初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

ETFが初心者にオススメの理由

ETFが初心者にオススメの理由

株の知識レベル:★★☆☆☆

はじめて株式投資をしようとする場合、ほとんどの人が個別の会社に投資しようと考えるでしょう。

しかし、はじめての投資なら上場投資信託(ETF)の投資からはじめるのも一つの方法です。なぜならETFでの投資を通じて、リスクを抑えながら投資に必要なことを身につけていくことができるからです。
今回は、初心者にETFをおすすめする理由についてお話しします。

ETFなら銘柄選びに迷わなくてもよい

ETFなら銘柄選びに迷わなくてもよい

初心者が始めて投資をするときに困るのが、「どこに投資するか」です。2017年4月現在で、東証一部上場企業だけでも2,000社を超えています。

その中から投資したいと思う会社を選ぶのは大変です。「初心者は身近な会社に投資すればよい」とよく言われます。
仕事で関係する業界や、普段から使っている商品を製造・販売している会社から選ぶという方法です。

それも悪くはありませんが、そうやって選んだ会社でも、業績の不調で、いきなり株価が大きく下がってしまう可能性もあります。ETFなら銘柄選びの手間が省け、急落するリスクも少なくすることができます。

ETFはリスクが小さく、価格変動も小さいものが多い

株式投資では一獲千金を求めてはいけません。
ギャンブルのようなやり方では、いつかは大失敗してしまいます。大きなリターンを狙うということは、リスクが大きく多額の損失が発生する危険性を無視できません。

捨ててもいいお金で遊んでいるのではない資産運用では、可能な限り堅実に考えるべきです。
そのためにはETFで、投資の世界はどんなものかをのぞいてみることをおすすめします。

ETFなら何でもいいというわけではない

ETFなら何でもいいというわけではない

初心者が投資対象に選ぶべきETFはなんでもいいのかというと、そうではありません。
日本ではETFが一般に普及しているわけではないので多くの銘柄では取引量が少なく、自分の思ったように取引することができません。

また、ETFには金や原油など、素人にはわかりにくい商品を対象にしたものも多く含まれています。
そこで最初に考えたいのが、日経平均や東証株価指数(TOPIX)などの日本国内の株価指数に連動する、取引量の多い安定した取引が期待できるETFです。

初心者がETF投資で選ぶべき銘柄は?

日経平均やTOPIXに連動するETFに投資するのであれば、「日経225連動型上場投資信託(証券コード1321)」などが候補になります。これらのETFは、指数が上昇した時に利益が出るので、下落局面では利益を出せません。

そこで指数が下落する時に利益が出るインバースタイプとして、「日経平均インバース上場投信(証券コード1571)」なども候補の一つとなります。

紹介した以外にも初心者向けのETFはありますが、この2タイプのETFを知っていれば、リスクを少なくしていつでも利益を出せる環境にすることができます。

ETFを通じて、投資の世界を知ることからはじめる

ETFを通じて、投資の世界を知ることからはじめる

投資の世界には、いろいろな人が参加しています。人数では個人投資家が大半を占めているでしょう。
しかし、株価に影響力を持つのは資金力であり、人数ではほんの一部にすぎない「プロ」の投資家が大きな力を持っています。

通常、プロの投資家は少しでも多くのリターンをあげようと、「今日、初めて株式投資をします」という人が相手でも手を抜くことはありません。投資の世界がどんなものかを理解していないと、初心者はあっという間に損をしてしまうこともあるのです。

投資の世界の厳しさは情報を仕入れるだけで身につくものではなく、実際に体験して初めて本質を理解することができます。
そのためにも、まずはリスクの低いETFで、株式市場をじっくりと観察することができます。

ETFで、投資において大切な情報を判断する練習を

資産運用で大切なのは「情報」ですが、「情報が大切だ」と知っていても、それでは安心できません。
「手に入れた情報を、どう判断するか」が重要です(情報を早く入手することも重要ですが、会社員の人には限界があるため、省いています)。

そのためには情報を判断する「練習」が必要です。ETFで投資していれば、大きな利益を得ることも難しいものの大きな損失をかぶる可能性も小さいため、じっくり時間をかけて練習することができます。

その練習とは、「今知っている情報を元に、少し先の日経平均株価を予想する」というものです。日本の経済情勢と、日経平均株価に与える影響が大きい会社のニュースを元に、上がるか下がるかを考えてみましょう。

多くの上場企業が、日経平均株価やTOPIXといった指標の値動きの影響を多少なりとも受けているので、ひいては個別銘柄の値動きを予想する力を養うことにもなります。

まとめ

初心者が株式投資をするにあたって大切なことは、実際に投資してみないと本質を理解することはできません。そこで、リスクを抑えたETFでの投資が初心者に向いているのです。

広い視野で投資の世界という戦場を観察するためにも、まずはETFでの投資を考えてみることをおすすめします。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。