初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

おすすめするCFDの投資方法

おすすめするCFDの投資方法

株の知識レベル:★★★☆☆

CFD取引はレバレッジを効かせた投資を行えるため、上昇相場に乗ることが出来れば多額の利益獲得チャンスが得られます。また、売り買い問わず収益機会を創出できる点もCFD取引における大きなメリットと言えるでしょう。特に、株式CFD等の売りポジションを持つことでオーバーナイト金利を獲得することもできます。その他、どのような投資方法がCFDの取引では有効なのでしょうか。ここからは、CFDに係るおすすめの投資法について、みなさんとシェアできればと思います。

CFDは売りポジションが持てることも魅力

CFDは売りポジションが持てることも魅力

CFD取引が持つ大きな魅力は、売りから入って利益獲得機会を創出できる点にあります。上昇銘柄はなかなか見つけ出すのが難しいですが、下落銘柄は比較的セオリー通りの動きをする傾向にあります。単純に業績が悪ければ売りを浴びせられますし、決算がそれなりの結果だったとしても、市場の期待に届かなかった場合には容赦なく売りを浴びせられます。特に、米国株については決算見合いでこのような値動きをするケースが多いと言えます。短期的に、悪材料が出た銘柄の売り玉を持つことで利益獲得のチャンスが増えます。

外国株投資もCFDで取引できる

外国株投資もCFDで取引できる

CFD取引の魅力は上述した通り、レバレッジを効かせた投資ができる点にあります。よって、リスク資産への投資が少額から可能になります。また、投資対象も株式から債券、さらにはコモディティまでその範囲は多岐に渡ります。もちろん、外国株も投資対象の一つです。米国上場の国とき優良銘柄はもちろんのこと、欧州株や中国株取引をすることもできます。

売りから入ってオーバーナイト金利を獲得する

基本的にCFD取引は、ハイリスク・ハイリターンの取引手法で短期投資に向いています。しかし、株式CFDを売りからする場合にはその限りではありません。株式CFDや業種別CFD、株価指数CFDについては、売りポジションを持つことでオーバーナイト金利を獲得することができます。その名の通り、夜を超えて、翌日にポジションを持ち越すことで得られる利益です。CFD取引では、売りポジションがもたらすメリットは非常に大きいと言えます。CFDの売りはおすすめの投資方法と言えるでしょう。

CFDは売りから入るメリットが大きい

CFDは売りから入るメリットが大きい

例えば、信用取引であれば、空売りをすることでCFD同様に売りポジションを持つことができます。基本的に現物株の信用売りであれば、6カ月以内に反対売買を行い、ポジション調整をする必要があります。一方で、CFD取引であれば売買期日の制限がなければ、取引回数の制限もありません。CFDによる空売りは何時でも自由にできます。この点、利便性の観点からもCFDを利用するメリットは大きいと言えるでしょう。

投資初心者にはインデックス取引がおすすめ

インデックス取引とはその名の通り、インデックスに係る取引のことを言います。インデックスとは指標のことであり、日経225や東証株価指数(TOPIX)、あるいはニューヨークダウ平均やS&P500指数がそれの代表例になります。基本的に、これらの代表的な株価指数であれば日々の値動きはよくて2、3%です。よって、策略がハマれば、値動きが少ないながらもレバレッジ効果でそれなりの利益を獲得することができるのです。また、投資初心者にとっては情報が多いことも大きなメリットです。日経平均の値動きであれば、日々のニュースで確認することができます。スマートフォンを利用することで、リアルタイムの株価の値動きを確認することもできます。よって、投資初心者にとっても比較的投資しやすい対象となるでしょう。

インデックス投資は分散効果も期待できる

個別銘柄であれば、突発的な悪材料が出現したときに、思いもよらない方向に株価が動く可能性があります。仮に、インデックスを丸ごと買っておけば、予測違いの方向に動いた銘柄があったとしても、その他の銘柄が値動きをカバーしてくれます。例えば、日経平均株価であれば225社の平均値であり、ダウ平均は30銘柄の平均値です。インデックス投資をすることによって、自動的に分散効果が得られるのです。また、日経平均やダウ平均に連動する銘柄は24時間売買をすることができます。取引時間が限られる個別の銘柄とは異なり、時間による制限を受けない点もインデックス投資がおすすめの投資方法である理由です。

まとめ

CFD取引のメリットの多くは売り方に存在します。オーバーナイト金利の恩恵を享受できる点はその代表例です。CFD取引においては、有効的に売りポジションを作りに行きましょう。また、投資初心者であれば、投資対象は各国を代表するインデックスにすることをおすすめします。やはり、情報がを集めやすいことが最大のメリットと言えるでしょう。比較的、値動きも安定しており、リスクを抑えた投資をすることができます。

札幌で働く元証券マンのファイナンシャルプランナー。専門分野は株や投資信託を用いた中長期での資産形成。
趣味はスポーツ全般で小、中、高と野球部に所属。また、米国への留学経験があり、海外スタートアップ事情にも精通。
総合評価
(0)
Pocket