初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

年収300万円で株式取引をはじめる方法。ポイントは計画的な投資学習と資金作り

年収300万円で株式取引をはじめる方法。ポイントは計画的な投資学習と資金作り

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★☆☆☆

経済ニュースの中で株式価についての話題がよく挙がっていますが、いざ投資をはじめるとなると、二の足を踏む人も多いと思います。その大きな理由として、「株式投資にまわす余裕が無い」という話もよく耳にします。

現代は20代・30代の平均年収が300万円台という時代ですが、年収300万円では投資にまわす余裕資金は作れないのでしょうか?

今回は、年収300万円から株式投資をはじめる方法について、主なものを見てみましょう。

年収200万円以上なら株式投資をしている人は平均より多い

日本証券業協会が実施した平成27年度「証券投資に関する全国調査」によると、株式を保有しているのは全体の13.0%に対し、年収200万円~300万円未満の人は13.6%、年収300万円~400万円未満の人は15.5%です。年収200万円以上なら株式投資をしている人は平均より多いことになります。(図2-2)

図2-2:年収別の保有金融商品

また、年収300万円~400万円未満の人の保有金融商品の合計額で一番多かったのは100万円~300万円未満の21.3%と、年収300万円でも株式投資をしている人たちは少なからずいて、100万円以上を投資しているということです。投資資金は年収300万円でも作れるということがデータとして表れていますね。(図2-5)

図2-5:年収別の保有金融商品の合計額

株式投資をはじめない理由は「知識不足」?

この調査には株式投資をしない人たちに「なぜ投資をしないのか」を聞いた項目もありますが、どの年収層でも「リスクを取りたくない」「損するのが怖い」という理由のほかに、「金融や投資に対する知識がないから」という回答が大きな割合を占めていました。

余裕資金がない、知識がないからという理由で投資をしないのは非常にもったいないことです。全く知識がないのに株式投資をはじめるのは極めて危険ですが、知識がないことが理解できれば、勉強をして知識を付けることができます。

投資をはじめるときは余裕資金ではじめる

上場株式の取引は単元株での取引きが基本となるため、東証一部銘柄では数万円から数十万円程度の資金が必要です。生活に必要な資金を除いて、ある程度のまとまった資金が用意できるなら、投資も選択肢に含めるべきでしょう。

10万円台では投資できる銘柄は極めて限られてきますが、投資を継続するためには、余裕資金ではじめることは大前提です。

資金が足りなければ無理に投資する必要はない

投資できる余剰資金が用意できなければ、無理に投資をはじめる必要はありません。株式投資は利益を出すことが期待できる反面、損失が出る場合もあります。

損失が出ても、自分の生活に関わってくる必要資金に手を出すのは絶対にやめましょう。投資資金を貯めながら投資の勉強や市況を追うことはできます。

個別株以外の選択肢:単元未満株・ミニ株

少ない投資資金でも投資をはじめるのであれば、単元未満株やミニ株、投資信託といった単元株以外の選択肢も検討に入ります。単元未満株やミニ株は単元株を分割して買い付けできる仕組みです。

単元未満株とは、1単元(100株)に満たない端数(はすう)株式であり、ミニ株は単元未満株と同様のサービスですが、証券会社が独自に提供しているサービスであるという違いがあります。どちらも買い増しをすれば単元株にできますが、その前の扱いが微妙に異なります。

個別株以外の選択肢:投資信託

また、単元未満株やミニ株以外の選択肢としては、投資家から資金を募って運用する投資信託も有力な選択肢と言えます。

投資信託には特定の株価指数に連動するインデックスファンドや上場投資信託(ETF)、特定のテーマに連動することを目指すテーマ関連の投資信託があり、安定運用を目指すならインデックスファンド、大きな値上がり益を目指すならテーマ関連の投資信託が候補となります。

まとめ

年収300万円でも株式投資をする方法を見てきました。敷居が高いように思える株式投資ですが、目線を変えてみると驚くほど少額でも投資をはじめることができるのです。

老後資金のために投資の必要性が叫ばれていますが、少額でも投資をはじめることで、将来に向けた資産形成の第一歩を踏み出してみませんか。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。