初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

会社員が株式取引をするときに気をつけたいポイント

会社員が株式取引をするときに気をつけたいポイントとは

株の知識レベル:★★☆☆☆

給与とは別に自由に使えるお金がもっと欲しい、子どもの教育資金を作りたい、経済の勉強になりそう・・・。株式投資を始めたいと思うきっかけはさまざまです。ただ、あなたが会社員だとしたら、取引をはじめる時にはちょっと気を付けた方がいいかもしれません。

今回は、会社員が株取引を行う時の注意点について挙げていきます。取引を始める前にチェックしておいてください。

あなたの会社は上場企業?

株式の取引をする時、ほとんどの人が株式市場で取引を行うと思います。しかし、あなたの会社が東京証券取引所などに上場している企業ならば、注意が必要です。取引の内容によっては、インサイダー取引に該当する可能性も出てくるからです。

自分の勤める会社の株式を、未公開の重要な情報を元に売買したらインサイダー取引となり、摘発される恐れもあります。また、決算期には売買全てを禁止する企業もあります。自社の株式を売買したい場合は、勤務先の担当部署に確認してから取引をするようにしてください。

取引先の株を売買する時には要注意

もっとも典型的なの例として、株式を買いたい企業が取引先や親族の勤める企業の場合があげられます。未公開だがいい情報があるからと取引をしたら、インサイダー取引とみなされて逮捕されたケースは枚挙に暇がありません。

会社員の人は他の会社とのお付き合いも多いと思います。様々な会社の情報を取得できる立場でもありますので、注意するようにしましょう。

株の取引時間にも気を付けましょう

会社員の場合、朝から夕方や夜まで勤務されている人も多いことでしょう。社内規定によって就業時間内の副業を禁止していて、株式取引を副業とみなす会社だと、服務規定に抵触する可能性もあるのです。

最近は、多くの人がパソコンやスマートフォンで取引をしています。移動中やちょっとした空き時間に、株価をチェックして取引をすることで、会社から罰せられることや、最悪の場合、免職になることもあり得ますので留意しておいてください。

会社員の株式取引は銘柄選びが大切

株式取引をしていたら、値動きが気になり、一日に何度もインターネット等でチェックしてしまうという人がいますが、会社員には服務規定の問題もあります。また、頻繁に株価チェックをしていたら、業務に支障をきたす恐れも出てきます。

では、市場が開いている時間に、株価チェックや取引ができない会社員の人たちに最適な銘柄はどのようなものでしょうか?

まず、一日のうちで株価が大きく変動するような銘柄は避けた方が無難です。このような銘柄は、日に何度も取引を繰り返す「デイトレード」に利用されることが多くなっています。他に業務をこなしながら、何度も取引をするのは会社員にとっては、難しいかと思われます。

なるべく経営が安定していて配当も安定して出ている企業に投資するということも忘れてはいけません。このような企業は、株価が少し下がったとしても、配当金が出れば、大きな損を出す心配も軽減されます。

税金のことを忘れてはいけません

税金のことを忘れてはいけません

最後に税金について確認しておきましょう。会社員は、会社の給与から税金が源泉徴収されており、自分で確定申告する必要がありません。

しかし、株式取引で大きな利益を出した場合は、確定申告の必要が出てきます。具体的には、「一年間の株取引で20万円以上の売却益を出した場合」です。

確定申告をするのが難しい人はどうする?

確定申告をするとなると、会社の業務以外に書類の作成が必須であり、時間が取れないという人もいるでしょう。そのような人は、どうすればよいのでしょうか?

確定申告をしたくない人は、証券会社で株取引の口座を開設する際に、「特定口座」で「源泉徴収あり」を選択してください。この口座にしておくと、いくら利益が出ても、自分自身で確定申告する必要なく、証券会社が取引の度に納税を代行してくれるのです。

ただし、「源泉徴収あり」口座は取引の度に、税金が徴収されるので、損を出した時にも税金がかかることになるのです。損を出しても税金がかかるということは、当然ですが、年間の利益が20万円以下だったとしても、税金の徴収があります。

損をした場合には絶対税金を払いたくないと思っている人は、「源泉徴収なし」を選ばないといけません。20万円以上の利益が出たら、確定申告の必要が出てきます。確定申告あり・なしのどちらかがいいかは、どのくらい利益が出るか、書類作成の手間に応じて決めるのがいいでしょう。

まとめ

会社員の人が株式取引をする際は、退職後の人や主婦、デイトレーダーのように株式取引を専門に行う人に比べて、時間や手間をかけることが難しいかと思います。会社員でいる間は、頻繁な取引を行わず長期保有にする、配当金狙いの銘柄に限定して投資する、という方針にするのもよいかもしれません。

会社員の間に株式取引に少しでも触れておくと、退職後に本格的に取引を始めたい時にも、スムーズに始められるのではないでしょうか?業務にも資金にも無理のない範囲で株式取引を楽しむように心がけていきましょう。

» 株式投資の基本をもっと学ぶ

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。