初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

サラリーマンにオススメ?スイングトレードのメリット・デメリット

サラリーマンにオススメ?スイングトレードのメリット・デメリット

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

株式取引には取引戦略や保有銘柄に合わせて、デイトレードからポジショントレードまで、さまざまな取引方法があります。その中でも、数カ月程度の保有期間を目安とするのが「スイングトレード」です。比較的余裕を持って取引できるスイングトレードですが、実際の取引ではどんな注意が必要なのでしょうか。

今回は、スイングトレードの魅力とメリット・デメリットを見てみましょう。

スイングトレードなら誰でもはじめやすい

単日で売買を完結させるデイトレードは、日中は会社の仕事が重視されるサラリーマンには適しません。業務の始業時間は、マーケットにとっても重要な時間。寄り付きからの数時間が取引できないのは、デイトレーダーにとっては致命的。

その点、余裕を持って取引できるスイングトレードは、日中忙しい中でも取引をするなら有効な取引方法と言えるでしょう。

投資初心者にも向いているトレードスタイル

デイトレードは投資に裂く時間が多くなるだけではなく、経済面でも無視できない負担を強いられます。例えば、時価総額の大きい銘柄は、1パーセント程度の値動きでも大きな値動きとなるだけではなく、取引をするだけでもまとまった資金が必要です。

投資資金を抑えてある程度まとまった利益を狙うなら、スイングトレードが最適と言えるのです。

テクニカル分析と親和性が高いスイングトレード

スイングトレードは比較的短期間で取引する投資手法であり、チャートの形状から今後の先行きを予想するテクニカル分析との相性が良いのが特徴です。

基本的に短期トレードはテクニカル分析を重視する傾向にあるため、スイングトレードとテクニカル分析は親和性が高いのは当然と言えるのです。

テクニカル分析をメインにできるのは大きなメリット

需給や個別企業の決算動向、さらにはマーケットの環境といった、基礎的経済条件(ファンダメンタルズ)に基づいて分析するファンダメンタルズ分析は、投資初心者にとって簡単な分析手法とは言えません。

そのような点からも、テクニカル分析がメインとなるスイングトレードは、魅力的な取引方法と言えるのです。

ロスカットを決断できるかどうかが重要

単日でトレードを完結させるデイトレードに対して、スイングトレードではポジションを保持するので、銘柄の保有期間が数日程度に及びます。

スイングトレードのデメリットとして、外部の悪材料に左右されるケースが挙げられます。すなわち、損切り(ロスカット)の判断が非常に重要になるのです。

悪材料が出たら早めにロスカット

企業の業績下方修正や原油価格の推移、海外市場の動向などの外部要因による影響は、保有期間が長くなるほど大きくなる傾向にあります。外部要因に敏感な銘柄を長期間持ちこすのはリスクばかりを高めるのでNG。

ロスカットのタイミングを間違えると塩漬けになりやすいので、悪材料が出たら早めに手じまいをすることが鉄則となります。常にリスク管理を考えながら投資をすることが重要です。

まとめ

投資においては、自身のルールやスタイルを貫くことが非常に重要です。ルールを守った取引をすれば最終的な損失は限定できますが、ルールを守れないと大きな損失を負いやすくなります。

自分で設定したルールに忠実に取引することで、投資の精度も向上します。上値は欲張らず、下値は潔く。ルールを守って投資することが重要です。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。