初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

個人型確定拠出年金(iDeCo)のおすすめ商品は?運用商品の特徴と選び方

個人型確定拠出年金(iDeCo)のおすすめ商品は?運用商品の特徴と選び方

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★☆☆☆

2017年1月から個人型確定拠出年金(iDeCo)は20歳以上60歳未満の人は原則誰でも加入可能になりました。私的年金制度であるiDeCoは運用商品を自分で選べるのが大きな利点ですが、選択が難しいと感じている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、iDeCoのおすすめ商品をご紹介します。特徴を理解して自分に合った商品を探しましょう。

iDeCoの商品ってどのような特徴があるの?

iDeCoの商品は大まかに分けると「元本変動型」と「元本確保型」に分けられます。さらに細かく見ると、元本確保型は預金や保険があり、元本変動型は国内外の株式、国内外の債券を投資対象とする投資信託や、不動産に分散投資を実現する不動産投資信託(REIT)などが含まれます。

iDeCoはこれらの商品に投資することでリターンを狙う仕組みになっています。単独や複数の商品を組み合わせての運用もできますが、組み合わせや市場の状況によっては予想以上に利益が出ることや、元本割れをすることもあります。

iDeCoの投資商品は変更できる

投資商品を決定し、しばらく運用した後、「思いのほか利益が出ない」「元本割れがありそう」という理由で商品変更をしたい場合があります。iDeCoの商品変更には2通りありますので確認しておきましょう。

配分変更とスイッチングの違いを知ろう

まずは「配分変更」です。毎月の拠出金1万円を商品Aに5,000円、商品Bに5,000円に分けて投資しているのを商品Aに6,000円、商品Bに4,000円というように投資割合を変更できます。配分変更は手数料なしで可能です。

商品自体を変更する「スイッチング」は、現在の商品を解約して、新しい商品を購入する手続きです。保有している商品は現時点での価格で売却するので、その時の売却価格によって損益が決まるので、損をしたまま売る可能性もあることを認識しておいてください。

またスイッチングは商品によって売却時に「信託財産留保額」という手数料を取られることがあります。より良い商品に乗り換えたつもりでも、手数料に取られて利益が出ないということもあるので、スイッチングは慎重に注意しましょう。

元本確保型でおすすめの商品はこれ!

金利の面からおすすめしたいのは、あおぞら銀行運用の「あおぞらDC定期(1年)」です。2018年4月時点の金利が0.02%です。他の元本確保型商品の金利が0.01%台の中、比較的高くなっています。この金利は1年後の満期日まで有効です。この商品はSBI証券や大和証券で取り扱っています。

セブン銀行運用の「セブン銀行確定拠出年金専用定期預金(5年)」も金利0.02%です。野村證券で取り扱っています。

みずほ銀行運用の「みずほDC定期預金(1年)」は2018年4月現在で金利は0.01%の商品です。楽天証券松井証券マネックス証券・みずほ銀行など多くの金融機関で取り扱われています。いくつもの金融機関が取り扱っているため、信頼度が高い商品といえるでしょう。

iDeCo「元本確保型」のメリット・デメリット

元本確保型はお金を預けていても損をすることがないため、安定を求める人には最適の商品ですが、銀行の定期預金は満期解約と預け替えも簡単にできるのに対して、iDeCoは金融機関の移動に手間と時間がかかるため、機動的に投資ができないというデメリットがあります。

元本確保型に投資するのならば、ある程度金利の面には目をつむって運用を続けるか、その時々で拠出金の配分変更・商品変更を検討することをおすすめします。

元本変動型ならばこの商品を選ぼう!

元本変動型商品は元本確保型に比べると種類も豊富です。また、リスクが非常に低い商品から高いものまであります。各自のニーズによって選ぶものが全く違ってくるでしょう。

その中でもなるべくコストを抑えたい人におすすめなのが購入時手数料が無料、そして信託報酬も低く抑えているインデックスファンドです。日経平均や東証株価指数(TOPIX)に連動する国内株式をはじめ先進国や新興国の株価指数に連動する商品が販売されています。

インデックスファンドは指数に連動した運用成績となるため、より高い利回りを求めるならアクティブファンドも選択肢に入ります。国内外の株式に投資し、積極的にインデックスを上回る利益を狙うアクティブファンドは、積極運用をするため高コストになりがちですが、リスクがあってもリターンを得たいという人にはピッタリです。

元本変動型商品のここに要注意!

元本変動型は市場環境次第で大きな損を抱えることもありますが、相場環境によっては思わぬ利益をもたらしてくれる可能性もあります。

自分がどのくらいのリスクを覚悟できるかを投資の前に考えておいてください。また長い間、毎月拠出金を出していきます。時々、自分のリスク許容度が変わっていないかを確認しておくようにしてください。

まとめ

一口にiDeCoといっても、人によって毎月の拠出額やリスクの許容度は違うため、投資する商品は慎重に選ぶ必要があります。また、それでも迷うという時は各金融機関やファイナンシャルプランナーへ相談してみるのもいいのではないでしょうか。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。