初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

テーマ株とは?話題性を材料にした株の買い方

テーマ株とは?話題性を材料にした株の買い方

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★☆☆☆

テーマ株とは、いま話題になっている注目銘柄のこと。○○関連銘柄といったように、話題のテーマによって株価の変動が予想されます。

テーマ株は短期間に株価が上昇するため、うまく投資すれば大きな利益を得られます。今回は、テーマ株の特徴と投資する際のポイントを確認していきましょう。

テーマ株が値上がりする理由とは?

ある日突然、テーマ株は大幅に値上がりして注目を集めます。ニュースがきっかけで買いが集まる場合もあれば、仕手筋などが意図的に株価を釣り上げて注目させている場合もあります。

注意しておきたいのは"根拠のある値上がりではない"ということ。あるニュースが発表されたとしても、その銘柄に直接ポジティブな影響を与えるものだとは限りません。

普段は注目されていない流動性が低い銘柄に買いが集まると、需給バランスが崩れ、株価が暴騰してしまうことがあるのです。

テーマ株は値動きの激しさに注意

テーマ株に注目が集まると、その銘柄の実力以上に株価が上昇します。冷静な判断ができる投資家は、人気化したらすぐに売却に走ります。買い手よりも売り手が多くなれば、株価は一気に下落に転じます。

このように、テーマ株は値動きの激しさが特徴だということを覚えておきましょう。

人気化する前より高い水準で株価が落ち着く場合がありますが、これは高値で買った投資家の中に塩漬けしてしまう人たちがいるため。その後、徐々に株価は下がっていく傾向にあります。

テーマ株を見つけるには?

テーマ株を見つけるには?

テーマ株として注目されやすいのは、新聞を賑わすような最新の話題フィンテックや人工知能(AI)、バイオ関連などのように、将来性のある話題がテーマ株の材料として多いです。

テーマ性のあるニュースを材料に、関連銘柄に買いが集まります。テーマ株の特徴として、最初にある銘柄が人気化した後、次に恩恵が受けられそうな銘柄にも注目が集まります。はじめに人気化した銘柄ほどの値上がりは期待できませんが、ある程度の利益が見込めるため、、第2・第3のテーマ株を狙う投資家もいます。

大きなイベントにあわせて材料を先取りする

オリンピックなどのスポーツイベントの結果などをきっかけに人気を集めるテーマ株もあります。金メダリストが使っているスポーツ用品メーカーの株が急騰する、などが最たる例です。実際、2008年の北京オリンピックで、ある水着を着用している選手が次々と世界記録を出したことで、日本でライセンス契約をしている会社の株が急騰したことがありました。

季節的なイベントにあわせて材料を先取りする

季節的なニュースでも、例年よりも大きく取り上げられるような場合に、そこから連想して人気化するものもあります。天気の3カ月予報で記録的な猛暑が報じられると、エアコンメーカーや飲料メーカーの株価が急上昇することがあります。

例年以上のニュースになる場合以外に、異常事態に株価が反応する場合もあります。以前、新型インフルエンザが流行したときには、ワクチンだけで予防できないためマスクが売れると連想され、マスクを製造販売している会社の株価が急騰しました。

テーマ株は売買のタイミングに注意する

株価上昇が早く、人気が去るのも早いテーマ株。売買のタイミングを間違えば、利益を得るどころか想定外の損失をこうむる可能性があります。

場中に材料が出るとわずか数十分で株価が上がってしまいますし、取引時間外に材料が出た場合でも、寄り付きから高い株価になってしまいます。人気が出ていると気づいた時には、すでにある程度株価が上がっている状態です。

人気化しているからと飛びついても、思うように利益は上げられません。飛びつく前に、この銘柄はまだ人気化し続けるか冷静に考えるようにしましょう。

まとめ

テーマ株への投資は、大きな利益が得られるチャンスを秘めています。利益を大きくしようと欲張れば失敗する可能性もあるため、早めの利益確定を心がけましょう。

» 初心者にもわかる株の買い方

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。