初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

NISAのおすすめ銘柄とは?特性で考える一般NISAの銘柄選び

NISAのおすすめ銘柄とは?特性で考える一般NISAの銘柄選び

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

貯蓄から投資への流れが進展し、日本でも徐々に非課税制度が増えてきました。そのさきがけとなったのが、少額投資非課税制度(NISA)です。つみたてNISAなるものも登場しましたが、投資対象商品の選択肢が多い点では、一般NISAに軍配が上がるでしょう。では、一般NISAを利用する場合には、どのような銘柄がフィットするのでしょうか。

今回は、一般NISAで買う際のおすすめ銘柄を考えてみたいと思います。

幅広い商品に投資できる一般NISA

一般NISAの特徴を簡単におさらいしておくと、年間120万円・最長5年間の最大600万円の枠内で非課税で運用できる仕組みです。一般NISAの最大の特徴は、投資信託や上場投資信託(ETF)だけではなく、個別株式も対象商品に含まれていることです。

積み立て投資に特化したつみたてNISAでは、対象商品はインデックスファンドと一部の上場投資信託(ETF)に限られているので、この点は一般NISAの大きなメリットと言えます。

値上がり益の大きい個別株式が魅力

一般NISAの運用商品を決めるときの手がかりとして、値上がり益と配当の両方が非課税となる点です。特に値上がり益の大きい個別株式に投資できるのは、一般NISAならではの魅力いえます。この点を踏まえると、一般NISAではどのような銘柄を買うのでしょうか。

一般NISAで買うおすすめ銘柄は成長株

一般NISAでの投資候補となるのは、必要な投資資金が少額で済む成長株や中小型株が有力な候補となります。これらの銘柄は、ちょっとしたきっかけで大きく値上がりする可能性を秘めているので、一般NISAに最適な銘柄といえるでしょう。

材料発表で上伸の可能性も大きいテーマ株も選択肢

成長株や中小型株以外の選択肢としては、テーマ株も選択肢の一つです。直近の人気テーマを見てみると、人工知能(AI)やモノのインターネット化(IoT)、自動運転などが注目を集めています。これらのテーマ株にはテンバガーを達成した銘柄も少なくないので、一般NISAでの投資を考えるなら選択肢の一つといえるでしょう。

投資信託も候補に入る

より投資信託の積み立て投資に特化したつみたてNISAも用意されていますが、一般NISAでも投資信託の買い付けに対応しています。一般NISAで買い付ける投資信託は、値上がり益の大きい株式を投資対象とするのがベターです。

また、国内株式ではなく成長期待の大きい海外株式に投資する投資信託のほうが値上がり期待が大きいので、一般NISAでの投資に向いています。

テーマ株ファンドよりもインデックスファンド

一口に海外株式に投資する投資信託と言っても、特定のテーマを設定して投資するテーマ株ファンドから指数に連動することをめざすインデックスファンドまであります。比較的長期間の運用を前提とする一般NISAでの投資なら、運用期限を設定していないインデックスファンドが向いているといえるでしょう。

まとめ

一般NISAでの投資では、積極的に上値を狙う運用が基本となるので、値上がり益の大きい中小型株や成長株、海外株式に投資する投資信託への投資が一般NISAを効果的に活用するための選択肢となります。

一般NISAの仕組みを理解した上で、自分の投資戦略にあわせた商品を選ぶようにしましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。