初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

投資初心者は必見!ニュースや時事で株価の動きを察知しよう

投資初心者は必見!ニュースや時事で株価の動きを察知しよう

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★☆☆☆☆

ニュースや時事問題は、株価を動かす大きな要因であり、株式投資ではニュースを見ないことには取引の判断ができません。しかし、今のネット社会では、出回るニュースの量は膨大であり、どんなニュースをどんな視点で見ればいいのかが悩みの種なのではないでしょうか。

今回は、株式投資のための基本的なニュースの見方についてお話しします。

マクロとミクロの両方の視点からニュースを見る

個別銘柄の株価に与えるニュースは、大きく2つに分類することができます。一つは会社自身の業績などのミクロなニュースで、もう一つは景気動向など社会全体に影響があるマクロなニュースです。

投資初心者は個別企業の業績やニュースリリースなどのニュースばかりを追いかけがちですが、企業はあくまで社会の一部を構成している存在に過ぎません。その企業が属する日本経済・世界経済が低迷している状態では、個別企業の成長には限界があります。

そのため、社会全体に関するマクロなニュースを見ずに、株価がどうなるかを予想することは難しいのです。

競合他社など、外部環境の変化にも敏感に

また、ミクロなニュースについても、投資している企業や、投資しようとしている企業だけをチェックすればいいわけではありません。ある企業が業績を伸ばして株価をあげられるどうかは、外部環境の変化についていくことができるかが重要です。その外部環境には、マクロなニュース以外にも、競合他社の動きも含まれます。

ライバル企業が好成績をあげれば、投資している企業にはマイナスに働く可能性があります。また、これまで全くライバル関係になかった企業が新規参入して、激しい競争に巻き込まれることもあるでしょう。そういった状況に対応するために、投資企業の業界についてのニュースをチェックしておくようにしましょう。

業績にとってプラスかマイナスかを判断する

ニュースを見るときには、できるだけ「このニュースは、この企業にとってプラスに働くのか」を考えるようにしましょう。ニュースを分析する習慣をつけていけば、さらに、「短期的にプラスなのか、長期的にプラスなのか」といった時間軸まで含めて考えられるようになってくるでしょう。

このようにニュースを分析する能力は、ニュースを見続けて咀嚼をすることで身につく部分が大きいため、気長に取り組むことが欠かせません。

株価がどう動くかは、企業ではなく投資家が決める

いくら自分でニュースを分析できるようになっても、その通りに株価が変動するとは限りません。株価を決めるのは、「多くの投資家がどう感じたか」であり、あなた自身や企業が決められるものではないからです。多くの投資家が「予想していたよりも良くないニュースだった」と感じれば、好調な決算内容でも株価が下がることは珍しくありません。

ただ、まわりの投資家がどのような予想をしているかを想定するのは大変です。そのため、ニュースが発表された直後はしばらく様子を見るのも、ひとつの手です。

意外なニュースが株価を変動させることもある

この他、経験のある投資家にはなじみがあるものの、初心者には意外なニュースが株価を変動させる場合があります。その例として、気象に関するニュースや消費を喚起しそうなニュースがあります。「今年は冬の寒さが厳しくなりそう」と報じられれば、暖房器具やカゼを予防する製品を扱っているメーカーの銘柄が急騰することがあります。

また最近では、上野動物園でパンダが生まれたことで、上野に本店を構える中華料理店を運営する銘柄が急騰しました。ただ、業績に大きく影響するとは考えられないため、すぐに元の水準まで戻っています。

そういった銘柄を偶然にも保有しているのであれば、急騰したタイミングでいったん売却するのがいいかもしれません。

株価の変動を予想できるイベントもある

意外なニュースの中には、事前に予想して株を買っておくことができるケースもあります。オリンピックやプロ野球といったスポーツイベントなどがその一例です。オリンピックで金メダルを取った選手が所属している企業や、使用している道具のスポーツ用品メーカーや取扱代理店の株価が急騰する場合があります。

ただし、誰が活躍するかが事前にわかるわけではないため、確実に利益が狙えるものではなく、ギャンブル的要素が極めて強い取引であり、株式投資で資産形成を目指すなら、あまりおすすめできない投資方法と言えます。

まとめ

こういったことがわかっていれば、普段ニュースを見る視点も変わってきます。そして、株価がどう変動するのかを考え、実際にそうなったかどうかを検証していくのは、投資家としてのレベルアップにもつながります。

また、投資していない銘柄や業界に関するニュースについても考えてみると、楽しく株について学ぶこともできるでしょう。ニュースと株価は切っても切れない関係なので、日々ニュースに触れる習慣をつけておきましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。