初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

株式初心者が任天堂(7974)に手を出すべきではない理由

株式初心者が任天堂(7974)に手を出すべきではない理由

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★☆☆☆

ポケモンGoでの大相場が記憶に新しい任天堂(7974)。連日で売買代金と出来高の上位銘柄に食い込み、日本市場をリードしてきました。一昔前は株価が低迷していたことを考えると、ありえない値動きです。

マーケットの資金がARやVR関連に集中していたことも任天堂が買われた理由の一つでしょう。また、ポケモンの海外人気も株価上昇に寄与しました。一方で、大幅上昇からの反動で、多額の損失をこうむった投資家がいることも事実です。ここからは、投資初心者が任天堂に代表されるゲーム関連銘柄に手を出すべきではない理由を見ていきます。

期待先行の値動き。タイムリーな投資判断が必要

任天堂に代表されるゲーム関連銘柄はハイテク関連銘柄の一種であり、値動きが荒いことが特徴です。ゲーム関連銘柄は期待先行で買われる傾向が強く、株価上昇に実体を伴わないことも珍しくないため、株価が急落する可能性も非常に高いと言えます。つまり、ゲーム関連銘柄への投資はタイムリーで適切な投資判断が必要になると言うことです。

また、値動きのインパクトが非常に大きく、一時的にまとまった資金が集中します。投資初心者はこの過熱感に気付かずに、高値づかみするケースが多いのです。このように、ゲーム関連銘柄には値動きに独特のクセがあり、投資初心者はゲーム関連銘柄の購入は避ける方が良いと言えるでしょう。

経営陣も行き過ぎた株価上昇に注意喚起

任天堂が記録したポケモンGoでの大相場も、期待先行で実態以上に買われる展開になりました。任天堂では、株価の急騰を懸念した経営陣が、投資家へ期待先行の売買を控えるようアナウンスしたほどです。決算前のアナウンスでしたが、決算発表後の急落を警戒した異例の措置だったと言えるでしょう。

特定のコンテンツやハードに頼る株価変動

ゲーム関連銘柄の値動きは、コンテンツやハードへの期待感によりもたらされ、任天堂でも同様のことが言えます。直近の株価上昇の理由をみると、人気コンテンツの「ポケモンGo」のリリースや新ハードのニンテンドースイッチの発売といった特定の材料に頼る傾向が大きいと言えます。

一時的なブームや材料に株価が左右されるため、取引時間中の株価チェックもひんぱんにする必要があります。銘柄の値動きに反応しにくい個人投資家には不利であることも、投資初心者がゲーム関連銘柄に投資をするべきではない理由の一つです。

ジンガの例では、サーキットブレーカーや空売り規制が発動

米国でソーシャルゲーム事業を展開するジンガ(ZNGA)の例を見て行きましょう。フェイスブック上で展開するジンガのゲームは、フェイスブックのPCユーザーの伸びと共に右肩上がりでしたが、フェイスブックがスマホシフトを進めたのに乗り遅れてました。ジンガはソーシャルゲーム事業が株価をリードしていたため、スマホシフト失敗によるユーザーの減少は同社に大ダメージとなり、サーキットブレーカーの発動や空売り規制の措置がとられるほど株価が下落しました。ジンガの失敗はゲーム関連銘柄のリスクが表面化した例と言えるでしょう。

ゲーム関連銘柄で勝ち切るのは至難の業

投資初心者がゲーム関連銘柄で勝ち切るどころか、損失なく取引できる可能性は非常に少ないと言えるでしょう。それだけ値動きも荒く、相場を読む洞察力が求められると言うことです。短期での利ザヤを狙う取引では、値動きの大きいゲーム関連銘柄を買いたくなる心情は理解できますが、ゲーム関連銘柄への投資にはそれなりのリスクが伴うと言うことです。

材料であふれているときほど自制心を持った取引を

ゲーム関連銘柄はソフト・ハードのリリースや売れ行きといった個別の材料に顕著に反応します。好材料が出たときほど、個人投資家は自制心を持った取引が必要です。

このような材料が出たときには、資金力に物を言わせて短期で利ザヤ獲得を狙う短期筋も参入しているので、個人投資家がその餌食になる可能性が小さくありません。ゲーム関連銘柄は、材料が出たときこそ取引を控えるのがセオリーです。

まとめ

ゲーム関連銘柄をさまざまな面からみると、投資初心者が安易に保有することはハイリスク・ローリターンの原因となります。

好材料が出たからと言って飛びつくのではなく、テクニカル分析で適正水準を算出して、余裕資金の範囲内で取引することが欠かせません。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。