初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0
最適なのはどこ?証券会社を選ぶときのポイント

最適なのはどこ?証券会社を選ぶときのポイント

株の教科書.com編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
株の知識レベル:★★☆☆☆

多数の証券会社がありますが、株式取引をする証券会社をどうやって選んでいますか?

サポート体制、手数料、オンライントレードのシステムなどが証券会社によって異なっていて、株取引のスタイルや証券口座に求めるものも投資家によってそれぞれです。この記事では自分にぴったりの証券会社を見つけるポイントをご説明します。

投資情報の提供やアドバイスが必要か

投資情報の提供やアドバイスが必要か

野村證券、日興証券、大和証券、みずほ証券、三菱UFJモルガンスタンレー証券などでは、投資家ごとに担当者がついて株式取引に関するアドバイスを行い、支店や電話での取引も可能です。例えば株式や市場の情報を提供し、要望に合った銘柄を提案するなどしています。

一方、オンライン証券会社では担当者はつかず、投資情報の収集や銘柄検索は自分で行い、インターネット取引が中心です。情報提供やアドバイスを必要とするか、それらはなくても取引手数料が安いほうが良いかということが、証券会社を決めるポイントの一つとなります。オンライントレードでは、ニュースや銘柄情報など多様な情報が提供され、Quickや会社四季報を利用できる会社もあります。

結構差がある!国内株式の取引手数料

取引手数料の体系は約定ごとに手数料がかかるプランと1日定額プランがありますが、ここでは約定ごとに手数料がかかるプランで、約定代金が100万円以下のケースを想定してお話しします。

オンライン証券会社におけるインターネット注文の手数料相場は「約定代金×0.05~0.1%」で、最低手数料は100円です。例えば約定代金が10万円であれば手数料は100円~150円、50万円であれば300円前後、100万円であれば500~1000円弱となります。

一方店舗をもつ証券会社で担当者に電話注文すると、平均的な手数料は「約定代金×約1%」で最低手数料は2500円前後で、インターネット注文では手数料がほぼ半額になります。

みずほ証券や大和証券の「ダイレクトコース」など、店舗がある証券会社も支店担当者がつかないコースでは、平均的な手数料は「約定代金×0.3%」、最低手数料は1000円ほどです。「約定代金×0.3%」のプランでも50万円の取引にかかる手数料は1500円ですから、片道(買付または売却)の取引のみで1000円以上の差がつくと考えると大きいです。

取引スタイルに関わる!どんな注文方法が可能?

取引スタイルに関わる!どんな注文方法が可能?

株価を指定しない成行注文や現在より低い買付単価や高い売却単価を指定する指値注文はどの証券会社でもできますが、指値注文とは反対の注文方法となる逆指値注文や指値注文と逆指値注文を同時に発注するOCO注文などそれ以外の注文方法もできる証券会社もあります。

週末~30日まで!注文の有効期間

多くの証券会社では国内株式の注文有効期間は最長で週末までです。しかし一部の証券会社では、権利落ち日などを除き、もっと長い期間の注文ができるシステムもあります。

例えば楽天証券ライブスター証券では30営業日で、SBI証券カブドットコム証券マネックス証券も週末より長い有効期間の注文を出すことができます。頻繁に取引する時間がない方にとっては有効期間が長いほうが便利です。

オンライントレードの使いやすさ

オンライントレードの使いやすさ

オンライントレードにおけるメニュー構成、チャート、売買の発注システムなどは、それぞれの証券会社で違うので、発注画面のスクリーンショットやデモ取引を見てみましょう。債券など幅広い商品を取り扱っているよりも、取扱商品が少ないオンライントレードのほうがメニュー構成はすっきりしています。

オンライントレードが初めてであれば、内藤証券のようにシンプルな構成のほうが、保有資産一覧、取引履歴、売買、訂正などの基本的なメニューを見つけやすいでしょう。またパソコンでできる取引がスマホでもできるとは限りませんので、スマホで取引したい方は、どのような情報ツールであるかや注文方法がスマホ対応しているかも確認してください。

実際に使ってみて分かることもある

特定口座や一般口座では指値の変更はどの会社でもできますが、NISA口座ではできない証券会社もあります。そのような細かい点は「よくある質問」に掲載されていることが多いです。指値注文の値段を変更するときに速やかに行えるかなど、実際に使ってみなければ分からない点もあるので、使いにくいと感じたら他の証券会社を試してみるのも一つの方法です。最初に複数の証券会社の口座を作っておくとあとで手間に感じることもありません。

入金方法、チャート、指標、スクリーニングなど

入金方法、チャート、指標、スクリーニングなど

注文以外にオンライントレードで、チャートや銘柄検索などのツールを使ったり、入手金を行ったりします。入出金は銀行振り込みのみの証券会社と、オンラインバンキングと連携する「リアルタイム入金」に対応している証券会社があります。株価チャートや銘柄スクリーニングを見て、使いたいツールがある証券会社に口座を開設してみても良いでしょう。

まとめ

このように証券会社を選ぶポイントは手数料の安さ、オンライントレードの使いやすさや機能、担当者によるアドバイスの有無などです。証券会社では債券などいろいろな商品を取り扱っています。株以外に取引したいというものがある場合は、取り扱いがあるか調べてみましょう。

» 初心者にもわかりやすい株の始め方

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。