初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0
サラリーマンにオススメ?スイングトレードの特徴とメリット・デメリット

サラリーマンにオススメ?スイングトレードの特徴とメリット・デメリット

徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

トレードスタイルは保有株式のホールド期間によって異なります。最もホールド期間が短いものは、皆さまもご存じのデイトレードです。いわゆる、日計で行う取引です。単日で売り買い両方をこなすトレードスタイルであり、翌日以降に、ポジションを残さないのが特徴です。

これに対して、ホールド期間が長いスタイルをポジショントレードと言います。こちらは数週間から数ヶ月間ホールドするイメージです。

今回確認するスイングトレードはその中間に当たります。つまり、ホールド期間は数日間から数週間程度、長くても保有期間は一カ月程度のイメージです。トレードスタイルは各人によって、非常に好みが分かれます。

スイングトレードのメリット、デメリットを知り、自身のトレードスタイルの確立を図っていただければと思います。

日中忙しいサラリーマンもスイングトレードならできる。

日中忙しいサラリーマンもスイングトレードならできる。

単日で売買をこなすデイトレードは、サラリーマンには適しません。
どうしても日中は会社の仕事に拘束されてしまうからです。サラリーマンにとっての始業時間は、まさにマーケットにとってもゴールデンタイム。
寄付からの数時間をトレードに充てられないのは、デイトレーダーにとって死活問題です。

しかし、スイングトレードであればその限りではありません。どんなに短くても、数日間はホールドするスタイルだからです。
日中忙しい中でも、比較的短い期間でポジション整理をしたい場合にはスイングトレードは有効と言えるでしょう。

初心者にもお勧めのトレードスタイル。

スイングトレードは投資初心者にもお勧めのトレードスタイルです。
デイトレードだと、投資に取られる時間も多くなり、経済面でもそれなりの負担を強いられます。

日々売買を行うということは、比較的大きい金額で投資を行わないと利益が上がりません。
毎日、上がり続ける銘柄はありません。時価総額の大きい銘柄であれば、日々の値動きは1パーセント動けば良い方です。

投資資金を抑えた上で、それなりの利益を獲得するのであれば、スイングトレードが最適と言えるのです。

スイングトレードはテクニカル分析との親和性が高い。

スイングトレードはテクニカル分析との親和性が高い。

スイングトレードは比較的短期で取引を行う投資手法であり、テクニカル分析との相性が非常に良いのが特徴です。
テクニカル分析とは、チャートの形状から今後の先行きを予想する投資手法です。

基本的に短期トレードではテクニカル分析を重視する傾向にあるため、スイングトレードとテクニカル分析は親和性が高いと言えるのです。

テクニカルメインで分析が行える点が大きなメリット。

投資初心者にとって、需給や、個別企業の決算動向、さらにはマーケットの環境等、基礎的経済条件に基づき、分析を行う手法であるファンダメンタルズ分析は簡単なことではありません。

スイングトレードでは、短期のトレンドが意識されます。
ファンダメンタルズ分析を行ったところで、数日間のホールド期間ではそれほどメリットがないのです。
ファンダメンタルズ分析は中長期の投資を行う際に有効な分析手法。

一方で、デイトレードやスイングトレードでは、テクニカル分析が効果的と言えます。
シンプルにチャートの形状で分析を行える点、初心者にもメリットがある投資手法と言えるでしょう。

ロスカットを決断できるかどうかが重要。

ロスカットを決断できるかどうかが重要。

単日でトレードを完結させるデイトレードに対して、スイングトレードではポジションを保持します。
つまり、株の保有期間が数日間続く訳です。スイングトレードのデメリットとして、外部の悪材料に左右されるケースが挙げられます。

すなわち、ロスカットの決断が非常に重要になってくるのです。

悪材料が出たときは、早めのロスカットを。

企業の業績下方修正、あるいは原油価格の推移、海外市場の動向。
こういった外部要因がもたらす影響は、ホールド期間が長くなるほど影響を受けやすい傾向にあります。

これらの銘柄の持ち越しは、リスクが高いと言えるでしょう。
ロスカットのタイミングを間違えると、塩漬け状態になってしまうことが多々あります。悪材料が出たときは早めに手を打つことが鉄則です。
リスク管理は常に考えながら投資を行うことが重要です。

まとめ

スイングトレードには、メリットもあれば、デメリットもあります。
投資においては、自身のルールやスタイルを貫くことが非常に重要です。基本的に、スイングトレードであれば、投資期間は長くて数週間。

つまり、ルールさえ守っていれば損失は限定的なのです。
しかし、自身のルールを守れず、ロスカットできなかった場合にはその限りではありません。いつの間にか、スイングトレードではなくなってしまいます。自身のルールに忠実に、マーケットと対峙(たいじ)することで投資の精度も向上します。上値は欲張らず、下値は潔く。ルールを守って投資を行って行くことが重要です。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。