初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

PTS取引のコツとは?忙しいサラリーマンに最適な投資テクニック

PTS取引のコツとは?忙しいサラリーマンに最適な投資テクニック

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

個人投資家の主戦場である東京証券取引所(東証)の取引時間は、平日日中の9時から15時までであり、サラリーマンがリアルタイムで値動きを確認や頻繁な取引をすることは本業をおろそかにすることにつながります。しかし、一部の証券会社が接続している私設取引システム(PTS)取引を利用すれば、帰宅後も値動きを確認しながらリアルタイムの取引ができます。

今回は、忙しいサラリーマンに便利なPTS取引のメリットとデメリット、利用時のコツについて詳しく確認していきましょう。

PTS取引を利用することで夜間でも取引が可能に

PTS取引とは、証券会社の私設取引所を利用することで、早朝や夜間でも株式取引を可能としたシステムです。その最大の特徴は、早朝・夜間問わずリアルタイムで株価の値動きが確認できることです。取引参加者が少ない夜間取引は値動きが荒くなる傾向がありますが、値動きを確認しながら投資したい方には最適の投資手法です。

このように取引時間が比較的自由にとれるPTS取引ですが、対応している証券会社は一部のネット証券に限られています。安定したPTS取引を利用したい場合はSBI証券での口座開設がおすすめです。

サラリーマンなら19時帰宅、20時取引開始も可能

PTS取引は8時20分から16時までのデイタイムセッションと17時から23時59分までのナイトタイムセッションに分かれていて、この時間内であればいつでも取引可能です。

例えば、サラリーマンが仕事を終えて帰宅し、その後20時頃から取引を開始することも可能なのです。また、出社時間によっては明朝の取引も可能になるかもしれません。PTS取引は忙しい方にこそ最適な投資手法と言えるのです。

PTS取引では海外市場の動向を意識した取引がコツ

日本の株式市場は、海外市場の動向に左右される傾向があります。特に、米国市場との相関関係は強く、米国株が下落すれば日本株が下落することは多々あります。つまり、株式取引で利益を上げるには、海外市場の動向を意識することが必要不可欠なのです。

海外の重要統計発表後にタイムリーに取引できるのは、PTS取引の非常に大きなメリットと言えるでしょう。重要統計の発表前後は非常に値動きが出やすいタイミングなので、このタイミングを狙ってタイムラグなく取引することで、損失を抑えて利益を狙うことが期待できます。

決算前後の取引もPTSを使えば有利になる

株式取引では、指標発表だけではなく決算発表の前後も利益獲得の非常に大きなチャンスになります。特に取引が活発な米国市場では時価総額が数10兆円を超える大企業でも、10%前後の大幅な値動きがあります。

米国ほどとは言いませんが、国内市場でも決算前後の取引は非常に大きなチャンスです。大手企業の多くは大引け後である15時以降に決算発表をするケースが珍しくありません。PTS取引を使えば、決算内容を確認後、翌日の取引をまたずに取引をすることができます。決算発表とタイムラグなく取引をするためには、PTS取引のナイトタイムセッションがおすすめです。

取引参加者が少なく、値動きが荒い点には要注意

PTS取引におけるデメリットも確認してみましょう。PTS取引を取り扱う証券会社が少ない理由の一つとして、PTS取引の利用者が少ないことに起因します。利用者の少なさは取引参加者の少なさにもつながり、流動性の乏しさを招きます。

流動性が乏しいと思わぬ値段で約定したり、そもそも売買が不成立になるリスクが生じます。PTS取引では、注文が約定するまでの仕組みを正しく理解してから使うことが欠かせません。

暴落銘柄に絞って取引するテクニックも

流動性の乏しさからPTS取引での株価は思いもよらぬ値動きをすることが珍しくありません。決算前後に個別材料がでたときは、株価が顕著に反応しやすく、暴騰・暴落することも珍しくありません。

PTS取引におけるテクニックは、暴落銘柄を狙うことです。個別で悪材料が出たときには、立会時間外のほうが大きく値下がりしやすく、暴落銘柄に絞った取引も有効なテクニックとなります。

まとめ

取引参加者の少なさから場中取引と比べると独特な点の多いPTS取引ですが、ポイントを押さえた取引をすることで、利益獲得の機会を拡大することができます。重要イベントの前後はPTS取引を有効活用することで利益獲得のチャンスが拡大するでしょう。

ただし、取引参加者の少なさや流動性の低さなど、初心者にはリスクの高い取引手法でもあります。基本の取引はあくまで立会時間中に行うよう心がけましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。