初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

はじめての投資には上場投資信託(ETF)。初心者が選ぶべき銘柄は?

はじめての投資には上場投資信託(ETF)。初心者が選ぶべき銘柄は?

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★☆☆☆

株式投資と聞くと真っ先に個別株投資を連想しますが、リスクを抑えて投資をはじめるなら、上場投資信託(ETF)は魅力的な選択肢になります。

なぜ、ETFが魅力的な選択肢となるのでしょうか。今回は、投資初心者にこそETFへの投資をおすすめする理由を見てみましょう。

銘柄選びの手間を省けるETF

投資をはじめるときに最初に立ちはだかる壁が、「銘柄選び」です。東証一部上場企業に限っても2,000社を超え、これだけの企業の中から将来有望な企業を探しだすことは並大抵の知識や経験でできることではありません。

その点、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)にといった特定の株価指数(インデックス)に連動するETFは、ETFに投資するだけで間接的に日経平均採用銘柄や東証上場企業を幅広く保有することにつながるので、銘柄選びのプロセスを省くことができるのです。

手軽で低コストな分散投資を実現できるETF

世界の証券市場に目を向けると、年金基金や保険会社、ヘッジファンドなどの機関投資家がメインプレイヤーとして大きな力を持ち、少しでも多くのリターンを得るため、最先端の金融工学を取り込んだ投資理論に基づく運用を進めています。

個人投資家が機関投資家に対抗するためには、時間と資産を分散した分散投資が有力な手段と言われています。ETFは個人投資家でも手軽に分散投資を実現できる投資商品として、注目を集めています。

ETF選びのポイント

資産運用としての株式投資はリターンよりもリスクを重視して、できるだけ堅実に考えるべきであり、投資初心者にこそETFがおすすめです。東京証券取引所(東証)に上場するETFは数百を超えていますが、大部分は純資産残高や取引量が小さく、投資対象としては不適切なものがほとんどです。

そんな東証上場ETFの中でも、投資に適した数少ないETFと言えるのが、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)などの主要な株価指数に連動するETFです。これらのETFは日本銀行(日銀)の資産買い入れの対象となっているため、値下がり局面での買い支えも期待できる点で有利と言えます。

取引の中心は主要指数に連動するETF

指数連動ETFの中でも特に取引量の大きいETFを見ると、日経平均は野村アセットマネジメントの「日経225連動型上場投資信託(1321)」、東証株価指数(TOPIX)は日興アセットマネジメントの「上場インデックスファンドTOPIX(1308)」があげられます。

このほかにも日経平均やTOPIXに連動することを目指すETFはありますが、投資初心者であればこの2本からはじめることで、個別株への投資と比べてリスクを抑えた投資が期待できます。

ETFへの投資で投資スキルを磨く

株式投資で利益を得るためには、さまざまな手がかりから値上がり・値下がりを予測して、最適なタイミングで利益確定が必要になります。タイミングをはかるためには正確な情報を手に入れるだけではなく、手に入れた情報をどう活用するかも重要です。

個別株と比べると値動きがマイルドなETFは、短時間で大きな損失をこうむる可能性が小さいため、情報の入手や活用に時間をかけられます。ETF投資を足掛かりにすることで、投資に関する情報判断のスキルを磨く一助となります。

日経平均ETFの値動きから企業動向で予測する

ETFへの投資で投資スキルを磨く練習には、国内外の政治・経済と日経平均株価に与える影響が大きい企業の動向(日経平均寄与度)から、日経平均に連動するETFの価格が上がるか下がるかを考えてみるのがおすすめです。

多くの個別銘柄は、多少なりとも日経平均株価やTOPIXといった株価指数の影響を受けています。そのため、日経平均やTOPIXの先行きを予測することは、個別銘柄の値動きを予想する力を養うことにもつながります。

まとめ

投資初心者が株式投資の魅力と危険を理解するためには、実際に投資をしてみるのが早道であり、個別株に比べると値動きがマイルドなETFは投資初心者に最適な投資商品の一つと言えます。

広い視野で投資をする能力を養うためにも、まずはETF投資を考えてみることをおすすめします。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。