初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

個人投資家でも”効果的に分散投資する”ためのポートフォリオの考え方とは

個人投資家でも”効果的に分散投資する”ためのポートフォリオの考え方とは

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★☆☆☆

書類入れ(ポートフォリオ)とは、金融の世界では「運用している金融資産の組み合わせ」を意味する言葉であり、堅実に資産運用のためには、ポートフォリオを意識しながら投資する金融商品を選ばなければなりません。

今回は、ポートフォリオの重要さと、ポートフォリオを決めるときのポイントがどのようなものかを見てみましょう。

投資格言「タマゴはひとつのカゴに盛るな」

有名な投資格言に、「タマゴはひとつのカゴに盛るな」というものがあります。一つのカゴにタマゴを盛ると、そのカゴを落とした時にすべての卵が割れてしまいますが、いくつかのカゴに分けていれば、損害は一部だけで済みます。

投資でも同じように、ひとつの金融商品にだけ集中投資していると、それが失敗した時に多額の資産を失うことになります。そこで、複数の商品に分散投資することが重要なのです。

どのような分散方法が効果的なのか?

株式投資であれば、業種を分けて投資するのが一般的ですが、分散の仕方によっては偏りが生じるため、輸出関連銘柄と内需関連銘柄のように大きなくくりで分散することを心がけます。

また、銘柄だけではなく投資するタイミングをずらすドルコスト平均法による時間分散も念頭に置きましょう。

堅実なものへの投資を基本にする

資産運用の目的は堅実に資産を増やすことであり、ハイリスクなものばかりに投資するのではなく、分散投資をすることでより確実な成果を出せるようにするべきです。堅実なものへの投資を基本に、一部をややリスク・リターンが高いものに投資することで、「堅実だけれどうまくいけばより大きな利益が得られる」というポートフォリオにするのが理想です。

若いうちは堅実なものへの投資が少なくても投資期間を長くとれるためより積極的にリスク・リターンをとりにいってもよいですが、年齢を重ねて投資期間が短くなるのであれば、リスク・リターンを抑えめにしたポートフォリオを組むようにしましょう。

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の国際分散投資

分散投資の一例として、私たちが支払った年金保険料を運用している年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の基本ポートフォリオを紹介しましょう。

GPIFの運用原資は我々が納めた年金であり、年金を支給する財源とするための投資であるため、安全かつ効率的な運用が行われています。

GPIFの基本的なポートフォリオは、下記の通りです。

  • 国内債券:35%
  • 国内株式:25%
  • 外国債券:15%
  • 外国株式:25%

このように、株式よりもリターンは小さいもののリスクも小さい債券に資金の半分を投資して、国内外の株式に等分に投資することで、堅実な分散投資の実現を目指しています。

GPIFを参考に個人投資家も効果的な分散投資を

世界最大の機関投資家であるGPIFと違い、投資資金の少ない個人投資家は思うような分散投資をしにくいことは珍しくありません。そこで活用したいのが、株価指数に連動する投資信託(インデックスファンド)インデックスファンドが証券取引所に上場した上場投資信託(ETF)です。

インデックスファンドやETFであれば1万円程度という少額からでも日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)に採用されている全ての銘柄に分散投資をしているのと同じ効果が得られます。また、連動する株価指数は国内外の株式や株式以外の資産などさまざまなものがあるので、ポートフォリオに合致した運用を手軽に実現できます。

一度買ったら終わりではない。リバランスの重要性

分散投資は特定の金融商品や株に集中投資してしまうことを避ける手法であり、分散を維持するためには一度買ったら終わりではなく、定期的にリバランスをする必要があります。

仮に、保有資産100万円を「債権50万円・株式50万円」の割合で投資して、株式が2倍に値上がりして保有資産が「債券50万円・株式100万円」になり、分散の割合は「50%ずつ」から「債券33%・株式67%」に変化したケースを考えてみましょう。

この場合、堅実に投資するためには債券と株式を半分ずつ保有することが望ましいため、株式を一部売却して債券を購入するか、債券を追加購入することでバランスを保つ必要があります。売却をするとその時点で税負担が発生することを考えると、できるだけ債券の追加購入を選びたいところです。
どちらにしても、ポートフォリオを定期的に見直すことで、バランスが崩れた部分を見直すことはリスク・リターンの管理の点からは欠かせません。

まとめ

株式取引をはじめると目先の大きな利益に魅力を感じますが、資産運用をする目的を考えると、リスクとリターンのバランスのとれた運用を心がけなければなりません。

適切な運用を実現するためにも、ポートフォリオを組んで分散投資を心がけ、無理のない投資を実現できるようにしましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。