初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

最適なのはどこ?証券会社を選ぶときのポイント

最適なのはどこ?証券会社を選ぶときのポイント

株の教科書.com編集部
株の教科書.com編集部
記事の難易度:★★☆☆☆

サポート体制や手数料、オンライントレードシステムなど、証券会社の提供するサービスには違いがあり、投資スタイルによって投資家が証券会社に求めるものも違います。

今回は、証券会社に口座開設をするときに比較・検討するポイントとなる部分について、どのような点に注目して比べるとよいのかを見てみましょう。

投資情報の提供やアドバイスが必要か

対面販売の証券会社はサポート充実

野村證券、日興証券、大和証券、みずほ証券、三菱UFJモルガンスタンレー証券などでは、投資家ごとに担当者がついて取引に関するアドバイスを提供しています。個別銘柄や市場の情報を提供するだけではなく、要望に合った銘柄を提案するなどしています。

ネット証券は自力で情報収集

一方、インターネットでのオンライン取引を専門とするネット証券では担当者はつかず、自力で投資情報の収集や銘柄検索をするインターネット取引に特化しています。ただし、投資判断をサポートするために通信社と提携したニュース配信やリアルタイムの株式・為替相場のレート配信、個別銘柄のトピックなど、豊富な情報配信をしています。

結構差がある!国内株式の取引手数料

サポートの対価として高コストな対面証券

対面証券での電話注文では、一注文ごとにかかる手数料は「約定代金×約1%」が目安です。これに対して「ダイレクトコース」など担当者がつかないオンラインコースでは、手数料は「約定代金×0.3%」程度になり、売り・買いのどちらかでも数千円単位の差がつくことになります。

安価な手数料体系が魅力のネット証券

片道の注文ごとに数千円程度の手数料が発生する対面証券に対して、ネット証券の手数料相場は「約定代金×0.05~0.1%」程度であり、手数料コースによっては一定の取引金額を下回ると、手数料無料というケースもあります。手数料面で比較すると、ネット証券は対面証券に比べてはるかに有利といえるでしょう。

» 一番安いネット証券は?株式取引の手数料を比較しよう!

取引スタイルに関わる!どんな注文方法が可能?

高度な注文方法で違いが出る

株価を指定しない成行注文や注文する株価を指定する指値注文・逆指値注文は対面証券・ネット証券を問わず対応していますが、それより複雑な注文方法となると、ネット証券がより充実したサービスを提供していることがほとんど。

また、一部のネット証券では注文そのものを完全に自動化した自動売買のサービスを提供していることもあります。

週末~30日まで!注文の有効期間

多くの証券会社では国内株式の注文の有効期間は最長で週末までですが、一部の証券会社では権利落ち日などを除いて、より長い期間の注文に対応していることもあります。

例えば楽天証券ライブスター証券では30営業日で、SBI証券カブドットコム証券マネックス証券も週末より長い有効期間の注文を出すことができます。頻繁に取引する時間がない方にとっては有効期間が長いほうが便利です。

オンライントレードの使いやすさ

オンライントレードにおけるメニュー構成、チャート、売買の発注システムなどは、それぞれの証券会社で異なり、取引条件と並ぶ重要な比較ポイントです。一般的にオンライン証券のほうがシンプルで使いやすい画面構成をしています。

パソコンでできる取引がスマホでもできるとは限りませんので、スマホでの取引が中心となるようであれば、スマホでの取引のしやすさを確認することも欠かせません。

実際に使ってみて分かることもある

取引条件や取引ツールなどはもちろん、実際の注文にするときに細かい点での違いが明らかになることがありますが、そのような細かい点は「よくある質問」やQ&Aに掲載されていることがあります。

実際に使ってみなければ分からない点もあるので、使いにくいと感じたら他の証券会社に切り替えてしまいましょう。最初に複数の証券会社の口座を作っておくとあとで手間に感じることもありません。

まとめ

このように証券会社を選ぶポイントは、手数料の安さやオンライントレードの使いやすさなどです。証券会社で口座開設をするときには、自分の投資スタイルに合致するサービスを提供している証券会社を選ぶことが、安定した取引のためにも欠かせません。

» 初心者にもわかりやすい株の始め方

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。