初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

テーマ株とは?話題性を材料にした株の買い方

テーマ株とは?話題性を材料にした株の買い方

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★☆☆☆

○○関連銘柄といったように、話題のテーマによっては、テーマ株は短期間での値上がりが期待できるので、タイミングをつかめれば大きな利益を得られます。

今回は、テーマ株の魅力と、テーマ株に投資するポイントを確認していきましょう。

特定の話題や関連銘柄からなる「テーマ株」

テーマ株とは、株式の分類方法のうち、話題の材料に関連する企業の銘柄を「テーマ」として捉える分類方法です。テーマには社会問題に関係するものや新技術など、その内容は多岐にわたります。

テーマ株は、ある日突然大きく値上がりすることで注目を集めます。値上がりするきっかけとなるのは、IRや各種報道だけではなく、仕手筋による仕掛けがきっかけとなることもあります。

テーマ株は値動きの激しさに注意

テーマ株は一度注目が集まると、実力以上に株価が上昇しやすく、ちょっとしたきっかけで以前の株価をさらに下回る水準まで値下がりことも珍しくありません。テーマ株は値動きが激しいことも覚えておきましょう。

第2・第3のテーマ株を探すのも有効

テーマ株でははじめにもっとも恩恵が期待できそうな銘柄が人気銘柄になりやすい傾向があります。しかし、最初の銘柄があまりにも割高になると、次に恩恵が受けられそうな銘柄にも注目が集まります。

後追いの銘柄でもある程度の利益は狙える

後追いの銘柄は最初の銘柄ほどの値上がり益は期待できませんが、それでもある程度の利益が見込めるため、テーマ株への投資では2番手・3番手の銘柄を狙うのも効果的です。

大きなイベントもテーマになる

短期のテーマとしては、全国規模・世界規模のイベントもテーマとなります。大規模なスポーツイベントや国際会議は短期のテーマになりやすく、裾野の広さから思わぬ銘柄が関連銘柄として注目を集めることは珍しくありません。

イベントをテーマにするなら売買タイミングは重要

イベントをテーマとするときには、売買タイミングも重要です。イベントは長くても数週間から一か月程度と短期で終わってしまうため、イベントの開催前に仕込んで開催中に手放すくらいのスピード感が重要です。タイミングを逃すと値下がりした銘柄をいつまでも塩漬けすることになるので、売買タイミングを逃さないように注意しましょう。

まとめ

タイミングをとらえた適切な取引ができれば短期でも中長期でも大きな利益が狙えるテーマ株ですが、テーマ選びや銘柄選び、売買タイミングの見出し方など、テーマ株ならではの難しさも抱えています。

テーマ株への投資でリスクを避けるためには、普段の取引以上に資金管理とリスク管理に注意を払った取引が欠かせないといえるでしょう。

» 初心者にもわかる株の買い方
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。