とは需給や景況感、基礎的経済条件に基づき投資判断を下す手法を言います。反対にテクニカル分析は、チャートの形状やローソク足を見て今後の先行きを判断する分析手法を言います。

政治動向を知ることも、立派なファンダメンタルズ分析のひとつです。例えば、企業業績は政治動向に左右されることが多いと言えます。

仮に、政府が法人税率を引き下げる動きをしたらいかがでしょう。大手企業は好感しますよね。利益剰余金も増えるかもしれません。このような局面では、個人投資家も上場株を買い上がるでしょう。つまり、企業業績や需給は政治によって作り出される部分もあると言えるのです。

金融政策の動向を理解することで投資の精度が高まる

株式投資において、各国の金融政策の動向を知ることは非常に重要です。特に、為替レートについては、金融政策で決まることが多いと言えるでしょう。

例えば、自国は緩和的な政策をとっていて、相手国は引き締めのフェーズに入っているとします。この場合は、自国通貨安・他国通貨高のトレンドが出やすく、低金利通貨から高金利通貨に資金が流入するのです。

金融緩和策とは、市場に資金を供給し、金利を低めに誘導する政策です。いわば、企業業績がよくなるためのお手伝い、あるいは、株価を上げるためのお手伝いとも言えるのです。

一方で、金融引き締め策は金利を高めに誘導し、市場に出回る資金量を抑えます。主に、景気回復局面、金融緩和の出口策としてとられる金融政策です。金融政策の動向によっても、買われる銘柄が変わってくるのです。その点は理解しておきましょう。

アベノミクスで大幅上昇を見せた日本株

第2次安倍内閣の発足後、2013年4月に黒田東彦氏が日銀の総裁に就任して「異次元の金融緩和」を打ち出したことで、日経平均は堅調に推移し、アベノミクス当初の二倍にまで株価が跳ね上がりました。

アベノミクスの基本は、大胆な金融緩和と機動的な財政政策。後者は、財政出動のことですね。要するに、積極的に景気刺激策をすることを決定した訳です。実際に黒田氏が総裁に就任した後は、市場への資金供給が積極的におこなわれています。2013年単年の推移を見ても、日経平均の上昇幅は5,000円を超えます。2013年以後の上昇は、政治によってもたらされた株価上昇と言っても過言ではないのです。

トランプ大統領就任後の米国市場

2016年末の米大統領選に勝利したトランプ氏。その後株価は上昇の一途をたどっています。この株価上昇の背景にも、国策の影響があるのです。トランプ氏が基本とする経済政策は、大幅な法人減税と大胆な財政出動。こちらも景気刺激策ですね。企業業績は、トランプ氏就任以前からしっかりでしたから、この経済政策は株式市場にフォローの風を吹かせました。以後、ニューヨークダウ平均は2万ドルの大台を突破。この上昇の背景にも、やはり政治の影響が隠れているのです。

ギリシャ政府がもたらした信用不安

ギリシャのもたらした信用不安

2010年頃より明るみに出たギリシャの債務不安。財政赤字を少なく申告していたものの、実際には相当額の債務が膨れ上がっていました。その額は公表値の約4倍にものぼります。いわば、粉飾決算ですね。その後、ギリシャの国債を保有している隣国にも被害が拡大。財政的に脆弱(ぜいじゃく)と言われてた南欧諸国(PIIGS)の財政不安も騒がれるようになりました。

各国のつながりを考えることで金融危機に対抗する

基本的に、株式市場が大幅下落するときは、金融危機に端を発します。リーマンショックや、サブプライムローンの焦げ付き問題をイメージするとわかりやすいでしょう。今回の欧州債務不安も金融危機です。理由は、ギリシャ国債を保有する金融機関の財政悪化に伴う株価の下落だからです。最低限、自分が投資する国の貿易相手国や仲の良い国は理解しておく必要があります。そうすることで、投資のときのリスクも軽減できるのです。

まとめ

上述したように、政治と経済は切っても切り離せない関係にあります。株式投資のときには、各国の政局や、金融政策の動向は必ず確認した上で、投資判断を下す必要があります。政治を理解することで、投資における精度が高まります。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。