初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

非上場大企業はなぜ上場しない?株式公開するメリットとデメリットを探る

非上場大企業はなぜ上場しない?株式公開するメリットとデメリットを探る

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★☆☆☆

「身近で知っている企業に投資したい」と思って銘柄を探したけど、その会社が上場していなかったという経験がある人もいるでしょう。実は、大企業だから必ず上場しているというわけではなく、大企業でも理由があって非上場を続けている会社も多くあります。

なぜ非上場のままにしているのか、その理由を探ってみましょう。

非上場の超有名企業は多く存在する

誰もが知っている有名企業が非上場のままであることは実は珍しくありません。有名なところでは、飲料メーカーのサントリーや旅行会社のJTB、ゼネコンの竹中工務店などが非上場です。運送会社の佐川急便を中核とするSGホールディングス(9143)も2017年12月まで非上場でした。

これらの会社は上場していても全くおかしくない有名な大企業ですが、メリットやデメリット、経営方針を考慮して非上場を続けています。では、これらの企業はなぜ上場という選択肢を取らないのでしょうか。

中長期的にじっくり経営したい会社は上場しない

上場には、メリットだけでなくデメリットもたくさん存在します。目先の利益を求められる可能性が高くなる上場は、中長期的な経営を重視している企業にとって魅力的でない場合があるのです。

上場することで投資ファンドに目をつけられ、経営権を奪われるリスクも出てきます。こういったデメリットに注目する企業は、安定した経営を実現するために非上場を選択するのです。

上場のメリットとは?

非上場企業の株式は自由に売却できない株式であり、流動性の低さからあまり高い金額で発行することができない「非流動性ディスカウント」がありますが、上場して株式公開をすることで時価で株式発行ができるので資金調達がしやすくなります。

また、上場には証券取引所の審査があるため、その審査を通過した企業ということで社会的信用が高まる<だけではなく、会社の知名度が上がり、ブランド力の強化や従業員の採用にもよい影響があります。

上場のデメリットとは?

上場することのデメリットは、誰でも株主になれることです。誰でも株主になれるということは、会社の経営方針に反対する人が株主になる場合もあるということです。

その結果、経営の自由度が下がる可能性があります。また、企業買収のリスクや上場維持に多額なコストがかかることもデメリットにあげられます。

株主と株主総会の存在

株主は、会社の経営に参加する権利があります。これは、株主総会での「議決権」という形で与えられる権利です。株主総会では経営者を選出などの決議をおこないますが、投票数は保有株数に応じて与えられるため、多くの株を保有する大株主は会社の経営に大きな影響力を持っていると言えます。経営者は株主が納得する利益を出していなければ、クビになってしまうかもしれません。

ここでの利益は会社の純利益ではなく、株価が上昇して得られるキャピタルゲインや配当金といった、株主にとっての利益が重視される傾向にあります。

短期的成果を求める株主の増加

昔の日本では、経営者に対して文句を言う株主は多くありませんでしたが、近年では機関投資家やヘッジファンドを中心に、経営に対して要望をはっきりと伝える「モノ言う株主」が増加しています。

モノ言う株主は大株主であることが多く、発言権の大きさを武器に少数株主に対しても「経営方針を改めるべきだ」というメッセージを発するなど、彼らにとって利益となるよりよい経営を求めます。その結果、株主を納得させるために中長期的な成長を犠牲にし、短期的な成果を求める会社もあります。

まとめ

非上場を貫く会社が、何を目的として上場しないか知ることは、上場のメリットとデメリットを理解することにつながります。それを理解していれば、投資ファンドが考えていることも少しずつわかるようになります。

投資ファンドが大株主の会社は、投資ファンドの動きで株価が大きく変動することがあるため、その動きを推測するための参考にできるかもしれないのです。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。