初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

年収300万円で株式取引をはじめる方法。ポイントは計画的な投資学習と資金作り

年収300万円で株式取引をはじめる方法。ポイントは計画的な投資学習と資金作り

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★☆☆☆

経済ニュースの中で株式価についての話題がよく挙がっていますが、いざ投資をはじめるとなると、二の足を踏む人も多いと思います。その大きな理由として、「株式投資にまわす余裕が無い」という話もよく耳にします。

現代は20代・30代の平均年収が300万円台という時代ですが、年収300万円では投資にまわす余裕資金は作れないのでしょうか?

今回は、年収300万円から株式投資をはじめる方法について、主なものを見てみましょう。

年収200万円以上なら株式投資をしている人は平均より多い

日本証券業協会が実施した平成27年度「証券投資に関する全国調査」によると、株式を保有しているのは全体の13.0%であるのに対し、年収200万円~300万円未満の人は13.6%、年収300万円~400万円未満の人は15.5%です。年収200万円以上なら株式投資をしている人は平均より多いことになります。(図2-2)

図2-2:年収別の保有金融商品

また、年収300万円~400万円未満の人の保有金融商品の合計額で一番多かったのは100万円~300万円未満の21.3%と、年収300万円でも株式投資をしている人たちは少なからず存在していて、100万円以上の金額を投資しているということです。投資にまわす資金は年収300万円でも作れるということがデータとして表れていますね。(図2-5)

図2-5:年収別の保有金融商品の合計額

株式投資をはじめない理由は「知識不足」?

この調査には株式投資をしない人たちに「なぜ投資をしないのか」を聞いた項目もありますが、どの年収層でも「リスクを取りたくない」「損するのが怖い」という理由のほかに、「金融や投資に対する知識がないから」という回答が大きな割合を占めていました。

リスクを考えて株式投資をしないのはともかく、余裕資金がない、知識がないからという理由で投資をしないのは非常にもったいないことなのです。

全く知識がないのに株式投資をはじめてしまうのは極めて危険ですが、知識がないことが理解できれば、勉強をして知識を付けることができます。

収入が決まっていれば、投資資金は作るしかない

上場株式を単元株式(1,000株式や100株式など)で売買する場合、最低でも10万円以上のお金を準備する必要があります。投資資金を作るには、まず自分の現在の預貯金をチェックして、生活資金やもしもの時に使うためのお金は必要資金として確保しておくようにしましょう。

必要資金を除いた投資資金が10万円以上確保できるなら投資を検討しましょう。ただし、10万円台なら選択できる銘柄も非常に少ないはず。資金に余裕を持てば持つほど選択肢が増えるので、理想の銘柄を手に入れたいなら預貯金を増やせば良いのです。

株式投資をはじめたいけど資金が足りない場合は?

自分の資産を確認してみても余裕のあるお金とても少額ならば、無理に投資をはじめる必要はありません。株式投資は利益を出すことが期待できる反面、損失が出る場合もあります。損失が出た場合、自分の生活に関わってくる必要資金に手を出すのは絶対にやめましょう。投資資金を貯めながらでも投資の勉強や市況を観察することはできるのです。

投資資金ができてから投資の勉強をはじめる場合と、投資資金が貯まるまでに勉強を進めておく場合、どちらが資金をうまく使えるかは明らかでしょう。せっかくの投資資金を最大限に活用するためには、事前に株式市場に対する十分な理解をおすすめします。

株式には少額からはじめられる投資方法もある

人気のある銘柄は株価も高く、少ない投資資金ではなかなか手が出しにくいのも事実。そんな時は証券会社の提供する「単元未満株」や「ミニ株」といった仕組みが使えます。

例えば、株価5,000円・100株式単位で取引する銘柄の場合、50万円の投資資金が必要です。単元未満株やミニ株はこの点を見直し、単元未満株は1株式単位の5,000円、ミニ株では10分の1株式単位の50万円で購入できるのが特徴です。単元未満株・ミニ株は証券会社によって取り扱いや銘柄数に違いがあります。

単元未満株やミニ株以外の少額での投資方法としては、特定のテーマに沿った銘柄を組み入れた投資信託も魅力的な選択肢です。

単元未満株・ミニ株投資の特徴

単元未満株・ミニ株は買い増していけば単元株式にすることが可能ですが、単元未満の時点では株式主が有する権利が単元株式と異なります。

配当金については株式数に応じて受け取ることが可能ですが、株式主総会等の議決権はなく、株主優待はもらえる企業ともらえない企業があります。また、取引価格を指定する「指値取引」ができず、注文を出した当日午後の取引(後場)の最初についた値段(寄り付き)もしくは翌日午前の取引時間(前場)の寄り付き価格での売買になります。

詳しくは、ミニ株について解説しているページを参照してみてください。

まとめ

年収300万円でも株式投資ができる方法について考えてみました。株式投資が敷居の高いものだと感じていた方は、少しやってみようかなと思ってもらえたでしょうか?

同じような収入の人でも未婚・既婚や子どもの有無によって自由に使える金額は違ってくると思いますので、まず自分が使えるお金を把握することが大切です。無理の無いところから投資をはじめてみましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。